30歳ののび太とドラえもん

話題のトヨタの一連のCF、キャスティングが上手いというのもあるんだけど、のび太が免許取ってないっていうのがね、なんからしくていいなあって思いますね。
子供の頃から「どこでもドア」や「タケコプター」で自由自在に他力で移動してきた子が車の運転免許だなんて、確かに取ってるわけないですもんね。

ていうか「どこでもドア」は究極の最高アイテムで、私だってドラえもんの便利グッズの中で何が一番欲しいかと聞かれたら「どこでもドア」って答えますよ。
はっきり言ってこれに勝るものはないでしょ。
移動に時間を使わない。エネルギーも使わない。
CO2も増やさない。事故を起こす可能性もゼロ。
圧倒的に車は負けますよ。
だからドラえもんはさ、30歳になって「脱・どこでもドア」「脱・タケコプター」を宣言するのび太に言わなきゃダメなのよ。
「今の時代にたいした理由もないのにマイカーに乗るなんて自然保護に反してる」って。

と、ちょっとトヨタに対して皮肉を言ってみたりして。

トヨタはねえ、若い子に免許取って車買ってもらいたければ、自社の派遣社員を正社員にして安心してローン組める若者を増やすとか、そっちを頑張らないといけないんじゃないかな。
人員カット、給与カットばかりして高い車買ってもらおうとか、そりゃちょっと難しいんじゃない?って思っちゃうもんねえ。

まあ確かに昔の若者に比べたら今の子は車に情熱がないですよね。
昔は車と女は男の子にとって青春そのものだったのに。
でもCFののび太は女(しずかちゃん)のために車が欲しいと思うんだから、動機はかなり正しいんだ。正しいというのも変な言い方だけど、結局やっぱりそこなんだなあって感じ。

車ってやっぱり男の子にとって夢そのものじゃないといけないんでしょうね。
で、そんな夢である車とドラえもんがコラボしてるというのは、だからきっと正しいんだろうな。
[PR]
by teri-kan | 2011-11-27 02:14 | アニメ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< サッカー界の成熟度のおかげ? ロンドン五輪予選 バーレーン戦 >>