「The Musketeers」S3E6

シーズン3、第6話です。
タイトルは「Death of a Hero」。
怒涛の展開&急展開!






(簡単なあらすじ)
王弟を脱走させ、陰謀の決行に向けて準備が進む中、四銃士抹殺計画が実行に移された。
アトスは隙をつかれ、ダルタニアンとポルトスは罠に嵌められ、王の巡礼に同行したアラミスも王共々命を狙われる。



うおーっ、なんかしょっぱなからすごいかも!
今回はいろんなことが起こりすぎ!

まずはアトスですよ、あれ何?
縛られてた?
あの二人のいきなりな御趣味はなんなのでしょう。

ポルトスとアラミスのあれもなんなのよ。
あんな芸して小遣い稼がないとやっていけないのか。
しかもそれをコンスタンスに巻き上げられるのか。
優雅に風呂入ってるダルタニアンはしっかり者の嫁をもらって安泰だね!

そんなキャッキャした雰囲気で始まった今回ですが、中身はハード。いろいろとハード。
何をおいてもこれでしょう。
王とアラミス。
とうとう対決がきた。
切り出す時の王の苦しさを思うと申し訳ないが、アラミスがなんて答えるのか、そこはもう素直にワクワク。

「過去の話」
いや、王太子がいる限り現在と未来だよ、アラミス。
「パリで最も孤独だった女性と寝た」
素敵すぎて死ぬ。
「王がミレディと好き勝手していても王妃は耐えた」
おう、それくらい言ってやれ。不敬罪で殺されるかもしれんけど。
「王をお守りします」
あれはあれ、これはこれ。

うー、まあ、それ以外に何を言えと?ですね。
王と王妃、両方への敬意を保った上で嘘偽りなく話すなら、こういう答えになろうかなと。
銃士としての国王夫妻への敬意を示し切るしかないんですよね。
アラミスはそれを全うするしかなくて、だからその後王妃と二人で会った時もああいった受け答えになる。

とりあえず王妃はきちんとアラミスのことを過去のことにしてたんですね。
でも再会したら過去が過去でなくなっちゃった。
今回の二人の会話シーンは、王妃とアラミスで最初ちょっと差がある感じが面白い。
恋心復活を自覚してる王妃と、王の思いまで抱えたアラミス。
王にもアトスにもポルトスにも「近付くな」って言われてるのに、結局聞いちゃいないのがアラミスで、でもアラミスって己の優先順位にものすごく忠実な人で、今の彼にとって一番大事なのは危機を前にして孤立無援の王妃と、廃太子にされかねない自分の息子。
銃士としてと個人としてと、もう愛と任務がごっちゃごちゃ。
どこまで方便を押し通せるかですが、王妃と王太子への忠誠を貫くことが愛を形にできることならば、アラミスはある意味幸せかもしれません。



王は銃を持って一瞬ちょっとイキイキ。
命のやり取りが生きる実感を与えちゃったと、皮肉も感じました。
彼ら二人が敵に気付けたのはひとえにパリ総督のおかげで、いやー、Death of a Heroって誰やっ!? でしたけど、まさかまさかでした。
これは驚いた。
前回感想で「シーズン3の主役」とまで書いたのに、もうご退場されてしまわれた。
寂しい。

王と総督のやり取りはすごかったです。
王の唯一にして最大の長所である善良さが如何なく発揮されました。
王様、これまでも何気にこの善良さで危機を乗り越えてきてるんですよね。
枢機卿の時も、ロシュフォールの時も。
うん、ああいう寛容さを見せつけられると、さすがに自分と王、王弟と王の器の違いを思い知らされちゃうかな。
総督の選択は王族のプライドを持ってすれば至極真っ当なものでした。

ただ、次回から見れなくなるのが寂しい。
好きだったんですよねえ、総督のポカン顔。
ここにいるはずないもの、あるはずないものが目に入った時の総督の顔はたまらんかった。
枢機卿といいロシュフォールといい、歴代の敵はポカン顔が最高だったのだけど、総督はホントにいい顔を見せてくれた。
寂しいなあ。



最後、アトスがシルヴィに別れを告げるところは結構予測できたかな。
でも理由は思想の違いだけじゃないと思うんだけど。
アトスの後悔はシルヴィにうつつを抜かして敵に隙を見せ、殺られる寸前まで追い込まれたこと、それによってダルタニアンらを罠にかけられたこと。
命令書の裏を取るなり何なり、隊長としてしなければならなかったことがあるのだと思います。
責任を果たせなかった後悔、深いと思いますよ。
彼らを一人でも死なせてたら、なかなか立ち直れなかったと思う。

その上で、王の余命を聞いて王家の危機を感じたからこその、思想の違いによるリスク排除かな。
銃士隊長としてやるべきことをやろうとしたら、そうするしかないでしょう。
肉体的、精神的、両方の意味において、隊長としての自分を守るためといった意味合いが大きそうです。



うん、いやー、ホントに怒涛のお話でしたね。
ポルトスはきっとこれから婚活だ。
ダルタニアンは子作り。
コンスタンスの不安はわかるので、夫婦でよく話し合おう。
幸せな未来のため、みんなで王家の危機に立ち向かおう。
グリモーは撃っても死なない不死身なヤツだから皆頑張ろう。



[PR]
by teri-kan | 2017-03-14 09:04 | 海外ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「The Musketeers... 「The Musketeers... >>