エンターテイメント三連発


・祝「マスケティアーズ パリの四銃士」DVD発売日決定!

少々遅れましたが、やはりこれは書いておかねば。
今年一番の(個人的)大ヒット作品。
世の中大変な一年だったけど、マスケのおかげで私は幸せでした。
今から2月3日が楽しみ~。
シーズン2の3月3日も楽しみ~。

この雰囲気だとNHKのシーズン3放送は三月末か四月からの開始とみた。
NHKは絶対期待に応えてくれるはず!
信じて待ってるのでよろしくお願いします!!



・デヴィッド・ボウイ、グラミー賞にノミネート

デビッド・ボウイさん遺作がグラミー賞4部門で候補

上の記事によると、ボウイの遺作「ブラック・スター」が、最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞、最優秀ロック・パフォーマンス賞、最優秀ロック・ソング賞、最優秀エンジニア・アルバム賞の4部門でノミネートされたとのことです。

アルバム・オブ・ザ・イヤー賞を含む各主要部門ではノミネートを逃しているのだそうで、それが意外なのか妥当なのか判断尽きませんが、ともかく「ブラック・スター」が評価されたのは確かということで、素直にこのニュースは喜ばしく思いました。

実際良いアルバムなのですよ。
死と希望の両方が感じられるアルバム。
どれもボウイらしい楽曲でした。
今更賞はどうでもいいけど、受賞で彼を偲ぶことができるなら、どれでもいいから決まってくれたら嬉しいな。



・ロジャー・ムーアはお元気そう

ロジャー・ムーア、「007」に今後出演の可能性!?


ロジャー・ムーア、御年89歳。
なにやら興味深いことをいろいろ仰っておられます。

「カメオ出演を頼まれたら断らない」
「もちろんショーンが最高のボンドだよね」
「今日の僕たちはダニエル・クレイグがいてラッキー」
「いつもショーンは殺し屋のように見える」
「ダニエル・クレイグもとどめを刺すだろう」
「ダニエル・クレイグは最初の7分間で僕が出演した7作でやった分以上のアクションをこなした」

なんと言っても最後の言葉です。
当たり前だけど、「やっぱりムーアは自分でもわかってたんだ」と、面白い気持ちになりました。
あと気になった点といえば、ムーアのボンド評によると、殺し屋に見えるボンドが良いボンドだということですね。
うん、確かにそれだとショーン・コネリーやダニエル・クレイグです。
彼らは酷薄そうな顔ができる。
ロジャー・ムーアとは全然違うよね(苦笑)。

ムーアの推すエイダン・ターナーは、映画「ホビット」でイケメンドワーフのキーリ役だった人です。
次のボンド候補ってメディアで何人か挙げられてますけど、ダニエル・クレイグがまた務める可能性もあるようだし、どうなるかまだわかりません。
個人的にはダニエル・ボンドが好きなので、次も彼が出てくれたら嬉しいんだけどな。
スペクターをどうするのかも気になるし、早いとこ新作制作決定の情報が欲しいです。



にしても、イギリスばかりですねえ。
BBCドラマ、イギリス人ミュージシャン、イギリス映画、エンターテイメントの世界ではイギリスにお世話になりっぱなしです。
なんだかんだで大英帝国は素晴らしいな。
政治は置いておくとして、エンターテイメントでは楽しませてくれて、そういった意味においてはホント立派なブリティッシュ・エンパイアですわ。
イギリス、いい仕事してます。




[PR]
by teri-kan | 2016-12-07 14:42 | 海外ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 世界が動いてるから日本も動く チャンピオンシップの勝敗を分けるもの >>