今週の人物

・藤井聡太四段

29連勝の新記録達成です。
すごいですね。
将棋は子供の頃遊びでやってた程度で、駒の動き方を知ってるだけの素人なのですが、それでもこのニュースにはワクワクします。
将棋習いたてのお子様から筋金入りの年配将棋ファンまで、皆が皆熱狂してるのが良いですね。
ホント素晴らしいです。

最初に話題になったのは、最年長プロ棋士と最年少プロ棋士が対決するという、例のひふみんとの対局前のことだったと思いますが、あれからあれよあれよとここまで来ました。
あっという間のような気がします。

ここまできたら行けるところまで行ってほしいですが、どうなりますかねえ。
連勝が止まれば過剰なマスコミの取材ぶりも落ち着くかなあと思ったりしますが、でも頑張ってもらいたいですね。

いやー、ホント、将棋界は藤井四段様様ですね。
将棋ソフト不正疑惑のゴタゴタで「なにやってんだ?」って将棋連盟が呆れられてたところに、まさに救世主のように登場してくれました。
今ではあんなことがあったこそさえ忘れられてると思います。
結構な騒ぎだったのに。

いろいろな意味でありがたい藤井四段ですね。



・稲田防衛大臣

防衛関連に向いてないのか大臣に向いてないのかわかりませんが、とにかく軽すぎます。
今となってはなぜ防衛相に任命されたのか、他の大臣職ではいけなかったのか、疑問だらけの方ですね。

以前なら既に大臣を辞任するなり解任させられるなりしてたと思いますが、民主党政権時代の負の遺産がここでも効いてます。
民主党の大臣はなかなか辞めませんでしたもんねえ。
あれで大臣の発言や在り方としてのハードルが下がり、現在の一強状態で更にゆるみが進んだといった印象です。

今一度規律を正してもらいたいですね。
野党に政治は任せられないとほとんどの国民が思ってるにしても、与党がそれに甘えたら、いよいよグダグダですから。



・小林真央

病気が公表された時のショックの方が大きくて、死去の報は、残念でしたけど「受け入れるしかない」といった気持ちでした。
この件に関してはいろいろな面で思うことがあって、簡単には書けません。
ただ、テレビのこちら側にいる視聴者としては、團十郎夫人としての彼女を見てみたかったなあと。
ずっと海老蔵のそばにいてあげてほしかったと思います。

合掌。




[PR]
by teri-kan | 2017-06-30 10:08 | 事件・出来事 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< B'z の思い出 「三つの恋の物語」 >>