3年目の3.11

昨日で丸3年。
早いような短いような、時間は誰にでも平等に流れるものだけど、その長さは被災された方にとってはそれぞれでしょうね。
復興のスピードがそのどちらにも追いついてないのが残念です。

風化の問題は難しい。
人間は忘れる生き物だから、人間の社会である限り全ては風化していくのであって、何かを残そうと思うなら、本当に膨大なエネルギーが必要になる。
でも忘れることができるから人間は前を向いて生きていけるというのもあって、モニュメント一つ残すことにも意見がまとまらないというのは、しょうがないことなんだろうなあと思う。
そこに暮らす人達に最も良い結論になればいいと思うけど、難しいことも多いんでしょうね。

3という数字はとりあえずの区切りになりやすい数字だと思います。
それならせめてここから復興のスピードが上がるようにと願いたいです。
[PR]
by teri-kan | 2014-03-12 13:18 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 無観客試合 「ホビット 竜に奪われた王国」... >>