続・土日のサッカー

・ワールドカップロシア大会、組み合わせ決定

日本はコロンビア、セネガル、ポーランドとH組。
ドローでは究極の残りものだったわけですが、さて、福はあるかどうか。

個人的には南米と当たりたくなかったので、イマイチなグループです。
最後どちらのグループに韓国と日本が入るか、という形になりましたが、実は心情的にはドイツ組の方に惹かれていました。
ワールドカップの思い出作りをメインに置くなら、ドイツやスウェーデンがいる方がお祭り感覚は味わえます。
ただ、おそらくH組よりも決勝トーナメント進出の可能性は低い。

日本って実はワールドカップ優勝常連国とワールドカップで当たったことがないんですよねえ、今まで一度も、南米以外で。
南アフリカ大会で欧州の強豪オランダと同組になった時は嬉しかったものです。
でも優勝経験国のドイツやスペイン、フランス、イングランド(ついでにイタリア)と同組になるのは、実はずっと昔からの希望。
でも今回もまたもや願い叶わず。

で、またもやコロンビアなんですよね。
監督はまだペケルマンがやってる。
全然勝てる気がしない(笑)。
でもせめて前回より良い戦いをしたい!

ここからが、というより、ここからこそハリルの力の見せ所です。
対戦相手が決定してから本大会の試合終了まで、ハリル招聘の意味はこの期間にこそあるはず。
どうか日本のポテンシャルを本番で最大限に出せるよう尽くしてくれ。
負けてもいいから(ホントはよくないけど)、全力を出せずに負けるなんてのは、もう勘弁。



・J1優勝は万年2位返上の川崎フロンターレ

川崎の万年2位はネタとしては面白かったけど、憲剛が一つのタイトルも取れずに引退とかなっちゃうと、さすがにモヤモヤ感が残るので、今回はもう「憲剛おめでとう!」ですね。
号泣シーンにはホロリ。
そりゃそうだよねえとしか思えなかったです。
良かったですねえ。

一方の鹿島。
鹿島にもかわいいところがあるじゃないかと、僭越ながら思ってしまいました。
勝負強いとか王者のメンタリティとか常勝鹿島とか、特に去年のチャンピオンシップの戦いぶりを称して「やっぱり鹿島」なんて言われたりもしたので、今回も「またどーせ鹿島」なんて思っていました。
が。
結局、追いかけられる立場というのは誰にとっても難しいということなんでしょうねえ。
鹿島でさえ例外ではなかったということのようでした。



・昇格するのは名古屋

福岡、残念。
千葉戦に続きまたもや名古屋はジャッジに助けられた印象があるけど、名古屋はリーグ戦を3位で終えているので名古屋が昇格することに異議はありません。

来年は寿人と対戦することになるんだなあ……。
いやあ、複雑だ。
宮原はどうなるんだろ。
帰ってきてくれるのかな。

このプレーオフで今年のJリーグの試合は全て終了です。
クラブワールドカップやら天皇杯やらありますが、やはり意識は代表に向かいます。
これからワールドカップを見据えた親善試合が組まれるけど、ドイツやスウェーデンが仮想韓国ということで日本と試合を組んでくれたらちょっと嬉しいかも。
こっちも仮想ポーランドってことで。
普段出来ない相手と試合が出来たらいいな。

いやー、ホント、楽しみ。
相手が決まると俄然具体的になってきます。
本番に向けて是非とも良い準備をしてもらいたいものです。




[PR]
by teri-kan | 2017-12-04 16:19 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「スペインレコンキスタ時代の王たち」 大相撲への愚痴 >>