2014年 11月 16日 ( 1 )

ATPツアーファイナル準決勝 錦織VSジョコビッチ

1-6、6-3、0-6。
うーん。
気持ちは複雑だ。
よくやったと言っていいのか、惜しかったと言っていいのか、どっちなんだろう。

第1セットは鬼ジョコビッチ。
こんなのどうすりゃいいのさって感じ。

第2セットは途中から完全な錦織ペース。
というか、第2ゲーム、ジョコビッチに何が起こったのだ?
あれが謎。今も理解不能。

逆に第3セットの錦織。
第1ゲームの大チャンスを逃してからは、ズルズルズルズル……。
錦織にもジョコビッチにも、なんだかよくわからん最終セットになったような印象でした。
それでも勝ってるジョコビッチはやっぱり「さすが世界王者」なんだけどさ。

チャンスがあっただけに惜しいですよねえ。
第1セットの鬼ジョコビッチから鬼でないジョコビッチに引きずり下ろすところまではできたけど、その後がもったいなかったなあ。
本当に惜しいなあ。
でもこれさえなんとかできれば、今後はジョコビッチにだって普通に勝っておかしくないってことになるよね?
錦織にはまだまだ成長の余地があると考えれば、未来は更に明るい!?

にしても、ジョコビッチとのラリーは緊張しますねえ。
フェデラーの時とはまた違った緊張感。
フェデラーの場合はワクワク感の方が勝るんだけど、ジョコビッチのは緊張する。
神経すり減る感じです。

それも含めて楽しませてもらいました。
素晴らしいベスト4でした。
錦織ありがとう。
ゆっくり休んで、手首をお大事に。




[PR]
by teri-kan | 2014-11-16 02:07 | スポーツ | Comments(0)