PKって……オランダ対メキシコ

今夜は延長は見れないわと、いそいそと寝る支度をしていたら、なんとロッベンが倒されてPK。
起きてる間に勝負がついて良かったのか、あんなPKで勝負がついてしまって残念だったのか、なんとも言えない幕切れでした。
メキシコ、気の毒に……。

結果的に言えばメキシコの後半の戦い方に問題があったかなあ。
2点目をはっきりと取りにいくべきだったんでしょう。
ロッベンがいる限りエリア内で事故が起こる可能性は大いにあるわけで、1-0で逃げ切りを図るには無理がありましたね。
というか、スナイデルのあのシーン、あの時に限ってなんでああも開いちゃったのか。
そもそもコーナーキックが多すぎたよねえ。
最後の方はメキシコも足があんまり動いてなかったし、オランダの圧力にやられてしまいました。

毎度ベスト16止まりのメキシコ、やっぱりここが定位置なのか。
勝ち上がるために2点目を取りにいってほしかったなー。
みんな驚くほど上手かったし、いいチームだったのに。

一方のオランダ、つまんない試合してますね(苦笑)。
ロッベンはすごいけど、ロッベンありきの戦い方で、まあそのロッベンもダイブ疑惑にまみれてて、いい感じにヒールっぽくなってきました。
勝つために自説を曲げることも厭わない姿勢は、個人的にはアリだと思うので、今のオランダも勝ち上がるならこれで別にいいんじゃない?って感じなんだけど、今まで良いサッカーについて上から目線で語ってきたオランダ信奉者はこれでいいのだろうか、っていうのは思いますね。
これでオランダの内容を批判しなかったら幻滅だな。
まあ批判はしなくてもいいけど、えらそうな態度はもうとってほしくないかな。

ちなみにコスタリカ対ギリシャはPK戦までもつれこみ、コスタリカが勝利。
起きたらまだ試合をしてて驚いた。
こっちも壮絶だったんですねえ。

ベスト16同士の戦いの前半が終わって、楽に勝ち抜けたのはコロンビアだけという、大変タフな展開になっていますが、一応グループリーグ1位通過国が上に上がってるということで、それなりに順当と言えるかもしれません。
メキシコはグループリーグを1位通過することをこれから目標にしないといけないのかもしれませんね。
まあオランダとチリとどちらがやりやすいかと言われれば難しいところだけど、少なくともヨーロッパを相手にしてヨーロッパの審判がつくという事態は避けられたでしょう。
あのPKは仕方ないと思うけど、それまでロッベンの交錯シーンはことごとく流してたので、あそこであれを取るとは、ちょっとこっちも想像してなかった。
審判、延長がイヤだったのかな?とか、正直思ったりもしました。

メキシコ、負けは受け入れるにしても、いろいろと消化できないこともあるでしょう。
初戦のカメルーン戦、前半のゴールが認められていれば大量得点差で勝ってた可能性もあったわけで、実はA組首位通過だってありえたんですよね。そうすれば早々にロッベンと当たることもなかったわけで、なんて言うか、毎度毎度メキシコはベスト16止まりなんだけど、一つメキシコに良い風が吹けばその壁を突破できるように思うのに、悪い風しか吹かないというのが気の毒な感じがします。
一人一人は上手いし、いいチームなんですけどねー。
なんかこう、ついてないというか、持ってない感がハンパないチームです。
誰か一人、英雄が必要なのかな。
FWに強烈な人が出てきたら壁を乗り越えられるのかもしれませんね。
[PR]
by teri-kan | 2014-06-30 12:21 | 2014ワールドカップ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 長谷部とマルディーニとチームバ... 死闘 ブラジル対チリ >>