玉木のヴァルモン

「危険な関係」
原作:ピエール・ショデルロ・ド・ラクロ
脚本:クリストファー・ハンプトン
演出:リチャード・トワイマン
主演:玉木宏

只今東京で上演中。
来月は大阪で上演予定。



見てないし見に行く予定もないのですが、できれば見たい気持ちはある。
玉木のヴァルモン。
いいじゃないですかー。
これぞ玉木の色気の正しい使い方。

玉木を「日本のジェラール・フィリップ」と勝手に思ってる身とすれば、ヴァルモンを玉木が演じるのは至って正しいことなのです。
なぜ玉木をジェラール・フィリップと言うのか?というのは、できれば以前の記事をご覧下さい。
そこでも書きましたが、玉木の色気は人々を幸福にするものなのです。
とても質が良いのです。
古典作品の男前を演ずるのにピッタリなのです。

もちろん玉木は現代日本人なので、ラクロの描いた18世紀末の貴族でもなければ、ジェラール・フィリップの演じた50年代のパリ上流社会の人間でもありません。
しかし現代風のエロさを表現しつつも(写真と映像をちらっと見たけど、かなりサービスよさそうだ)、確かな品があるのです。
ていうか、舞台を観てないので完全な憶測だけど、品があるはずなのです。
やってることは下品だけど品があるという男。
ヴァルモン玉木、きっと良いと思います。

映画はジェラール・フィリップとジャンヌ・モロー出演のものも、グレン・クローズとジョン・マルコビッチ出演のハリウッド版も観ましたが、昔すぎて内容を覚えていません。
原作も読んでません。
だから玉木がヴァルモンに合うはずだというのは、ホントに「ジェラール・フィリップがやってたから」という理由だけです。

で、今回改めて思ったんだけど、ジェラール・フィリップは玉木の今の年齢よりも前に亡くなっちゃってるんですよね。
ホントに早すぎる死でした。
「危険な関係」は亡くなったその年の作品なのです。
「ああ、この時はもう病気だったんだ、もう死は近いんだ」と思いながら映画を観た気がします。

それと比べると、玉木は公開ゲネプロの映像を見る限り元気いっぱい。
あの体で元気じゃないって言われた方が驚く。
健康なのはありがたいことです。
玉木の色気はありがたいものだから、観に行けない人のためにも津々浦々お届けしなければ。

というわけで、いつかテレビでやってくれないかなーとか思ってみてみたり。
無理を承知で言ってますけど、放送してくれたらうれしいな。

もちろん舞台自体がつまらなければダメですが。
肝心要はそこなので、好評だったらいいなあと、切に願っております。




[PR]
by teri-kan | 2017-10-16 11:55 | その他のエンターテイメント | Comments(2)
Commented by いち玉木ファン at 2017-11-15 09:17 x
初めまして。検索から参りました。
舞台は昨日大千穐楽を迎えて、全公演満席、立ち見まで完売の大盛況のうちに終幕を迎えました。私も東京から大阪まで駆けつけて観劇して参りました。
玉木宏さんの品良く上質の色気、舞台の上で遺憾無く発揮されておりましたよ。やってることはことごとくゲスい男であり、直接的な性愛シーンもふんだんに盛り込まれた演出でしたが、玉木さんが演じるヴァルモンは愛嬌があり男の可愛さもあり、どこか憎めず、そして品のある貴族そのものでした。テレビ放送や円盤化の願いは叶わず、もうなどと見ることはできませんが(涙)
ところで4月にフジテレビで放送された「女の勲章」はご覧になられましたでしょうか?玉木さんはこちらでも、ゲスいのに魅力的な色悪を新次郎さんばりの船場言葉で生き生きと演じておられました。
オンデマンドやCSでの再放送があるようなので、もし機会がおありでしたらぜひ。

別の記事でも、玉木宏さんへの的確な評価が嬉しく、ついコメントさせていただきました。
いきなりの長文、失礼いたしました。
Commented by teri-kan at 2017-11-15 12:56
いち玉木ファン様
初めまして、こんにちは。

もう終わってしまったんですね。大盛況とのことで良かったです。
映像化は無理でしたか……残念!
なんてもったいない。

>愛嬌があり男の可愛さもあり、どこか憎めず、そして品のある貴族そのもの

これぞ玉木宏の根本部分の評だと思います。
そこまで熱心に追いかけてないですが、愛嬌と品性がとても良い印象です。

私はドラマをあまり観なくて詳しくなくて、「女の勲章」もそういえばあったなあ、くらいの記憶しかないのですが、そうですか、ゲスな色悪を船場言葉で……いいですね(笑)。
機会があれば観てみます。

いろいろ教えて下さって楽しかったです。
コメントどうもありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 最近のいろいろ 最近の世界いろいろ >>