福岡と大分の豪雨

あまりの惨状にショックを受けてます。
ここ数年九州は甚大な災害が頻発してて、住んでる方々の心労もかなりのものと推察します。

原因は積乱雲が次々と発生する線状降水帯とのことですが、これ、最近よく聞きますよね。
同じ所にずっと雨雲がかかり続ける現象。
これは地球温暖化や気候変動が関係していて、そのために近年よく起こるようになってるのでしょうか。
それとも以前からある?
あと、そういうことが起こりやすい地形とか場所とかってやっぱりあるのかな。

福岡と大分の境って数年前も豪雨災害があったと記憶してるんだけど、地理的なものが関係してるとみていいんですかね?
九州北部が被害に合う前日は島根と広島の県境周辺がひどくて、広島では死者も出てるんだけど、ここもやっぱり数年前に酷い被害を出した豪雨がありました。
そのちょっと前の新潟の豪雨もやはり以前に被害があったところだというし、起こるところは定期的に起こるといった印象があります。

そうであるならしっかりとした対策を、と思うのだけど、これって考えないといけないことが山のようにありますよね。
避難方法の徹底もそうだけど、避難場所になる公民館等は住民が集まりやすい場所&水に浸からない高台&土砂崩れの心配のない山から離れたところ、そういった場所にないといけないし、結構厳しい条件だと思います。
学校は川沿いに建ててはいけないとか。
川の近くの学校は環境が良くて個人的には好きなんですが。

絶対に必要だと思うのは山林の整備だと思うのだけど、現状はどうなってるんでしょう。
広島の土砂災害の時も思ったのですが、山林管理はホントに真剣にやらないとダメなんじゃないですかね。
豪雨になったら土砂崩れはどうしても起こるけど、できるだけ被害を小規模なものにするためにやれることは徹底的にやるということをしないと、やっぱりいけないと思います。
少しでも雨に強い山を作るというのが、それこそ大々的なキャンペーンを張ってでもやるべきことではないかと。
政府はそういったことにもっと予算をつけるべきではないかな。

下流に流された大量の木を見てると、もうちょっとどうにかならないかと思います。
流木が川の流れを堰き止め辺り一面を池や湖のようにするというのは、本当に辛い光景です。
家が崩れてるのはもちろんだけど、畑や田んぼが水没してるのは、作物自体が可哀想だし、農家の方々がお気の毒でならないんですよね。
堤防をもっとしっかりさせて……というか、雨雲のコントロールってできないんですかね?
誰かえらい人考えてくれないだろうか。
いい加減毎年豪雨多過ぎ。




[PR]
by teri-kan | 2017-07-07 11:21 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「ダルタニャン物語」を読み終わって 「鉄仮面」 >>