「蛇王再臨」 アルスラーン戦記13

ドン・リカルドさんが16翼将の最後の1人だったとは。
(いや、まあ丁寧に描かれてきた人物ではあったんだけど、いまいちそんなイメージなくて。)

ジャスワントやジムサのように、故国に帰れなくなった冒頭のチュルク人青年がアルスラーンの部下になるのかなと思ってたんだけど、彼最後は蛇王の鎖削ってるし、なんだかとってもお気の毒なことになってます。

にしても、エステルとザラーヴァントがもう死んでしまったか……。

これから先は誰が死ぬのかビクビクしながら読むしかないのかな。死ぬのは仕方ないとしても、登場人物は皆特に悩みがなさそうで、人間的成長を見せてくれそうな気配がないのがなんだかなあという感じです。

でもなんだかんだで楽しみにしているので作者には頑張って最後まで書いていただきたい。できればもう少し早いスピードで。

で、今後の自分的見所と希望です。

・ナルサスとアルフリードの行く末。できれば成就してほしい。
・ファランギースとグルガーンの因縁がどうにも不気味。
 ザラーヴァントもああいう死に方してしまったし。
・レイラとアルフリードの関係も気になる。レイラを気遣って墓穴掘りませんように。
・アンドラゴラスの娘はおそらくフィトナ。あの豪胆さはまさしく父譲り。
 その場合ヒルメスとの関係がどうなるか。
・アルスラーンの後継はどちらにしろ誰か立てるんだろうけど今のところ候補はゼロ。
 ヒルメスの子供を予想したこともあるけど、古い王家の血が今更歓迎されるとは思えない。
・パラフーダがどんな活躍をするか。唯一蛇王に会ったことのある彼が蛇王とどう戦うか。
 パリザードがもしかしたら何か関わるかも。
・ダリューンのお相手は出てこないのかな。やっぱり最後は絹の国に行くのでしょうか。
・案外ギーヴがまともに死んでしまいそうで怖い。
・ていうか1人でも死ぬ人が少なくあってほしい。でもナルサスは死んじゃうんだろうなあ(涙)。

そうそう、シャガード殺されてしまいましたね。
死んでも全然惜しくない人ですが、にしても最後の最後まで中途半端な知恵者っぷり全開で、あまりに空しい人生でした。
一体なんのために顔を焼いたんだ……。




[PR]
by teri-kan | 2008-10-21 15:34 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 登場人物の感想、まずはロン 「ボディガード」(1992) >>