2013年は甘い白湯と共に

事情があって体質改善・体調改善に取り組まなければならなくなった昨年、白湯が体に良いという記事を見つけました。

魔法の飲み物! 白湯のひみつ

いろいろ良いことが書いてあるんですが、個人的に一番気になったところは毒素が体にたまってる人は白湯をまずく感じ、毒素が抜けると甘くなるというところ。
「そんなことがあるのかね」と半信半疑で飲み始めて1ヶ月、なんと、1月1日の朝に突然白湯が甘くなったのです。本当に劇的に味が変わったのです。
あまりに変わりすぎて「このコップ洗うの忘れてジュースか何かの味が残ってたのかな?」って真面目に思ったくらいで、いやー、人間の味覚って不思議ですね。白湯の味って変わるんですよ。健康かどうかがこれでわかるんですよ。

でもコラムの筆者は3日で甘くなったって書いてたのに、丸々4週間かかった私って……。

自分どんだけ体腐ってたんだって感じですが、確かに今から思えば腐ってたんだろうな。
便秘肩こり末端冷え性、体温は超低く、全体的に活動機能が低下していたような気が。
でも低下してても全然不自由してなかったんですよねえ。自分ではそこそこ健康と思ってたし、でも今から振り返れば、あれは健康とは言いがたい……。

で、この白湯健康法ですが、体の中がほかほかになって、いかにも体に良いことが実感できるのもいいけれど、何よりデトックス効果がバツグンで、特に目に見えてスッキリしてくるのが太もも。
これはすごいですよ。リンパマッサージより10倍は効果があります。実際の太さや脂肪の量はあまり変わってないのかもしれないけど、老廃物がみるみる減っていくのが目で見て丸わかり。
膨張感がなくなりラインがシャープに、膝にたまりがちだった余分な肉がなくなって膝からどんどん上に向かってスッキリに。
これは気分いいですよ。年甲斐もなくミニスカートカモンな心境になれます。
白湯を朝飲める環境にある方には超オススメです。

とまあ、こんな感じで今年が明けました。
今週からここも平常運転になります。
皆様今年もよろしくお願い致します。
[PR]
by teri-kan | 2013-01-07 11:38 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「八重の桜」 「アバンチュリエ」は一安心 >>