「ロスト・シンボル」

「天使と悪魔」「ダ・ヴィンチ・コード」に続くラングドンシリーズの第三弾。
作者はダン・ブラウン。角川文庫。

映画化がもう決まっているそうですが、結構視覚的にグロそうです。
そういうのに弱い人は本を先に読んでから観にいった方がよいかも。
まあグロいといってもスプラッタとかじゃないですが。
でも本で描かれてるような刺青はあまり目にしたくないなあ。

フリーメイソンにやたら詳しくなれます。
そういうのに興味がない人にはつまらない作品かもしれません。
最終的には人間と神との関わりとか、かなり哲学的な会話も出てきます。
オチはまあ……こういうことかあって感じです。

本作はある意味宝探しのお話ですが、アメリカってやっぱり歴史の浅い国なんですよね。
浅い国というか人工的な国。
探し求める宝は人間の許容量を超えるもののはずなのですが、そこに辿り着くまでの過程がやっぱり人の作ったものって感じ。
人というか、現代人に近い近代人。
遠く離れた古代人じゃないんだよなー。

まあアメリカが舞台だからそうなんだろうけど、古代の古代、はるか古代の人類の知恵がなぜ超新しい国のアメリカにあるのかなとは、結構しょっちゅう思うことではある。
アメリカ人、古いものに憧れとかやっぱりあるのかね。
旧世界のお宝を新世界に持ってきたとか、どれだけ本当の話なんだろう。



いろいろな科学技術が出てきて、どれがホントなのやらフィクションなのやら、ホントにそうならスゴイけど、にしても「ええー、そんなのアリ?」みたいなのも出てきて、自分の無知をひしひしと感じました。
書かれてあること全て真に受けても大丈夫なんでしょうか。
それとも最先端科学に素直に感嘆していればいいのでしょうか。

「思考には質量がある」と言われて真っ先に思いついたのが、「ドラゴンボール」の「オラにみんなの元気をわけてくれ」は可能なんだな、というレベルなものでねえ。
元気玉の元気って精神力みたいな感じでしたよね? 念じた気というか。
地球上のみんなの気を集めて膨大な質量の元気玉を作るっていうの、だから可能なんですよね? まあ集める方法が問題ですが、思考に重さが存在するなら出来ないわけではないような。

なんか、そんなことがやたらと気になりましたね。



ワシントンDCを訪ねたことのある人には楽しめる話ではないかと思います。
そうでない人間には写真や地図の助けなしにはちょっと難しいかも。
映画はその辺の問題がクリアになるので映画向きではあると思います。
これまでの2作品はバチカンとルーブルが舞台でイメージしやすかったけど、ワシントンDCは観光地としてそこまで有名なわけではないし、ニュース映像くらいなものですからね、雰囲気を想像する材料が。

日本人にはちょっと遠いお話だったかな。
日系の人は出てくるんだけどね。




[PR]
by teri-kan | 2013-01-15 13:33 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「ナショナル・トレジャー」(2... 海外サッカーファンって >>