2017年 12月 01日 ( 1 )

大相撲への愚痴

特別相撲にも相撲界にも詳しくない、面白いから相撲中継を時々見る、といった程度の人間にとっても、こないだの九州場所は萎えに萎えました。

万全でないとはいえ、全く横綱らしくない稀勢の里、続々出る故障による途中休場者、事件絡みで日馬富士もいきなり休場、さすが白鵬は安定して強く、大相撲は白鵬で持ってると言っても過言ではないと思っていたところに、あまりにも見苦しかった物言い事件勃発、反省して殊勝な態度をとるかと思いきや、優勝インタビューで「土俵にあげてやりたい」などと分をわきまえない発言をし、挙句の果てには万歳三唱。
もうね、ガッカリというかうんざりというか、本当に萎えた。

それでも万歳三唱は別に違反行為ではないし、こういうところは日本人と感覚が違うのかな?と思っただけで、それをどうこう言うつもりはなかったのだけど、場所後の暴行事件の推移の仕方のあまりの異様さに、これはやっぱり今盛んに言われているモンゴル力士会なるものが諸悪の根源なのか?と、それについてじっくり考えてみなければいけない気になってきました。

もうねえ、全然知らなかったですよ。
彼らの星の融通疑惑なんて。
そりゃあれだけ人数がいるんだから相撲界にモンゴル閥はあるだろうと思ってたけど、星をやり取りし合うモンゴル互助会と呼ばれていたなんて、なんなのよもうって感じ。
しかも今回の事件の真相が、それに与してなかった貴ノ岩へのモンゴル互助会による集団リンチである、なんて話になってて、もう心底げんなり。
ダメだもう。
こんな汚いところを見せられてはダメだ。

もちろんまだ噂レベルの話だけど、状況的にも現象的にも疑われて仕方ないというところが、既にダメなんですよねえ。
疑われるような状況を作ってたのなら、それこそ極力大人しくしてるべきでした。
こんな暴力事件を起こしたら、そりゃもうありとあらゆる話が出てきますよ。
増長してたと言われてもしょうがないでしょう。



前の騒動はなんだったんですかねえ。
反省してクリーンな相撲界になるんじゃなかったんかい。
お相撲さんは気は優しくて力持ちじゃないんかい。
横綱が立場的に抵抗できない人間を殴り続けるなんて、どこの暴力人間よ。
しかも一緒にいた横綱二人もすぐに止めずに、おそらくしばらくの間は見ていただけとか、ホントにもう勘弁してって話です。

別に綺麗ごとだけ言うつもりはないんだけど、とにかく入ってくる情報が醜いものばかりなので、鵜呑みにしてはいけないと思いつつも、大相撲に対する印象度がダダ下がり。
熱心な相撲ファンの中には、今回の事件を残念に思う一方で、世間からあまりにバッシングされてることに腹立たしさを感じてる人もいるようですが、さすがに今回は内容が非常に問題なので、普段相撲を見ないような人からも叩かれたりすることは、甘んじて受け入れるしかないと思います。



モンゴル人力士、強いし、個性的な人が多いし、普通に見てて楽しかったんですけどねえ……。
若いうちから一人祖国を離れることは大変だし、異国の中でも特殊中の特殊な相撲界に身を置くわけだから、気心知れた同郷人とつるみたくなるのも理解できるのです。
でもそれが利権集団みたいになっていくのはダメでしょう。
それをコントロールできなかった相撲協会も全然ダメでしょう。

こんなことでは初場所も全然楽しめそうにないなあと、それがホントに残念。
一体何に注目して見ればいいのか。
やっぱり豪栄道か。

相撲協会、一体どうなるんですかねえ。
今回の問題、きちんと処理してもらいたいな。
どちらにしろ鳥取県警待ちですが。
穏便に、なんてのはもう無理だから、腹をくくってほしいと思います。




[PR]
by teri-kan | 2017-12-01 11:27 | スポーツ | Comments(0)