神の御業の「マスケティアーズ」

シーズン3! シーズン3!
NHK! NHK!

面白いドラマをお茶の間に提供しよう!待っているファンがいるなら放送するべきだ!という心意気がもしあるなら、早いとこシーズン3放送決定をアナウンスしてくれNHK!

よろしくお願いします……。
マスケ料金を別に払ってもいいよ……。



では、最終回第20話の感想その1です。







最初はどうでもいい話から。

結果的に死なずにすんだとはいえ、王と王妃とコンスタンスの命はかなりヤバかったということで、予言者エミリーの回でコンスタンスが見た悪夢は、状況の類似といい、立派な予知夢だったということになりました。

これって何気にすごいことなんだけど。
エミリーのお母さんの「ある種の野生キノコ」入り特製スープは、霊感のない人間にも予知夢を見せる超スグレモノなんだよ。
お母さん、マジモンの魔女だ。

予知夢を見れるスープを作ってた上に扇動罪とくれば、魔女裁判にかけられてもおかしくなかったと思います。
実際石打ちの刑みたいな形で死んじゃったけど。
一発で死ねて楽でよかったよねー。
あれで周囲も「娘には手を出さんとこ」って雰囲気になったし、スープは今後存在することはなくなったし、アラミスを遣わしてエミリーを救った神の御業に今更ながら感心させられました。

そう、神の御業です。
ミレディがアラミスを助けながら、「神の御業ってホント不思議よね」って言ってるのが面白い。
このシーズン2、神に遣わされたかの如くのミレディに銃士は何度救われたことか。
救われるべき者が救われることに結局なってるんだよね。
銃士がミレディに助けてもらえてるのは、10話でアトスがミレディを殺さず、三人もそれを黙認したからで、やっぱり情けは人のためならず。

逆に善人さえ自分の都合で殺したり貶めたりしたロシュフォールは、最後の最後に神の鉄槌が下る。
神に見放されてるんだ。
そりゃ孤独だろうよ。

他の何を失っても、他の全てが滅んでも、自身にとって女神だった王妃さえ手に入れば、彼は孤独も埋まるものと考えていたのかもしれないけど、そういうものじゃないというのがわかってなかったんだろうねえ。
わかってなかったのか、獄中生活で完全に失ってしまったのか、うーん、どうだろう、今となってはよくわからないな。
枢機卿がロシュフォールの何を見て「こいつはダメだ」と判断したのか、ちょっと知りたいかな。

個人的予想では結構簡単にロシュフォールはスペインに落ちたと思っていたので、拷問に耐えに耐えて耐えまくっていたという事実には驚きました。
やるじゃんロシュフォール、と思ったのだけど、となると「簡単に鞍替えしそう」と枢機卿に思われていたんだろうという予想は間違い。
思い込みが酷くて斜めの方向に行きやすいという性質を見抜かれてたのかなあ。
もしくはスペインに囚われる前に枢機卿に宛てた密書やなんかで王妃に懸想してそうな文言が入っていたとか。
枢機卿は察しがいいから、文章だけでロシュフォールの精神状態を測ることもできただろうしね。
今となってはそっちの方が可能性高いかなあ。

なんかねえ、有能な人なのに、残念ですよねえ。
でも残念さを差し引いても、恐ろしいほど有能なのは確かなんだ。
王の精神の支配の仕方はお見事でしたが、これはバルガスの仕込みのおかげなんでしょうね。
王はチョロいんで特に苦労せず支配下に置けたでしょうし、アラミスの十字架さえ目にしなかったら、ロシュフォールは暴走することなくフランス乗っ取り計画を完璧に進めたはず。
スペインの仕込みもロシュフォールの能力も、途中まではパーフェクトだったんですよね。

本当に、あの十字架なんですよ。
あれがあったからロシュフォールが馬脚をあらわした。
だから結果論だけど、王妃とアラミスの愛がフランスを救ってるんです。
えええ~?と反論されるかもしれないけど、でも結果的にそうなってるんです。

