「あしながおじさん」

ジーン・ウェブスターの傑作児童文学。
先週BS-TBSの「林修・世界の名著」で取り上げられていました。
ゲストは阿木燿子。

テレビのチャンネル変えたらちょうど始まるところで、「あしながおじさん懐かしー」と思ってそのまま観てたのだけど、阿木燿子の作品に対する話がことごとく自分の受け止め方と同じだったので、なんかもう笑ってしまいました。

そうなんですよ、主人公のジュディになってしまうんですよ。
そうしてドキドキワクワクするのです。
あしながおじさんの正体が明かされるところも、ジュディの心が相手に伝わっていたことの安心感と喜びで胸がいっぱいになって、ホントまんま阿木燿子が語ってた気持ちと同じ気持ち。

林先生が自分を「汚れてる」と言ってしまうのも仕方ないというか、ああいう感情を抱けるのは少女の特権のような気がしますねえ。
林先生の見方はこちらからしてみればそれこそ新鮮で、あしながおじさんの正体がわかったのはいつか?なんてこと、そんな質問自体がありえない。
そんなのジュディと同じに決まってるじゃないですかー。
純粋な少女(笑)に何を聞いてるんだか。

阿木燿子と唯一違ってるところは、私は高校生以降はほとんど読まなくなったことかな。
それまでは何度も読み返しましたが。
二人の会話を聞いていて、ちょっと今からでも読み直したい気分になりました。
大人の目線でジュディとあしながおじさんとのやりとりを見てみたいかも。
ジャーヴィーぼっちゃんの見方はもしかしたら変わるかもしれませんね。

番組内でも言ってたけど、その年齢にふさわしい、読むべき本っていうのは確かにあって、「あしながおじさん」は小学生の女の子に是非読んでもらいたい本であります。
林修の大人の男性目線の感想もそれはそれで面白かったけど、やっぱりこれは女の子のための本。
まあ少年が読んでもいいかもしれませんが。
ていうか、男の子が読んだらどういう風に思うのかはちょっと気になるかも。
大人の感想は聞いたので、少年の感想が聞いてみたいかなあ。

とにかく、懐かしい気持ちにさせてくれた番組でした。
「あしながおじさん」はねえ、やっぱりいいですよねえ。




[PR]
by teri-kan | 2015-06-29 10:22 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< なでしこ決勝進出! ピアノ協奏曲 第1番 ハ短調 ... >>