楽しい楽しい西ノ島

昨夜のNHKスペシャルは2013年以来噴火を続ける小笠原諸島の西ノ島の特集だったのですが、いやーメチャクチャ面白かったですねー。
無人ヘリが様々な映像を撮ってくれてたのですが、素晴らしいの一言。

とにかく火山の形が美しい。
ふんわり降り積もったかのように見えるラインが美しい。
噴煙渦巻く火口がいかにも「生きてる」。
テレビの画面越しでもそのエネルギーに圧倒される。

夜の溶岩の川がこれまた美しい。
都会の夜景のようでいて、この世ならぬもののようにも見える。
暗闇の中の赤は恐ろしいけれど美しい。
火口から吹き出す炎、中腹を流れるドロドロと輝く光、淡く光る湯気をたてて海に流れ落ちる光。
技術のおかげでこれらが見れるなんて、私達はラッキーだ。

噴石の分析によると、西ノ島は火山島ではなく、大陸を構成する岩石で出来ているとのこと。
現在ある地球上の大陸がどのようにして生まれたのか、その謎の解明にもつながるとのことです。
大陸ならばこのまま大きくなっても島が沈下することはないそうで、どこまで成長するかわからないけど、先が楽しみなことは確かなよう。
新たな島が生まれた時に居合わせた私達はやはりラッキーです。
西ノ島に人が降り立てるようになるのは何年後になるのかな。
やっぱり100年単位の話になるのかなあ。
おそらく見ることはできないだろうけど、楽しみですねえ。

これって完全に「国生み」ですよね。
国生み&神生み。
古事記の創生神話ではイザナギとイザナミが日本列島を次々生んでいくんだけど、それでいけばさしずめ西ノ島は遅れてやってきた国生み。
イザナミの死の原因になった火の神誕生もセットで。
うん、私達は今現在神話の中にいて、この目でその様子を見ているようなものなんですよ。
ロマンですねえ。

御嶽山の噴火の時に、津波や噴火が絶えず起こる日本は有史以来ずっと聖書の中にいるようなもの、みたいなことをブログに書いたけど、それを思い出しました。
人のいないところで起きれば、こういうのは神話につながるロマン。
噴火が人家の近くで起きたら神話級の災厄。
ホント人間の都合なんだけど、でもここまで人間の力の及ばないエネルギーを見せつけられると、ロマンであれ災厄であれ、とにかくひれ伏すしかないような気になってくる。
それくらい圧倒される。
どう足掻いてもかないっこなくて、例えば御嶽山の時なんて犠牲になった方々の魂の鎮め方に途方にくれたけど、今の西ノ島を見てると、こういう自然に対しては結局神道にすがるのが一番筋が通ってるかもしれないなんて考えたりもする。
人を殺す火山だけど、人が生きていける土地を作ったのも火山。
火山のなすがままに、火山にすがって、共に生きていく道を何が起ころうと作っていくしかないって感じ?
日本人って火山列島の上に生きてるんですしね。

なんかね、大陸の卵かもしれない島の誕生を目の当たりにすると、その終わりがあることもわからされてしまうんですよね。
始まりを見てしまうと、継続が永遠でないことを嫌でも知ってしまうというか、地球って有限なんだなーと、人間だけじゃなくあらゆるものの命について考えさせられてしまって、なんか思考が変なところに行ってしまいそうになるんです。
島ですら生まれた時があるのなら死ぬ時がある、いわんや人間をや、ですよ。
火を噴く西ノ島の姿に、妙に無常感に囚われたりもしましたね。

でもそれを引き留めてくれるのがそこで生きてる生き物たちで、旧西ノ島にいた海鳥が今もたくましく居続けてるだとか、海底で新たなサンゴが生えてたり新種の魚が泳いだりしてるとか、そういう映像にとてもありがたい気持ちにさせられてしまう。
生きてるってすごいなあ、美しいなあっていうか。
で、それらを研究してる方達の顔がこれまたいいんですよ。
深海ザメやダイオウイカの時も思ったけど、こういう時の研究者の顔のイキイキさ加減はハンパない。
彼らの知識と努力のおかげで私達も楽しいし、それにもまたありがたい気持ちにさせられるのです。

火山も島も生き物なんですね。
鳥もサンゴも人間も。
その辺の「皆がそれぞれエネルギッシュに生きてる感」がとても良くて、なんとも感動的で楽しい番組でしたね。
命の無常と、有限だからこそのエネルギッシュさと、人間の持つ好奇心を存分に刺激される楽しさと、それらが同時に味わえたなんとも濃い番組でした。

こういうのはNHKはいいですよね。
こういう楽しい番組はこれからも期待。
[PR]
by teri-kan | 2015-08-24 16:31 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「美女と男子」 スイスの自衛権 >>