「愛よいま、風にかえれ」

「まんが家マリナ・シリーズ」という、昔々コバルト文庫から出されていた少女小説シリーズを知っている方、いらっしゃいますでしょうか。
漫画家のマリナが有能な美形に囲まれながら殺人事件を解決していくというストーリーで、作者は当時何本もコバルトにシリーズを抱えていた人気作家の藤本ひとみでした。

私はコバルト文庫を買ったことはないのですが、周囲に熱心な読者がいたため、いろいろと借りて読むことができました。結構忘れてるけど、久美沙織と氷室冴子は覚えてるし、藤本ひとみのはホントにたくさん読みました。

で、マリナ・シリーズの「愛よいま、風にかえれ」。

なぜ今これが出てくるかというと、シリーズで初めて読んだ作品というのもあるけど、数あるマリナが解決した事件の中でも、これは殺人に音楽が絡んでいるものだからです。
「さよならドビュッシー」を読みながら、「そういえば同じようにコンクールを目指す途中でいろいろと事件が起こるお話があったなあ」と、「愛よいま、風にかえれ」を唐突に思い出したからです。
そしてミステリーという部分においては、「さよならドビュッシー」よりも「マリナちゃん」の方がミステリーぽかったよなあとも。
音楽の表現という面では比較になりませんが、事件勃発→誰が犯人か?→ええ!あなたが犯人!? というミステリーの流れとしては、明らかにマリナの「愛よいま、風にかえれ」の方がそれっぽかったのです。

そんな風に急に思い出して、「ああ、そういえばそんなのあったなー懐かしー」となったわけですが、今から振り返ってみてもあのシリーズはよく出来てたと思うし、藤本ひとみはすごかったんだなあと感心。
思えばいろいろあのシリーズで勉強になったこともありましたしね。

「愛よいま、風にかえれ」は冒頭で拘置所が出てくるんだけど、そこで死刑についてちょっと触れられてるのが当時としてはとても新鮮だった記憶があります。
というより、死刑の是非について考えている人がいるということを知った最初だったかもしれない。それまでは死刑というのは「あるものだ」としか思っていなかったから、それ以外の考え方があるということ自体に驚いたような記憶が。

まあ、このマリナシリーズはわけあって死刑を考えることから逃れられないストーリーになっているのですが、まあそれはそれとして、男女問わず美形がたくさん出てくるのがこのシリーズの最大のいいところで、皆さん頭がよろしくていらっしゃるのも大変よろしい。
あまりストレスたまらないし、事件ものだからストーリーごとに最後はキッチリすっきりと終わる。
多分今読んでもかなり面白いんじゃないかと思います。

そうそう、三白眼を初めて知ったのもこのシリーズでした。
登場人物の一人が美形で三白眼だったので、三白眼の人は綺麗と勝手に想像していたら、実は三白眼だから綺麗というわけではないという……。あの目は人によって妖艶にも酷薄にも見えて、一筋縄ではいきそうにない目ですね。

うん、いろいろと昔(笑)を思い出します。
やっぱり若い頃の記憶って大きくて、音楽ミステリーと言われたらこれが一番に思い浮かぶんだから、マリナシリーズ恐るべしです。




[PR]
by teri-kan | 2012-11-19 10:29 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< そして暗黒面へ リオ行きの切符が目の前まで来ました! >>