記憶喪失ってひどい

周りの大人の皆さんについて。
「ひよっこ」は人々の繊細な感情がきちんと表現された、とても良いドラマだと思います。







・美代子さん

実さんの2年半を尊重してあげたのがすごいなあと。
一緒に過ごした二十年超もの年月の実績に、よくもすがらなかったなあと。
本音ではすぐ連れて帰りたいだろうに、自分にとっても2年半は長かったというか、記憶を失ったということを受け入れるのはホントに大変だったと思うけど、受け入れたんだなあと、美代子さんに感心しました。

とてつもなく苦しい2年半ですよ。
世津子さんにぶつけた感情の、それ以上の思いで押しつぶされそうになってた日々のはずです。
失踪から7年で死亡扱いでしたっけ?
むしろ世津子さんに対してあの美代子さんは抑制的だったと思います。

抑制的だったのは、女の意地ですねえ……。
抱えてる感情は重すぎです。
木村佳乃、良い演技してると思います。
美代子さんの木村佳乃はいいですね。



・茂おじいさん

実さんが記憶喪失だと知った後のおじいさんの表情が印象深かったです。
深い悲しみ、やりきれない悲しみ、木村佳乃に続き、これまた古谷一行素晴らしい、と言いたい。

死んでたわけじゃない、生きてたんだから最悪は免れた、と思ったとしても、本当にやりきれなかったと思います。
とうに家督を譲った跡取り息子がこういうことになってしまうというのは、どうなんでしょうね。
自分の持ってるもの全て受け継がせたはずなんですよね。
土地家屋、田畑はもちろん、農作業の仕方から土地の特徴から奥茨城の歴史から谷田部家のあり方から農家の長男としての生き方まで。

それが全て丸ごと息子から失われたというのは、悲しみもそうだけど、とてつもない喪失感じゃないかなあ。
息子の身体はあっても人生は失ったというか、その人生はおじいさんの人生でもあったというのが、重いというか、うー、何気にここが重いなあと思えます、谷田部家が農家だというのが。

実さんが勤め人とか、親の職業と関係ないことしてたなら、もうちょっと違ってたような気がします。
おじいさんの喪失感の深さは計り知れないです。



・世津子さん

実さんを保護した時、教育をきちんと受けられなかったことを話していたのが引っ掛かりました。
世津子さんの年齢って三十代半ばくらいですかね?
となると終戦時に15歳くらい。
戦争のせいかどうかわかりませんが、家庭環境は恵まれてなかったようですね。

でも家族の愛はわかる人でした。
わかるけど持てなかった人、といった感じ。
持ってた人なら、警察にも届けてたんじゃないかと思いますしねえ。
いくら実さんが警察は嫌だと言ってもね。

家庭に恵まれなかった分、早くから社会の世知辛さみたいなものに触れてたんだろうし、もしかしたら記憶を失って社会的には子供同然だったからこそ、実さんは世津子さんにとって居心地のよい人になってたのかもと思います。
そりゃ実さんは背も高くて、田舎臭さを除けば実はいい顔してる人だけど、そうはいっても記憶を失くした人をそのままにして、それで好きになってたというのは、世津子さんもしんどい人生を生きてきた人なんだろうなあと、ちょっと思わされてしまうのでした。

初めて早く家に帰りたいと思えた、だったっけ?
悲しいですね。



・愛子さん

愛子さん自身が人の気持ちを理解できる人だから、そんなみね子を理解できたのだと思うけど、みね子へのアドバイスは的確でした。
美代子対世津子の場面で、みね子は絶対に世津子さんの立場をおもんばかるようなことを言ってはいけませんでした。
世津子さんに義理(と愛情?)を感じてる実さんの肩を持つようなことも言ってはいけませんでした。

