EUから出るとか残るとか

イギリスってしょっちゅう国民投票やってるような気が。
これって良い方法なのかね?
国民の間で議論が進むのはいいけど、対立を煽ってるだけのような気がしないでもない。








投票結果がどうなるかまだわかりませんが、仮に残留に決まったとしても、現在の不満が解決されるわけじゃないから、今後もこの問題は引きずると思います。
残留派の言い分がいまいち説得力を持ててないのも結局そこだし。

「じゃあ今の問題をどうする?」となっても、残留派に答えはない。
「離脱したら経済が悪くなるから」と言っても、大企業や資本家しか儲からないシステムはもう御免なんだよ!って返されるだけ。
「企業の経営が悪くなったら皆さんの生活も悪くなるんですよ?」と言っても、もう既に悪いんじゃボケ!って返されるだけ。
「EU皆兄弟、大事なのは連帯です」と言っても、理想でメシが食えるか!理想が治安を守るんか!って反論されて終わり。

この辺の解決策を提示しない限り、この先離脱派が増えることはあっても減ることはないんじゃないかと思います。
次にまた国民投票をやることになったら圧倒的な差がつくんじゃないの?
残留派を増やそうと思うなら、更に移民を受け入れ、移民に投票権を与え、残留に投票させるよう仕向ける手しかないような気がする。
ただそうなると対立は激化するだけ。
現状維持はもう無理だから、残留派は何か策を考えなければいけないと思います。

個人的には日本企業が痛手を受けると日本国民も痛いので、残留してくれたらいいなあって感じだけど、心情的には離脱派の気持ちがわかるので複雑です。
正直言って「よく我慢できるなあイギリス人」って今まで思ってましたから。
でもさすがに受け入れるのにも限界があったのか、という感じですね。

移民や難民でどれだけイギリスが苦しもうが、中東問題・アフリカ問題の原因はイギリスなので、「少しくらい苦しんだっていいんじゃない?」ってこれまで冷淡に見てたけど、さすがに普通のイギリス人が苦しむのはしのびない。
しわ寄せは必ず女子供に向かうから、その人達の安全が脅かされる状況が酷いというのなら、それはやはりどうにかしないと、と思う。
離脱派の気持ちは、やっぱり理解できるところが多いんですよね。
日本人にはそういう人、結構いるんじゃないかと思います。



歴史的に見てイギリスは大陸と一線を画してきたし、離脱もアリって言えばアリなような気が今はしています。
ヘンリー8世がカトリックを廃止したのが象徴的だけど、教皇からいちいち指図されるのはイヤだ!自分達のことは自分達で決める!と脱カトリックを敢行し、おかげでその後イギリスは大いに発展しました。
脱カトリックとは、硬直化した古いヨーロッパからの脱出。
今回も脱EUが成し遂げられれば、歴史は繰り返すってことかもしれません。

いずれにしても行き過ぎたグローバル化の反省は必要のような気がします。
たとえ今回は残留に決まったとしても、反EUはヨーロッパ中で起きています。我慢の限界に来てる人達が声を揃え始めています。
だってもうバレちゃってますよね?
移民難民受け入れ推奨は、別に道義的な理由が第一じゃないって。
企業と政府が安い労働力を欲しただけだからなんだって。
自国の庶民がそのせいで職を失い治安の悪化におびえる生活を強いられるようになっても、政府はなんとも思わないって。
腹に据えかねて移民をどうにかしろと訴えても、レイシストのレッテルを貼られて口を塞がれるだけだって。
庶民の生活と言論を封じて支配階層はウハウハ。
……ってことでしょ?
そりゃあ反発が起きない方がおかしいって。

もちろん皆仲良くして自由にあちこちに行く、というのは素晴らしいです。この思想に異議を唱える気は毛頭ない。
排外的な暴力主義を隠さない差別主義者は当然非難すべきだと思います。
でも例えばドイツのように、我慢の限界がきて難民受け入れ反対を訴えてる普通の人達もまとめてネオナチでくくるようなやり方は如何なものかと思う。
「バカは人をバカと言う」と言ったのは誰だったか忘れたけど、最近は「レイシストは人をレイシストと言う」かもしれないなあとすら思います。
人間の感情や本能をまるっと無視して過度の理想を強制するというのは、やっぱりどうかと思いますよ。

最近なんでもかんでもトランプ現象のような言い方をして、トランプ的主張を支持する人達を馬鹿な大衆とでも言いたいのかな?ってニュース番組を見てても思うことがあるけど、「彼らは苦しい生活の不満を移民にぶつけてるんです」だけでコメントを終わらせるようでは、何の解決にもならないと思います。
それならその不満を解消させる方法をニュース番組でも提示してくれ。
不満が生まれる背景と根本原因を解説してくれ。
……ということをテレビ見てても思ったりして、この話題はすごくモヤモヤしますね。



