テストマッチ in テヘラン

サッカーの親善試合、イラン対日本。

うん、面白い試合でした。
イランは上手いし、客から芝から全てアウェイ。
日本でやる親善試合の何倍も価値がありました。
ホント、日本の悪いところがよくわかる試合でした。
ちなみにスコアは1-1。

ドローではありましたが、イランの方がどう見ても上手かったです。
テクニックはあるし、体は強いし、前向いてゴリゴリこられたらなかなか止められないし、相変わらずズルさもある。
大げさに痛がるのには萎えまくりで、「やーい、弱虫ー、へなちょこー」ってゴロゴロ痛がるたびに言ってやりたいくらいでしたが、そういうのも含めて「中東での戦い」なので、こういうのもしっかりと味わえたのは良かったのではないかと思います。
清武がやり合ってたのが印象的でしたね。
褒められたことじゃないけど、舐められたらいかん。
冷静ではあったし、あれはあれで良い光景でした。

巷で「日本代表には縦に速いサッカーは合わないのではないか」と言われているようですが、合うも合わないも関係なく身に着けなければいけないことなので、下手だろうがなんだろうが、とにかく今は縦に速いサッカーをひたすらやるべきではないかと、素人ながら思います。
妥協したらザックの頃と同じになるよ?
「僕たちはやりたいことしかやりません」といったサッカーになるのがオチ。
強い相手に勝つには遅攻だけではダメだってこと、さんざん思い知らされたんだから、我慢の時期が長く続こうが、なんとしてでも縦に速いサッカーを習得し、攻め方のバリエーションを増やすべきだと思います。

ただ、だからといって適当に後ろから放り込むだけじゃあねえ。
単純な攻撃では今回のイラン戦のように背の高い相手にボールを取られるだけなんで、もうちょっとチームとしての攻めの形を作ってもらいたいです。
ポーンポーンと中盤でボールが落ち着きなくあっちこっち行ってたのは、ちっこい日本&チームとして未完成な日本としてはしんどかったです。
そういえばアギーレは中盤に背の高い選手を揃えようとしていたなあ。
森重をボランチに入れたりさ。
中盤の争いにしろクロスの対応にしろ、昨日の試合は身長に関してちょっと辛い試合だったんで、コーナーキック対策とか、ありすぎる課題の修正を次に向けてしっかりとお願いしたいです。

一人一人名指しで指摘すれば言いたいことたくさんあるけど、あまりネガティブなことをダラダラ書くのもなんなんで、このくらいにしとこう。
サッカー日本代表にはいつも文句ばかり言ってるけど、基本的にはハリルホジッチも支持してるし、一応応援はしてます。
今やってることがすぐ花開くとは全く思ってないしね。
ただ、選手の能力の限界を感じて諦める時はくるかもしれない。
下の世代からの突き上げもないし。
そうなるとかなり長期の低迷期に入ること確実なんで、そういう覚悟もしつつ、今のチャレンジを応援してるって感じかな。

オランダでさえユーロ予選敗退ですしね。
あそこは内容と結果の狭間で苦しんだ歴史があるので、レベルは違えど他人ごとではないなあって感じです。
今はどこも強くなってきてて、強豪もそう簡単には勝てなくなってるし。

サッカーって難しいですね……。
[PR]
by teri-kan | 2015-10-14 16:12 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「山の神 易・五行と日本の原始... シリアとサッカーW杯アジア2次予選 >>