桶狭間の後の今川さん

とっくの昔に桶狭間で敗れた今川氏。
でも未だ健在で相変わらず井伊に対してネチネチネチネチ。
……大河ドラマ「おんな城主 直虎」の話なんですけどね。
今まで私は今川氏のことを全然知らなかったなあと、ドラマの氏真を見ながら痛感しているところです。

「桶狭間で義元が殺されて今川氏は衰えた」
思えば今川氏について知ってる知識といえばこれだけでした。
義元が死んだからってお家が潰れたわけじゃないんだから、その後の今川氏のお話もあってしかるべきなんですけど、すっかりその辺抜け落ちてたというか、気にしたことこれまで全然なかった(笑)。
今回のドラマは新鮮です。

で、昨日のエピソードもそうなんだけど、こんな支配の仕方をしてたらいざという時すぐに離反されちゃうよ?というようなことを、今川はさんざん井伊に対してするのだけど、かといって優しくしたら今川は安泰かといったらそうでもなくて、いやー、弱肉強食の世界って厳しいね。
戦国時代ってやっぱり恐いわ~。

でももっと恐いのはこれからで、家康が信長の苛烈さにビビりまくって、「雅な今川の方がのほほんとしてて良かったよおおおお~」みたいな愚痴をこぼしてたけど、信長の登場ってそういうことなんでしょうね。
旧来の世界秩序の中でバランスをとって生きてた人には悪魔にしか思えなかっただろうなあ。
その流れに乗れた人、乗れなかった人、これからまた淘汰が始まるのかと思うと、やっぱり戦国時代って恐いです。

ドラマとしては、キラキラの亀が早々に退場して随分寂しい思いをしたのだけど、抗えない魅力の政次はいるし、ここんとこワイルド龍雲丸が画面を賑わせてくれたので、絵的には良い水準をキープしてると思います。

そうそう、龍雲丸ってこれからどうなるんでしょう。
何者かになりそうな大きな器の持ち主ですが、彼の今後はとても気になる。
なんといっても龍だし!
虎と龍ですよ。なんと縁起のよい組み合わせ。
二人のパワーが合わさればなんでも出来そうです。
子供時代の「鶴・亀・とわ」も良い組み合わせの名でしたが、「龍虎」も良いですね。

井伊は小さい家だし主人公の当主は女性だし、天下国家を語る戦国モノとは全然違う大河ドラマだけど、作りは丁寧でなかなか面白いと思います。
ほぼ半分が終わったところですが、今のところは良い。
今後も期待です。



[PR]
by teri-kan | 2017-06-26 11:45 | 大河ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「三つの恋の物語」 「だめだし日本語論」 >>