原子力発電所

今日が山場とのコメントがTVのニュースで聞かれましたが、少しでも気持ちの安らぐ時が本当にこの先来るのでしょうか。

福島第一原発のニュースから連日目が離せなくて、しかし日々悪化していく状況に神経が疲れてきて現実逃避したくなり、とはいえ西日本の安全な場所に居てニュースを見ることさえ怖いというのも東日本の方々に申し訳なく、自分達も無関係ではないのだからとやはりニュースを見て気分を重くしている毎日です。
近郊に住んでいらっしゃる方々の不安と避難のストレスは相当なものと思いますし、現場で作業にあたっている方々も凄まじい状況の真っ只中。
ありとあらゆる人のために、せめてこれ以上深刻な事態にならないことを祈るばかりです。

それにしても、核燃料のパワーってすごいんですね……。
冷やしても冷やしても、ちょっと水が足りなくなっただけで、ぐんぐん温度が上がっていくなんて。
無知まるだしで言ってしまいますが、人間が何もしなくても熱を出し続けていくなんて、こんな時に不謹慎な言い方だけど、よほど大きなエネルギーなんだなあというか、この熱自体が電力になるんじゃないとしても、こりゃ核エネルギーに頼りたくなるのもわかるよなあと思いたくなるほどのすさまじさで、原子の働きとか核分裂のしくみとか、そんなものはさっぱりわかりませんが(高校時代の化学の成績は最悪だった)、とにかくエネルギーとして凄いものなんだと、それだけは日々のニュースで痛いほどわかりました。
でも人間が制御できないそれって一体なんだろうという思いは当然出てくるわけで。
電力が停止したから人間にはコントロール出来ませんとか、放っておいたら勝手に暴走するとか、そんなシロモノ存在していいのか?とか、やっぱり思うわけです。
しかも福島第一だけで6つも原子炉があって、それがそろいもそろって危機的状況って、一体なんでそんなに一箇所にたくさんあるんだ?
そんなに電力がいるのか?東京電力。
東京、電気の使いすぎじゃないの?

東京自体も、非常に落ち着かない日々が続いています。
今回東京は地震の揺れに強いことは証明しましたが、電力不足に陥った際の脆弱さを見事に露呈してしまって、計画停電に翻弄される様をTVで見ていると、「やっぱり集中しすぎだよねえ」とどうしても思ってしまいます。
仮にこのまま福島の危機が落ち着いたとしても原発の立場は厳しくなるだろうし、そうなると東京の電力はずっと不足のままだろうし、一体これからどうなるんでしょうか。
もしかして首都機能一部移転?
広がった放射能の問題が深刻だったら、その方向に話が加速していったりするのかな。
うーん。なんかもう、話が大きすぎて想像がつきません。

これからのエネルギー政策どうなるんだろう。
毎日ニュースを見て、今になって原発の仕組みに詳しくなったけど、「詳しくなった時が日本の原発の最期の時でした」というのも何とも虚しいものがあります。
原発が真に安全なら全然問題ないのですけどねえ。
でもニュースを見ていたらしみじみ思います。やっぱりこれは悪魔の技術だよなって。
悪魔の技術の産物をなんとか封じ込めようと最前線で頑張ってる生身の作業員には頭が下がりますが、でもそれって人間のやることか?と思ってしまうのはどうしようもない。
人間が作ったものだから人間が無に帰すべきではありますが、そもそも無にならない物質だし、んー、やっぱり考えれば考えるほど存在しちゃいけないもののような気がしてくるな。
でも電気がたくさんないと現代人は現代人らしく生きていけないし。

あー、難しいです。



まあそんなことを議論できるようになるためにも、今そこにある危機をとにかく収束させることが急がれるわけですが、本当に実際のところはどうなんでしょう。
相当ヤバイことは覚悟してるんですが……。

今一番何が問題って、国民の誰一人として東電と保安院を信用してないことなんですよね。
彼らの隠蔽体質は既に知られてることではあるけれど、それが原因で取り返しのつかない事態に陥ったなんてことだけは起こらないように、なんとかそれだけは避けてもらえるよう決断すべき時はきっちり決断してもらいたいと思います。
福島の人はなんとか助けてあげて。
見殺しにしたらそれこそ原発も東電も終わるよ。
東電幹部や原発推進派のエラい人が運転してでも避難場所へ物資を運ぶくらいの覚悟、今こそ見せてもらいたいものです。
[PR]
by teri-kan | 2011-03-17 16:24 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< スポーツと「You'l... 海に囲まれた地震大国 >>