PK失敗しちゃあねえ

ワールドカップ最終予選のアウェー・ヨルダン戦。
引き分けでOKだったのに、引き分けすら出来ませんでした。

PK止められちゃったらねえ。
それだけが原因でもないけど、あれはちょっといけなかったよねえ。
まあそれを言うなら前半でさっさと点取れやって感じだったし、きちんとディフェンスしろやって感じだったし、清武自分で打てよとか吉田何しとんねんとか、いろいろとモヤモヤした試合でした。

風が日本に吹いてなかったなって印象かな。
でもその風を日本に吹かせないようにしたのは日本だったように思う。
決定力の問題は相変わらずだけど、これまた古くからの問題、高さやスピードといったフィジカルの弱さも露呈して、あっさりやられすぎだったように思います。

なんか軽かったなあ。
ピッチの問題が大きかったと思うんだけど、ヨルダンの選手が妙に大きく見えた分、軽かった印象です。
香川のゴールは切れ味鋭くてよかったけどね。



ま、これでホームでW杯出場を決めるチャンスを得たということです。たくさんのサポーターと日本で出場決定を喜び合うのもいいんじゃないかな。
……と、無理矢理ポジってみる。

それくらいしか前向きになれる材料がないですもんねえ。
せめて次戦が1週間とか1ヶ月後とかだったらなあ。
6月なんて遠すぎる。宿題を抱えるのはしょうがないけど、その時になったら宿題のことを忘れてそうな感じがするほど遠いです。

長友と本田、6月には万全で戻っていてほしいなあ。
[PR]
by teri-kan | 2013-03-27 12:38 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< やっぱり「世界で一番君が好き!」 「ニギハヤヒ 『先代旧事本紀』... >>