ある意味幸福なことではあるような気がする

ポーランドで行われたサッカー日本代表のブラジルとの親善試合。
日本は力の差を見せつけられ、0-4で完敗しました。

ここまで叩き潰されたら悔しくて情けなくてたまらないものですが、今回に限っては確かに悔しいんだけどそれ以上に嬉しいというか、「楽しい試合だったなー」というか、本田のコメントがものすごく理解できます。
強い相手が存在してそれと戦える喜びとか、自分の真の力を思い知らされるありがたさとか、そういうのってあるんですよね。

ブラジルとガチで打ち合う試合をする機会というのは、実はほとんどないんじゃないかと思ってて、今回はかなり絶妙なマッチメイクだったと思います。
今のブラジルは親善試合が公式戦の代替試合っぽい位置づけになるから、普通の親善試合より真面目に対戦に臨んでくれるし、日本としても公式戦でブラジルと戦うなら守備に重きを置いた試合をするけど、親善試合なら結果度外視で自分らしいサッカーにトライできる。
そういった条件もあって、稀に見るオープンにぶつかり合う日本対ブラジルになったわけですが、だからこそ課題が丸見えになって面白かったですね。強豪国との差が本当によくわかりました。

やっぱりねえ、個の能力ですよね。個人の力に尽きるんだよなあ。
今までもずっと言われてることだけど、組織だなんだと言ったって、結局は最後個に帰るんですよね。
日本代表、ことごとく1対1で負けてたもんな……。
あ、内田とネイマールの削り合いは面白かったですけどね。

前田と岡崎がいなかったのが残念でした。
裏をとる動きがあればブラジルディフェンスをもう少し慌てさせることができたと思います。
あと、フランス戦を見てないんであまり強く言えないけど、乾はやっぱりどうなんだろうって感じ。
私が見た時で乾が良かった時って一度もない……。



とにかくブラジルは強くて上手くて速くて賢くて、日本の連携をブツブツと断ち切っては個人対個人の差を見せ付けて一気にシュートって感じで、まさしく王様としてピッチに君臨してました。
さすがサッカー王国でしたね。
かえすがえすも南ア大会が悔やまれます。
ブラジル対スペイン、見てみたかった。



これからも3年に1回くらいのペースでブラジルと親善試合が組めないものですかね。
ブラジルは迷惑かもしれないけど、ブラジルとたくさん試合がしたいなあ。
もちろんヨーロッパの強豪ともね。
もっともっと武者修行したいですねえ。

オシムが以前言ってた「日本は経済では大国だけどサッカーではそうではない」っていう言葉、まったくもってその通りで、でもそれはまだ上を夢見て可能性を信じることができるってことでもあって、その辺は前向きに捉えたいですね。
点差はボロボロだけど、以前やった親善試合のオランダ戦とかドイツ大会のブラジル戦で感じた絶望感はあんまりないし、今の位置を見据えた上でポジティブにいきたいものです。
[PR]
by teri-kan | 2012-10-17 13:17 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 酒と歌謡と男と女 弁慶の泣き所 >>