「大聖堂」

先週の土曜日からBSで始まった海外ドラマ。
製作総指揮はリドリー・スコットだそうです。
リドリー・スコットはこの頃のイングランド作品が続いてますね。去年「ロビン・フッド」も公開されたばかりだし。(観てないけど。)

「大聖堂」の原作を読んでないのではっきり言えないのだけど、ヘンリー2世が登場するくらいまでの期間を描くのかな? いや、大聖堂を完成させるまでとなると結構年月がかかるか。
主人公のトムはカッコいいですね。魔女扱いされてしまうエレンも男前で良い。
悪人はホントーに悪人で、これから毎回「キーッ、腹立つうううう!」と思いながら見ないといけないようです。

イングランドのジメジメして陰気くさい雰囲気がしっかりとかもし出された、とてもいい映像だと思います。王朝の陰謀にピッタリ。
イングランド王家ってホントどの時代も血まみれですよねー。どんよりした天候も関係してるんじゃないかと思うくらい陰謀ドロドロ。
でもそのおかげで物語になりやすいとかあるのかもしれませんね。

NHKはこのドラマを結構宣伝してたように思うのですが、原作を読んだ事ある人、この時代に興味を持ってる人しか対象にしてなかったのですかねえ。もしくは王家の血縁関係をそこまで詳しく知らなくても主人公トムをメインに鑑賞すれば無問題と考えたのか。
政治背景の説明を少しでもしておいた方がわかりやすかったのではないかというか、児玉清が大絶賛してたので見てみた、といった程度の方々には、この第一回はわかりにくい場面も多かったと思います。登場人物の整理が必要だったのではないかな。

にしても、イングランドの民衆にとってこういう上の人達の争い事ってどうだったんでしょう。
イングランド人でない外国人の王様でも、王様は王様で良いのかどうなのか、日本人の感覚としてはよくわからないところがあります。
民衆は英語を話してるけど宮廷内はフランス語とか、そういうのって如何なものか。
最後にイングランド人がイングランド王だったのって千年以上前ですよね?
ヨーロッパ人の王の感覚って本当によくわかりません。

まあドラマの本番はこれからです。
状況は第一回で大体描かれたと思うので、物語としてはこれからが見せ場だと思われます。
楽しみですね。
[PR]
by teri-kan | 2011-02-12 03:25 | 海外ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< お江さん ワム! >>