隊長と四銃士全員が王妃と王太子の事実を知って「えらいこっちゃ!どうにかせにゃ!」とならなければ、アトスがうさんくさいミレディの情報をもらいに行くなんてこともなかったわけです。
アラミスさんの不始末(この言い方は気の毒だが仕方あるまい……)がロシュフォールなんつー小者に留まらず、スペインの野望を潰したということに、もっと深い意味を見出すべきなのです。

神の御業というならこれこそそう。
以前に書いたけど、修道院の夜は結ばれるしかない条件が何重にも張り巡らされていて、それこそ神がお膳立てしたとしか言いようのない状況だったわけです。
不倫を推奨してるわけではないですが(しかも相手は王妃)、しかしそれでもこういう結末になったのなら、もうこう言うしかないでしょう。

アラミスと王妃の関係は神公認、神の祝福。
もういいじゃないかこれで。
フランスを他国の脅威から守るための愛で(笑)。
ちょっとやけくそ入ってるけど、だからそんじょそこらの愛じゃないんだよ。
高次の愛。
凡人には測り知れない愛。
多分アラミスと王妃にも理解しきれてない愛。
成り行きだけど成り行きではない愛。
もうこれこそ神の御業!



アラミスが審問の場で「神は我々のそばにおられる、 我々はその本質で裁かれる」って言ってたけど、アラミスの胸にあったのは、「神様王妃への愛は本物です見返りは求めてません愛は本物です貴方はそれを見てきたはずです」って感じかなあ。
マルグリットの登場で「あああああ~」な表情になってたけど、俗世で言う不義密通と、神の御業の愛の結びつきのギャップが、この審問の場面は面白かったなあ。
罪の程度ではアラミスが告発したロシュフォールの方が重いしね。
審問の場面では実は誰一人嘘をついてないけど、アラミスとロシュフォールとマルグリットのそれぞれの運命の迎え方がすごかったので、神はやっぱり見てるんだなあと思いましたねえ。

神様は嘘つきが嫌いなんだ。
よくわからないけど、マスケティアーズにおわす神は嘘つきが嫌い。
恐ろしいことにアラミスってばマルグリットに嘘はついてないんだよね。
他の場面では……うーん、どうだっただろ。
テキトーにごまかすことはあっても、アラミスは嘘はほとんどついてないような気が。
四銃士の中で一番たくさん失敗をしでかしてるけど、嘘はついてないかなあ。

なんだか嘘をつけない、つかない人っていうのは、それだけで神に愛されてる人のような気がしてきました。
終わりの2話を見ていてつくづく思ったんだけど、アラミスってさ、皆に愛されてるよね。
隊長もアトスもポルトスもダルタニアンも、アラミスのことすごく好きじゃん。
ご婦人方に大人気なのは当然としても、なんかもうこの2話でアラミスの愛され具合にクラクラきて(笑)、神様にも超愛されていた!というのもわかって、なんかねえ、いいのかなこれで(笑)とさすがに思わないでもないけど、まあ私はアラミスのことが好きだからいいんだ。
皆に愛されてるアラミスがうれしかったから、もういい。

これまた以前にも書いたけど、アラミスは愛の大きな人だと思っているので、神に愛されてるのはまあわかる気がしてます。
牢で神に誓うところでも、(ここは原文も確認したいところだけど)アラミスの願いは「王妃を助けてくれたら残りの人生貴方に仕えます」だからね。
仕えるためには自分が生きてないといけないから「自分を生かせてくれたら」という文言もつくけど、願っているのは王妃の無事。
審問の場にいた神はやっぱり見てたと思うよ。
二人の男の愛のどちらが「その本質で」裁かれるべきかって。

だから「俺にその価値はないですね、覚悟はできてます」なんて言わなくていいんだよ。
アラミスはエミリーを救ったじゃないか。
神としては他の人間よりも気がかりだったであろうエミリーを。
「俺が愛した女はみんな死んでいく」じゃなくて、アラミスを愛した女が死んでいくんだってこともはっきりしたし。
確かにマルグリットへのあれこれはクズの極みだったが、マルグリットの運命については、申し訳ないが彼女の決断次第でどうにでもできたこと。
マルグリットに言い訳しようのない証言をされたことを受け入れるだけでもういいよ。



