ミレディのアクセント

レディ」と読むべきか「ミディ」と読むべきか、それが問題だ。



日本語吹き替え版で見てない方にはさっぱりな話題ですが、「マスケティアーズ」で一番最初に気になったことを書いてみることにしました。
ミレディのアクセントをどこに置くのかという問題です。

まあ、問題っていうか、「マスケティアーズ パリの四銃士」は「ミディ」で決まってるようなんですけどね。
これが共通語ということらしい。
天下のNHKがそう読んでるからそうなんだろうけど、でもなんかスッキリしない~。

昔からそうでしたっけ?
アニメ三銃士はそんなに気になるほどでもなかったような。
はるか昔の記憶なので全然頼りにならないけど。
人形劇ではどうだったんでしょう。
やっぱり「レ」にアクセントだったのかなあ。



初めて聞いた時はビックリしました。
放送開始前の紹介番組でオアシズが「ミディ」って言った時は、「なんちゅー訛り!」と思ったものです。
が、肝心のドラマの中でもダルタニアンは「ミディ」って言ってる……。

うん、ダルタニアンが一番きついかな。
他の人はそこまででなかったり、そうでもなかったり、いろいろ。

最初、西と東で違うのかなあと考えました。
よくあるじゃないですか、アクセントが最初の語につくとか、後につくとか違いが。
で、声優さんの出身地を比べてみたんですが、うーん、まあ、よくわからない(苦笑)。
ダルタニアンの人は埼玉県なので東の人が「レ」派なのかなあと思って、隊長が東京で王妃が神奈川ということを考えても、この説はいけそうな感じがしたのですが、でも王様が山口県なんだよねえ。
あまりアクセントが気にならなかったアラミスと枢機卿はそれぞれ香川と岡山で、こちらは同じ西日本人として近いものを感じるけど、そもそもみなさんプロの声の人ですからねえ、地元アクセントはそこまで出て来ないだろうなとも思うのです。

というわけで、どうやらあまり西だの東だのは関係ないらしい。
ただ単に私が耳馴れてないだけの可能性高し。
ディ……レディ……ミディ?
うーん、やっぱりしっくりくるのは「ミ」にアクセントを置くレディ……。

ちなみに番宣で思いっきり「ミディ」だったオアシズの二人は二人とも愛知県です。



そういえば原語読みだとどうなるの?と思ったのだけど、吹き替え版で録画してるからよくわからないんですよね。
ちなみに英語ではMilady de Winter。
原作では亡き夫の兄がウィンター卿(イギリス人)という設定で、何やらミレディの呼び方は次のような遍歴を辿ってて、結構この名前も複雑です。

もともとフランス人で本名はドラマでも出てきたアンヌ → イギリスで結婚生活を送り「My Lady」と呼ばれる → 本国フランスでも「My Lady」からそのまま「ミラディ」とか「ミレディ」とか呼ばれる

日本語ではミレディだけど、発音はミレディとミラディの間くらい?
調べたらすぐにいろいろ出てきて、ネットってホント便利ですねー。

まあともかくそういうわけで、「My Lady」が語源ならば、「レ」にアクセントがくるのが正しいのかなあとか思ったりして、なんかもうよくわからない話に(笑)。
でも英語と日本語じゃミレディ以外の名前もアクセントが違うだろとか、いろいろ思ったりして全然まとまらない。
そもそもフランス語読みならどうよと思うし。
ミラディで「ラ」にアクセントじゃいよいよ変じゃない?とか。

でもやっぱり天下のNHKだからなー。
ディが正しいんだろうなー。
うーん。
やはり早く慣れねば……。
(実はまだ慣れてない)




[PR]
by teri-kan | 2016-10-21 00:43 | 海外ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 譲位と生前退位 平尾誠二氏死去 >>