「失われた近代を求めてⅠ 言文一致体の誕生」

橋本治の近代文学論。というか日本文学論。文学史論。小説家論。といったようなもの。
朝日新聞出版社。

第Ⅰ巻とあるように、これはまだ続きます。そういう意味での中途半端さは確かにあるのですが大変面白い。
語る対象があちこち飛ぶのがいかにも橋本風で、言文一致体を説明するのに「古事記」と「日本書紀」、それから慈円の「愚管抄」、二葉亭四迷の「浮雲」「平凡」、そしてなぜか田山花袋の「蒲団」と、扱う作品も広範囲にわたります。

取り上げられた作品の内容と背景を語ってもらうと、なぜこれらを取り上げたのか意図が理解できるのですが、ようするに日本文学は、輸入した書き言葉と会話としての日本語とのぶつかりあいの産物で、日本語を文章化する際にそれぞれの作家に起こった葛藤について理解する事が不可欠なんですね。古代に導入された漢文、明治の西洋文学、話し言葉として何千年も日本人に語られ続けてきた日本語、それらが作り上げてきた日本文学の流れについての考察は、ホント、並みじゃなく面白かったです。



本作で最も大きく取り上げられている作家は二葉亭四迷で、それはこの本のタイトルからして当然なんですが、それでも一番面白く、というか笑いながら読んだのは田山花袋の「蒲団」についての考察。
橋本治の「蒲団」解説はこれだけでも人にこの本を薦めたいくらい素晴らしいんですが、花袋の内実を解く筆はともかく、「蒲団」の主人公に対するツッコミは、絶対ニヤニヤしながら書いただろうと思わずにはいられない程とにかく可笑しい。

実は私は「蒲団」は読んだことなくて、「若い女が使ってた布団に入って女の残り香を嗅ぐヘンタイ中年男の話」という認識しかなかったんだけど、その認識は今回少し変わりました。残り香を嗅ぐ行為自体は、まあよく考えたら普通にある行為で、むしろ「蒲団」のヘンタイ加減は、主人公の頭の中のあり様にあるんですね。それと、そのヘンタイ主人公と花袋との距離の近さに。
「蒲団」と共に解説してくれた花袋の「少女病」の主人公も、もうどうしようもなさすぎて頭がクラクラしそうで、ちょっとねえ、ホントに笑えるくらいどうしようもなかったなあ。

まあ、その笑いの奥に隠された花袋の真実を語るのが橋本治の目的ではあるのだけど、「蒲団」の主人公があまりに強烈すぎて、そしてその強烈さを語る橋本治の筆が面白すぎて、「蒲団」の主人公のヘンタイさの方が結局印象に残っているという、なんともいえない読後感です。


「蒲団」にしろ「浮雲」にしろ「愚管抄」にしろ、文学史の年表の中でしか触れたことのない作品がなぜ文学史上燦然と輝いているのか、日本文学史の捉え方の難しさの理由とか、橋本風解釈を本作はとても丁寧にうねうねと説明してくれます。
二葉亭四迷、はっきりいって名前しか知らなかった作家だけど、面白い人ですね。
「二葉亭四迷」「浮雲」「言文一致体」は三単語セットで習ったけど、ホントに単語以上の知識はなかったし、今回は本当に勉強になりました。

ここで疑問が一つ。
日本は作家の自殺者が多い印象があるのですが、外国人作家の自殺者ってどうなんですかね。やはり多いのか、それとも少ないのか。
外国人作家と比較して日本人作家の自殺者の割合が多いというなら、本作で指摘されている「蒲団」から始まる日本文学の不幸は、本当に不幸なものなのかもしれません。
なんかね、作家は自分の全人格をかけて作家活動に身を捧げないといけないっぽいんですよ。心の中のもの全部さらけ出して。
確かにこれはちょっとしんどいかもしれないな。

まあこの辺は第2巻に期待です。
早く出してもらいたいものだと思います。




[PR]
by teri-kan | 2010-05-27 09:35 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「BASARA」その1 伊達がサフィーナに勝ちました >>