食あたり

実は先週食あたりを起こし、三日ほど大変な目にあっておりました。
具体的に何にあたったのかはわかるようなわからないような、ちょっと微妙なのですが、長引く風邪で弱っていたというのが原因だったのかなとも思います。
とにかく、しんどい三日間でした。

とはいえ、さすがにカキにあたったほどではない。
昔忘年会で食べた生ガキにあたったことがあるのですが、カキはシャレにならないですねえ。
おさまらない高熱、胃液すら出なくなってもひたすら続く吐き気、ありゃもう地獄の苦しみです。
数日後、やっとお風呂に入れた時に鏡を見てビックリ。
顔を含め全体的にやつれていたのもそうなのですが、胸が目に見えて痩せていたのです。
あれはショックだったなー。
苦しかったのはもちろん、こんなことではますますカキにあたってはいけないと、フラフラになりながら思った記憶があります。

カキは生食用に処理されたものがあるから生でもほとんど大丈夫なのかもしれませんが、うちの母方の祖母はとても慎重で、カキを食べるのは冬だけ、しかも寒の間だけと徹底していたそうです。
だから母に言わせれば、現在のいつでもどこでもカキが食べられる状況が信じられないらしい。
でも好きな人は多いですからね。
たくさん供給されるのは良いことだと思います。
一度あたったら次食べるのがとても怖くなるし、なるべく安全なものをおいしく食べてもらいたいものです。

ちなみに、同じ食あたりといっても、人によって下痢タイプと嘔吐タイプに分かれるみたいですね。
私は変なものを食べたら即座に胃の働きがストップするようで、半日とか一日近くたってから消化されてないものを吐き出すというパターンが多いです。
人によっては同じものを食べても数時間後にさっさと下痢となって現れるというのがあって、そういう人の胃は、変なものが胃に入ってきたら、「こりゃ早く通過させなきゃ!」とばかりにどんどん下に押し出していくのでしょう。
どっちがよりマシなのかわかりませんが、ずーっと胃に留まっていられるのは結構しんどいです。
下痢も辛いけど……でも吐き気はホントしんどいです。

とまあ、そういうわけで、先週は大変だったという話でした。
これから暑くなってきますので食中毒にはお気をつけて。
特に生モノには気をつけましょう。
お肉はしっかり焼きましょう。
[PR]
by teri-kan | 2015-05-25 10:51 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「獣の奏者」 探求編・完結編 その1 「獣の奏者」 闘蛇編・王獣編 その2 >>