冬は夜

なんちゃって春はあけぼの第三弾。



夏は夕方、秋は宵の口とくれば、冬は夜。
なんか順番に時間が下がってるだけみたいだけど、とにかく冬は夜。

なんといっても空がキレイ。
星がキラキラしています。
星座に全然詳しくない自分でもオリオン座はわかるし、「今日のオリオン座はクッキリだなー」「ボンヤリだなー」と、冬の夜はよく空を見上げます。

月の輝きがわかりやすいのも冬です。
満月と闇夜の差もよくわかるから窓から外を眺めるのも良い。
なんといっても冬の夜は静かだし。
しんしんと音を飲み込んでいる感じなのがいいですよね。

夏の夜は騒がしいからね。
人間の声もそうだけど、蛙とか、虫とか。
でも冬はホントしんとしてて、それで闇夜だったりすると、いろいろと物事が止まってるような感覚になる。でも生きてる感じはする。

寒いのは嫌いだし、基本こたつに幸せを感じる人間だけど、冬を冬らしく感じるのは夜だから、冬は夜。
でもこうして夏から振り返ってみると、季節を感じるのって太陽の変化なんだなあと思うわけで、それもこれも自分の住んでるところが田舎だからこそ感じることなんですよね。街の中では満月が空に昇っているのは見えても、闇夜の暗さはあまりわからないだろうし。
まあ、もっと田舎、それこそ山に入れば闇夜は恐くてどうしようもないものだろうけど。

街の中に住んでいた頃、およそ季節感とは無縁の生活をしていたことを思い出します。
クリスマスとかその時期らしい行事はわかりやすいけど、でもカレンダーと季節は違いますもんね。都会に住んでたら週末はなるべく公園や郊外に出かけた方がいいですよね……。

今年はもう既に冬が来ていて、今からこんなに寒いと1月なんてどうなるんだ?って感じですが、なんとかぬるく過ぎ去ってくれたらいいなあと思います。
大雪とかも極力なしで。
何事もなく過ぎてくれればいいな。




[PR]
by teri-kan | 2013-11-28 16:20 | 身近な話題 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ますます混沌となってるJリーグ 毛色の変わったシーズン >>