愛子さんに言われてなかったらみね子はどうしていたか、何かあの場で発言していたか、それはわからないけど、美代子さんの様子をあれだけ観察できたのは、愛子さんのアドバイスがあったからかもと思います。
住居も装いも綺麗な女優と自分を比較してしまう母親を見て、なおさら母の心情に寄り添うべきだと思ったと思うし、妻とか一家の主婦とかいった立場とはどういうものか、思い知らされたと思います。

記憶を失った当人が一番苦しいのは確かなんだけど、お母さんのことを第一に考えろと言った愛子さんの言葉は、やっぱり正しいですね。
余計なことは何一つ言わなかったみね子の支えに、きっとなっていたと思います。




[PR]
by teri-kan | 2017-08-07 01:45 | 朝ドラ | Comments(4)
Commented by 柳多久 at 2017-08-11 19:17 x
こんにちは!

ひよっこ、面白いですよねえ……。
今週はまだ見ていないのですが、先週を身終えて今日記事拝読しました。
早く読みたいーと思っていたのですが、まだ見てないし我慢我慢なんて思っていました(笑)

美代子さんと世津子さんの場面は、胸が締めつけられました……。
服のほころびを気にする美代子さんには切なくなりました。
世津子さんを責めはしたけど、それは当然で、でも世津子さんの真摯な謝罪に、あれ以上に責めたり泣き崩れたりすることなく、必死に毅然とする姿に、本当にすごい、と思いました。
女の意地、ほんとそうですよね。
みねこが隣にいるのも大きかったんでしょうね……。
その後の親子三人での蕎麦屋の場面でも、ほんと美代子さんってすごいなと思いました。
どんな時も明るく振る舞って、相手の気持ちを尊重して、本当に、強くて優しい。
ひよっこはそういう人たちばかりでほんと好きです。
あの蕎麦屋の三人を見て、家族って始めから家族じゃないんだな、となんだか思いました。
蕎麦屋での他愛のない会話みたいなやり取りや日常を積み上げていって、家族になってるんだなと。

茂おじいさんのことは、teri-kanさんの記事を読んで、そうか、そうだよなあ、と初めて思いました。
実さんと積み上げてきた全てが失われたんですよね。
美代子がバスで言った半分、という言葉が響いてきました。
今週で奥茨城に戻ってるようなので、いまから見るのが楽しみです。

世津子さんの言葉も切なかった……。
あれだけで、綺麗で、素敵な部屋に住んでいて、優しくて魅力的な彼女が、これまでどう生きてきたのか、考えてしまいます。

長々とすみません!!
いつもどの記事も楽しみにしています(*´ω`*)
Commented by teri-kan at 2017-08-12 23:27
柳多久様、こんにちは。
いつもありがとうございます。

この週はすごかったですね。
美代子さん、いいですよねえ。
明るい、芯の強いお母ちゃんです。

おじいさんについては、美代子が東京に行ってる間に一人で縁側に座ってた時の顔が印象的で、そのちょっとの表情でバーッと感情がこちらに伝わってきました。
「ああ、そうなのか、そうだよね」って、こっちもやりきれなかったです。

今週分、楽しみですね。
これまた良い展開だったので、是非楽しんで下さい。
私は今から来週が待ちきれません(笑)。
これからはみね子も皆も楽しいことばかりだったらいいですね。
Commented by 間諜X72 at 2017-09-01 20:26 x
こちらにお邪魔します。
今日の「ひよっこ」は女子会でした。
バー「月時計」の店主邦子さんがいいですね。

>世津子さんとの生活しか知らないお父ちゃんですもんね。

世津子さんも色々あるようで・・・。
Commented by teri-kan at 2017-09-03 00:35
間諜X72様、こんばんは。

>女子会

みんなそれぞれありますねー。
大家の富さんも。
元芸者さんがどうやってアパート持ちになったのかなあと思ってたけど、なるほどーな過去でした。

世津子さんは何があったんでしょうね……。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 世界陸上からオリンピックへ 内はだるだる、外ぱんぱん >>