というわけで、例によって続く。
次は多分マルグリットとかロシュフォールについて。
でも結構厳しめになる予定。
すみません、本当に。
クズだクズだと言い続けてきたけれど、最終回となるとアラミス大好きの超贔屓目線で見るしかできない。
彼の魂の救済が何より大事なのです。
腐ったファンでいいですもう(笑)。



続く。




[PR]
by teri-kan | 2016-09-12 23:59 | 海外ドラマ | Comments(10)
Commented at 2016-09-13 18:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-09-14 08:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 4703 at 2016-09-14 10:30 x
物語のメインは、
アラミスと、王妃の許されない恋、
(まぁ~不倫)なんだけどぉ、
トレビルの泉から、帰って来た時、
王の元へ再会シーン、見てた時の、アラミスの、表情ったら、手が届かず、自分のだけの存在には、決してならない、もどかしさを、垣間見た気がして、切なかったな😢
アトスに、王妃に、対する気持ちを、問われた時、アラミスは、王妃の事を、愛してるって、
キッパリ言いきった、時のアラミスの、横顔、
胸キュン❤もんやった~~
隊長やダルタニアンに、呆れられたって、
怒られたって、
ポルトスに、説教されたって、さ…
皆、なんだかんだ言っても、
アラミスは、過去に、辛い恋愛経験してるからこそ、愛に対して、真剣で、(教育係は、外す)
慈悲深く、全てを包み込む、
そんな、アラミスを放って、おけなくて…
皆、アラミスを、助ける❗
最後は、ミレディーだって、助けてくれたし、
神様、だって、アラミスなら、仕方無いか…
手を差しのべてくれたんだ、おっしゃる通り
そぅいう、事で、良い風に、解釈😅
アラミス、を、見てるだけで、俗世を、浄化されるかのようです。(個人の見解です).

後、気になったセリフ、
王が皆と和解して、王太子を抱くシーン、
わたし、そっくりだ❗わざわざ、言うって❓
もしや、まさかの、疑ってる?って事?
引っかかったな…
シーズン3でも、この、件、又々、咬むな~~
見たいわ~~
Commented by teri-kan at 2016-09-14 13:12
18:47様、こんにちは。
コメントどうもありがとうございます!

「そうなのよ〜〜!」と思っていただけたなら嬉しいです。
神公認、言い切ってしまいましたけどよかったでしょうか(笑)。
今から思えば場所が修道院というのは意味がありすぎでしたね。
神をも恐れぬ所業ではなく、神のお墨付きだったのです!
アラミスのファンはそう思った方がきっと良いと思います。

>あの時のアトス、アラミスにキスしていませんでしたか?!

してたと思います!
アトスほんとにいいですよねー。口は悪いけどやることにいちいち愛がある。
別れの場面でのそれぞれのハグも愛にあふれてて、私も大好きです。

終わってしまって寂しいですが、NHKに期待しましょう。
シーズン3でアラミスに再会できるようお祈りお祈り。
Commented by teri-kan at 2016-09-14 13:25
8:48様、こんにちは。
コメントありがとうございます。

仰る通り、1話完結の「正義は勝つ」タイプのドラマは爽快でいいですよね。
これみよがしに引っ張るドラマにイライラする方なので、「マスケティアーズ」は肌に合っていました。
私もNHKとBBCには感謝です。

>走馬灯のように、思い出す

1話からここまでいろいろありましたね~。
で、アラミスはずっとカッコよかった(笑)。
ホントに私も幸せでした。
Commented by teri-kan at 2016-09-14 13:45
4703様、こんにちは。
コメントどうもありがとうございます。

アラミスが王妃を見る時の目は、本当に距離感があるのがわかって、どうしても切ない気持ちになってしまいます。
9話の終わりからもうずーっとずーっとそうなので、シーズン3では少しでも近くなってるところが見たいですね。
放送がどうなるのかさっぱりわからないですけど。