ていうか、国民投票なんかするんじゃなくて、離脱と残留の間の選択ってないのかな?
EUの改革をするという方向に話がいかないものなんでしょうか。
真っ向から批判されてるのに、EUって自らの在り方を振り返るとかしないんだろうか。
持続可能な組織にしなけりゃ理想も何もないと思うんだけど、その辺どうなんだろ。

ヨーロッパ、きな臭過ぎてほんとイヤ。
歴史の転換点にいるワクワク感なんてない。
なんとか穏便に進んでもらいたいものです。
投票、どっちに転んでも大変そうで心配ばかりです。




[PR]
by teri-kan | 2016-06-24 00:27 | 事件・出来事 | Comments(4)
Commented by gosmania77 at 2016-06-24 18:35
今晩は♪

…離脱に決まってしまいましたね…

同じく離脱派の気持ちも解るし、だけど日本の事を考えると複雑です。

経済や政治に詳しくない馬鹿な私ですがf^_^;

うーん…これからどうなるんでしょ。
Commented by 柳 多久 at 2016-06-25 18:41 x
teri-kanさま、こんにちは!

イギリスのEU離脱が過半数を取りましたね。
なんだかんだいって、残留が勝つだろうと思っていたので、驚きました。
イギリスの人々がいま移民や難民によってどう苦しんでいるのか、恥ずかしながら全く知らず、そんな無知の状態でも、なんとなく、残留が勝つだろうと思っていました。
もしかしたら、イギリスの残留派の人々も、そう楽観視して投票に行かなかった人たちがいたのかな、なんて思いました。
いやこれだけ拮抗している拮抗していると報道されているので、そんなことはない、とも思いますが、結局、苦しんでいる人のことを、苦しんでいない人が、頭だけで考えて理解するのには限界があるのかもしれない、と思いました。
このEU離脱、正直ニュースを聞いた時は、これから先、イギリスは苦しむばかりで、今回離脱を選んだ人も、絶対後悔するんじゃないかな、と思いました。
でも、それも覚悟して、選んだのかもしれないな、とteri-kanさまの記事などを見て思いました。
突きつけられたNO、それだけ現状に苦しんでいるんだ、ということの、訴えなんだなと。
どうなるか不安だらけですが……。
まとまらないコメントを失礼いたしました><
Commented by teri-kan at 2016-06-26 15:55
gosmania77様、こんにちは。
コメントありがとうございます。

本当に離脱に決まってしまいました。
投票前日の残留ムードはなんだったんでしょうね。
マスコミや評論家や投資家なんて全然あてになりません。
高所得者には中低所得者の事情なんて何もわかってないし、わかろうとする気もないんだと、今回の件でははっきりしました。

この結果はイギリスの不寛容よりもEUの在り方が原因ですから、EUがどれだけ上手くいってないか、話はまずそこからだと思います。
各地でなぜナショナリズムが台頭しているのか、マスコミは綺麗ごとばかり言うのをやめてありのままを伝えるべきですね。

偉い人達の言う事はやはり鵜呑みにしてはいけないと思いました。
現在の社会システムの恩恵を受けている人達のイギリス離脱派批判は割り引いて聞く必要があると思います。
Commented by teri-kan at 2016-06-26 16:04
柳 多久様、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>これから先、イギリスは苦しむばかりで、今回離脱を選んだ人も、絶対後悔するんじゃないかな、と

苦しむし後悔もするでしょうけど、数年後どんどんダメになっていくEUを見て「正しかった」となるかもしれません。
揉めるフランスやオランダを見ながら、「よかったー早く抜け出せて」となるかも。
イギリスの離脱が成功だったか失敗だったかは歴史が判断するしかないと思います。
今の時点では何とも言えません。

今になって離脱派を非難してる人達には、それならなんでもっと前に彼らの訴えを聞いてあげなかったんだと言いたいですね。
感情に流されたと批判してた記事があったけど、今まで彼らの感情を無視してたから彼らの感情に反撃されたんだよとしか言いようがないです。
なんでもかんでも庶民のいう事を聞けとは言わないけど、最低限彼らの不安を取り除がなければ反乱起こされても仕方ない。
案外暴動が日常化するより前に投票で決まって良かったということになるかもしれませんよ?
その辺の評価もフランスを始めとするEU各国の今後次第で決まると思います。

えらそうに書いてしまいましたが、庶民の一人として今の時点で思ってるのはそんなところです。
私もなんだかんだで残留だろうと思っていたので驚きましたが、トルコがEUに加盟する前にEUから逃げる!と判断した人も多いと知り、いろいろとなるほどと思えることも多かったです。
(トルコが加盟したらトルコ人移民が大挙してイギリスに押し寄せて来るのは決まりらしい)

日本が苦しくなるのは大変困るんですが、しょうがないですね。
イギリス人の判断を尊重するしかありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「マスケティアーズ」すら変態登場 「SWAN」ドイツ編 その8 >>