朝にふさわしくないラジオ

先日ケータイ大喜利で、「朝から何てことを…」女性DJ何と言った? というお題があったんだけど、それで突然思い出した昔のお話。
(注:昔の洋楽ファンしかわからないネタです)


とある年のバレンタインデーの朝、ちょっと寝過ごしちゃって、バスだと遅刻するから大通りでタクシーを拾ったんですね。
タクシーだと時間は余裕だし、バスと違って座れるし、冬だけど眩しいくらいに日がポカポカとガラスから差し込んでくるし、「おーこりゃ極楽」なんて思いながら車内に流れる女性DJの爽やかラジオを聞いていたら、しばらくしてDJが「ところで今日はバレンタインデーですね」と話題転換。
バレンタインデーについて爽やかに語りつつ、女性の皆さん今日は頑張りましょう、みたいなエールを送って、それではここでバレンタインデーにちなんで1曲、と某曲を紹介したんだけど、その時のお言葉がコレ。

今日、運命の人と出会えるでしょうか。
では聞いて下さい。
デュランデュランで、「運命の影」。



「運命の人と出会えるでしょうか」も変なんだけど、ここの問題はそれ以上に「運命の影」。
これ、デュランデュランのファンならわかると思うんだけど、「運命の影」ってどう考えてもバレンタインデーソングじゃないんですよ。ていうか、デュランデュラン自体がバレンタインデーに向いてない。そもそも爽やかな朝8時に向いてない。

てっきりベタベタの甘甘定番ソングが流れてくるんだろうなあと思っていたところに「デュランデュラン」の名が出てきたもんだからビックリして、でも、それでも何の曲かけてくれるんだろうととりあえずワクワクしたのに「運命の影」だもんねえ。小一秒ほど「え?」って悩みましたよ。「そんな曲あったっけ?」って。
「Shadows On Your Sideのことだーっ」と思い出した時には陽光眩しい朝に全然ふさわしくない無駄にカッコいいほんのりダークなイントロが流れてきて、顔がひきつりそうになりました。
これね、絶対ミスマッチすぎる選曲ですよね。
曲のスピード感が最悪に合ってない。
サイモンの声も全然ふさわしくない。
今から考えてもなぜあそこでこの曲だったのかさっぱりわからん。
「運命」は「運命」だけど、タイトルからして全然これはダメだろー。



ちなみに私は「運命の影」もとい「Shadows On Your Side」は昔からものすごく好きでした。リリースされてから10年以上たってもラジオで聞けたという、そのこと自体はとても喜びました。
だからこそもっとふさわしい時に聞きたかったな。
せめて夜とか。

ていうか、デュランデュランって基本的に変な曲だよね。
カッコいいけど雰囲気ちょっと変わってるというか、見た目アイドルだけど歌詞は変っていうか、ビデオもアートだけど変だったし、アイドル時代はファンとしてその中に浸かってたからよくわからなかったけど、後から冷静に振り返れば相当変わった音楽だったよね。
どう考えても一般向けのバレンタインデーには向いてないよね。

というわけで、チョーカッコいい「Shadows On Your Side」を是非聞いてみたいと仰る方はこちらからどうぞ
ホントーにカッコいいんですよ。
バレンタインデーには向いてないけどとてもいい曲です!
[PR]
by teri-kan | 2012-10-09 14:33 | 音楽 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ブログジャンル 「王の帰還」の人間の実況 >>