「おんな城主 直虎」、次はいよいよ最終回

昨日は「本能寺の変→伊賀越え」だったのですが、実は伊賀越え、すごく楽しみにしてたんですよねえ。
万千代が同行してるし、どんな楽しい逃避行?になるんだろうと思って。
去年の「真田丸」のが出色の出来だったんで、徳川家臣団は今年もよいキャラ揃いだし、それはそれは楽しみにしていたのです。

が、伊賀越え自体はあっさり終了(笑)。
今回は事前に知っていたという展開だったので、去年よりサクサク越えられたようです。
変の後より前がメインでしたね。
伊賀越え自体の見どころは穴山梅雪でした。
「真田丸」でもなんと言っていいのやらという扱いをされたけど、今年も「ううーんこんな顛末」な顛末でした。

そういえば、本能寺の変の首謀者は徳川家康だ、という説を昔見たことがあるけど、今もその説は生きてるのかな?
あまりにも伊賀越えが「準備してたんだろ」と思われるくらい鮮やかすぎるから、といった理由からだったのですが、今回のドラマの逃亡計画立案状態を見てると、黒幕あるいは事前に知っていた説は十分ありなんだと思えてきました。

となると穴山梅雪はどうなるんだろうとなるのだけど、そこはそれ、機転の利いたくっさい小芝居で切り抜ける龍雲丸&徳川家の面々。
さり気なくいなくなって、さり気なく死んじゃったことにしちゃう徳川家臣団。

去年も徳川家臣団は良かったけど今年は更に良いかも!
築山殿と信康の事件は、信長のせいではなく深刻な親子対立が原因だった説が現在大きいそうだけど、こういう気のいい家臣団を見てると、とっても仲の良い徳川家というのがこのドラマには合ってたと思います。
わっるいノブも含めて、一致団結してるお家ですねえ~。

家康にあげる茶道具を吟味してる優しげな信長が信長の最後の描写というのも、ここにきて強烈な印象です。
魔王、これまでの行いに足引っ張られたな。
ていうか魔王に御膳を出されるとかどーよ。
最後の最後で魔王信長はいろんなことしてくれて面白かったです。
大河の信長はいつも面白いけど、今年もまた一風変わってましたね。



うーん、とうとう来週で最後かあ。
寂しいなあ。
今年も面白かったな、大河ドラマ。
きちんと綿密に書かれた脚本でした。
皆いいキャラしてたよね。
今年も好きな人物がたくさんいるなあ。

あ、おとわと龍雲丸、久々の再会でしたけど、龍雲丸が今もおとわのことをとても好きなのが伝わってきて良かったですね。
ヤツは尼小僧様がホント好きなんだな。
二人ともいい大人ってのがありますが、龍雲丸の度量のデカさはいいですね。
相変わらずいい男でした。

いい男が1年間入れ替わり立ち代わりまんべんなく出てきた大河でもありましたね。
キャラで勝負の人も含めて、いい男を楽しませてもらった一年間でした。
あと一回だけど、楽しく終わったらいいな。
キラキラの亀とかアンニュイな鶴とか、悲しい出来事もたくさんあったけど、日の本と万千代(直政)の未来に希望を持ちつつ終わることができたら、ひどい時代を生きなければならなかったとはいえ、直虎も悔いなしの人生だと思います。




[PR]
by teri-kan | 2017-12-11 16:48 | 大河ドラマ | Comments(2)
Commented by まるさん at 2017-12-13 18:28 x
 Teri―kanさま、こんにちは。
 暫く、実生活で色々忙しくなってしまい、バタバタしている内に年末になったという感じなのです。こちらの記事を拝見して改めて「もう、一年経ってしまったのか~」という感慨で一杯になってしまいました。現金な私は、真田丸が終わった後、それなりに大河ドラマは見てはいるけど、何というか、さらっとした鑑賞の仕方でありました。(笑)柳楽優弥とか海老蔵さん、だけでなく家康主従などなど、キャストのインパクトに驚きつつ、それでも、流し見で終わってしまいました。ごめんなさい。(真田ロスとまでは言いませんけど)
 本能寺の変の「黒幕」説! なんか、百花繚乱で名探偵コナンの黒幕説みたいに色々な説が出てますよね。秀吉、朝廷、家康などなど。突然出て来た目の上のたんこぶで、信長ご自身がああいうお人柄でしたから。誰から恨まれても、クーデターに遭ってもおかしくない状況でした。徳川家臣団も最悪の事態に備えて準備は整えていたかもしれませんね。(本人でなく徳川家臣団が)
 信長自身で饗応膳を運んだシーンって、「国取り物語」でも出て来ますよ。信長は家康を案外好きだった様な気もします。あくまでも使い勝手のいい目下の同盟者として、ね。

 このドラマはその回のタイトルに映画(小説)をもじってみたり、中々凝った渋い遊び心を感じました。

 築山殿と信康の件は確かに、信長の差し金とは言えない、という説が今、有力みたいです。戦国時代とはいえ、ちょっと考えられない様な気もするのですけど。

 NHKの大河は戦国と幕末を行き来してる感じですね。
昔は鎌倉とか室町もあったけど、視聴率取る為には仕方がないんでしょうね。
Commented by teri-kan at 2017-12-14 12:46
まるさん様、こんにちは。

一年が早いですね!
私もバタバタしていて、年末だというのに何もできていません。
「直虎」もまだまだ続きそうに見えるし、次で終わりだというのがいまいちピンとこないです。

「直虎」は終盤にきて勢いが出たという感じですね。
「真田丸」はどの回を見てもその回だけで面白かったように思うけど、「直虎」は一年間でじわじわ勝負、みたいなドラマでした。

そうそう、本能寺の変、朝廷黒幕説ってのもありましたね。何年か前に見ました。
なんかもう、本能寺の変だけでいくらでも新たなドラマが作れそうです。
戦国時代ってやはり謎とドラマに満ちてて、大河が戦国ばかりになるのもしょうがないんでしょうねえ。

>信長自身で饗応膳を運んだシーン

自分が家康なら、「とてもじゃないが喉を通らない」と、テレビを見ながら思いましたです(笑)。海老蔵の所作が綺麗な分余計に緊張しました。
ああまで丁寧に信長手ずからもてなされたら……いやあ、あの場にいた人達は心臓バクバクだったと思います。

>昔は鎌倉とか室町もあったけど

そうなんですよね。最近は戦国と幕末に偏重しすぎて残念です。
平安の雅と武士の野蛮さが同居した「平清盛」は面白かったですが、視聴率が全然ダメだったので、古い時代の大河は当分期待できそうにない気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「オオクニヌシ 出雲に封じられた神」 サンフレッチェ広島は城福監督 >>