周りが見えない子すずめ

春からこっち、鳥の声がにぎやかで、大変良い心地です。
うぐいす、ほととぎす、とんびのピ~ヒョロ~。
名前のわからない鳥も含め、あちこちから聞こえる声に、毎日癒されております。

私が住んでいる所は山がすぐそばにあるのですが、そんな環境だからでしょうか、道にも平気で鳥が降りてきます。
特に雀の子ですね。
ちっちゃいのが道をつつきながら、ぴょんぴょん飛んでたりしてます。
遊んでるのやら何か食べてるのやらよくわかりませんが、道の上に食べるものがあるとも思えないので、あれは遊んでいるんでしょう。
道のド真中でなんだか楽しそうです。

この子達が実は困りもので、車が近づいても全く気付かないんですね。
目の前まで来てやっと「あわわ」って感じで逃げる。
その慌て振りがひどくて、上に飛び立てばいいものを、小さいから力がないのか慌ててるから力が入らないのか、変な方向に行ったりして、結局車を停車させて待つこともあったりする。

この雀の子の周りの見えなさは何なんだ、最近の雀は警戒心のないバカなのかと、ここ数年来思っていたのですが、そういえば一茶の句にもありました。

雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る

遊んでる雀の子が周りを見てないのは、一茶の時代も今も全く同じだったようでした。
危ないから退きなよ~と周りが言ってるのも、今も昔も変わっていないのでした。

検索してみると、この句はエライ人(馬)に蹴散らされる庶民(小さい雀)のことを指しているのだ、という解説が出てきて、へーそんな意味もあったのかーって感心したんだけど、個人的にはそのままズバリの子雀をイメージしたいかなあ。
現代のお馬(車)に乗ってる私は蹴散らすエライ人とは真逆で、「お願いだから退いて退いてー」って言いながら減速ですもんね。
完全に下手に出てます。

やっぱり可愛いんですよ。
明らかに小さいですし、本当に可愛いんです。
お米を作る人には敵だけど。
でも可愛いものは可愛い。

あの警戒心のなさは何なんでしょうね。
周りが見えてないにもほどがある。
そんなんで猫に狙われたらどうするんだろうと思うけど、案外そんな相手の方が気をつけたりしてるのかな。
車を敵と思ってないのかもしれませんね。

よくわからないけど、小雀は面白いです。
轢いたらどうしようってヒヤッとすること度々だけど。




[PR]
by teri-kan | 2016-07-08 14:24 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「日曜日 マスケなくとも マスケ馬鹿 浅野のアーセナル移籍 >>