>アラミス、を、見てるだけで、俗世を、浄化されるかのよう

アラミスもそうだし、四銃士+隊長とか、ドラマ自体がそんな感じでしたね。
本当に楽しいドラマだったと思います。

王は、どうでしょうねえ~。
どのようにでも取れるところが上手いなあと思いました。
シーズン3、見たいですねえ。
Commented by 4703 at 2016-09-14 22:05 x
はっ、
なぜか、非公開コメントに、なって、しまったこと、すみません

指がでかくて、押してしまったものと、思われます。解除、どうしたら、良いものかと?
Commented by teri-kan at 2016-09-14 23:03
4703様

非公開の解除は見当たらなかったので多分無理なのだと思います。
すみません。
私はしっかり読まさせてもらいましたよ?
これに懲りずにどうかまたコメントして下さい。
Commented by kikuzo at 2016-09-15 13:38 x
初めまして。いつも密かに拝見させていただいております。毎週マスケティアーズを見て、次の日の感想の更新を拝見するのが楽しみでした。この度どうしても辛抱たまらなくなりコメントいたしました。

神の御業!見たとたん頭の中のモヤモヤがスッキリ晴れわたりました。
いろんな騒動があったけど、結局ちゃんと皆相応しい所に行き着いた感じですね。
アラミスと王妃の恋も神の御業と考えればなんかしっくり来ます。
思い起こせはS1の2話めから既に始まり、このマスケティアーズというお話の根幹を成しているんですよね。
アラミスの不憫さも神様に愛されているからと思えば納得出来ます。
神様って結構Sっ気があるというか、可愛い子には試練与えちゃおう!って感じなので、そうなるとあのトラブル体質なのに善良というのもうなずけます。
幸せになって欲しいですが、人並みの幸せには縁遠そうですね…(^_^;)
シーズン3も待ち遠しいです!まずはHuluに期待しているんですが、どうでしょう。
ネタバレ画像も沢山上がってきていて、とても見たいという欲求と、しかしこれで本当に終わってしまうから見るのが勿体ない気持ちがないまぜになってます。
せめてまずは1.2のDVD出して欲しいです。(カットされた映像で、これ見たかった!というのがかなりあるのです!小川でアラミスと王妃が魚獲りデート?してたり)それがダメなら深夜の一挙再放送でもしていただきたいものです。

また四銃士+隊長+逞ましい女性たちの活躍を待ちつつ、ブログの更新楽しみにしています!

Commented by teri-kan at 2016-09-15 16:26
kikuzo様、はじめまして。
モヤモヤが晴れ渡ったとのことで、こちらも嬉しいです。

>神様って結構Sっ気があるというか、可愛い子には試練与えちゃおう!

キリスト教の神様はドSもいいところですよね。
試練のターゲットにされるくらいなら愛されなくてもいいってくらいの。
でもロシュフォールはその思考で拷問生活を乗り切ったようです。
ロシュフォールにとっての神は王妃のようでしたが。

>ネタバレ画像

悩ましいですよねえ。
それでも写真だけにとどめておけばまだマシだと、映像には手を出さないようなんとか耐えています。
映像は絶対後悔すると思って我慢我慢。
実はアラミスと王妃はうっかりちょろっと見てしまったのですが(苦笑)、ストーリーには触れてないと思うので、ここから先にはもう立ち入りません。
シーズン3まで耐えます!

>小川でアラミスと王妃が魚獲りデート

これ、私もきちんと流れの中で見たいんです。
他にもカットしまくりだったそうだから、是非完全版でDVDを出してほしい。
来年早々にも出るとの話ですが、完全版かどうかは大きな問題です。
どういう縛りがあるのかわかりませんが、BBCにはセコいこと言わずに全てを提供してもらいたいですね。

「マスケティアーズ」に関しては、もう少し書きたいことがあるので、またよろしければお越し下さい。
コメントどうもありがとうございました!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 神に救われなかった人達の「マス... マスケティアーズ・イン・ブルー >>