カテゴリ:その他のエンターテイメント( 5 )

玉木のヴァルモン

「危険な関係」
原作:ピエール・ショデルロ・ド・ラクロ
脚本:クリストファー・ハンプトン
演出:リチャード・トワイマン
主演:玉木宏

只今東京で上演中。
来月は大阪で上演予定。



見てないし見に行く予定もないのですが、できれば見たい気持ちはある。
玉木のヴァルモン。
いいじゃないですかー。
これぞ玉木の色気の正しい使い方。

玉木を「日本のジェラール・フィリップ」と勝手に思ってる身とすれば、ヴァルモンを玉木が演じるのは至って正しいことなのです。
なぜ玉木をジェラール・フィリップと言うのか?というのは、できれば以前の記事をご覧下さい。
そこでも書きましたが、玉木の色気は人々を幸福にするものなのです。
とても質が良いのです。
古典作品の男前を演ずるのにピッタリなのです。

もちろん玉木は現代日本人なので、ラクロの描いた18世紀末の貴族でもなければ、ジェラール・フィリップの演じた50年代のパリ上流社会の人間でもありません。
しかし現代風のエロさを表現しつつも(写真と映像をちらっと見たけど、かなりサービスよさそうだ)、確かな品があるのです。
ていうか、舞台を観てないので完全な憶測だけど、品があるはずなのです。
やってることは下品だけど品があるという男。
ヴァルモン玉木、きっと良いと思います。

映画はジェラール・フィリップとジャンヌ・モロー出演のものも、グレン・クローズとジョン・マルコビッチ出演のハリウッド版も観ましたが、昔すぎて内容を覚えていません。
原作も読んでません。
だから玉木がヴァルモンに合うはずだというのは、ホントに「ジェラール・フィリップがやってたから」という理由だけです。

で、今回改めて思ったんだけど、ジェラール・フィリップは玉木の今の年齢よりも前に亡くなっちゃってるんですよね。
ホントに早すぎる死でした。
「危険な関係」は亡くなったその年の作品なのです。
「ああ、この時はもう病気だったんだ、もう死は近いんだ」と思いながら映画を観た気がします。

それと比べると、玉木は公開ゲネプロの映像を見る限り元気いっぱい。
あの体で元気じゃないって言われた方が驚く。
健康なのはありがたいことです。
玉木の色気はありがたいものだから、観に行けない人のためにも津々浦々お届けしなければ。

というわけで、いつかテレビでやってくれないかなーとか思ってみてみたり。
無理を承知で言ってますけど、放送してくれたらうれしいな。

もちろん舞台自体がつまらなければダメですが。
肝心要はそこなので、好評だったらいいなあと、切に願っております。




[PR]
by teri-kan | 2017-10-16 11:55 | その他のエンターテイメント | Comments(2)

呉市の呉氏

ローカルニュースで見て驚いた。
ゆるキャラには全然詳しくないんだけど、こんなタイプこれまでいたっけ?

広島県呉市、新キャラクター「呉氏」とテーマソング「呉ー市ー GONNA 呉ー市ー」のPV公開





くれーしー・ごな・くれーしー
[PR]
by teri-kan | 2017-02-03 14:30 | その他のエンターテイメント | Comments(0)

テレビの行方

テレビ業界の意義を問うような出来事がここ最近続いています。
デモまでされてるフジテレビの偏向放送、反社会組織との癒着を暴かれた某司会者の引退、別の司会者からは「闇社会に解決してもらうことは普通に起こりえる云々」などといった発言も飛び出し、「テレビはここまで腐っているのか」という思いばかりが出てくる今日この頃です。

ちょっととりとめないかも
[PR]
by teri-kan | 2011-08-26 12:26 | その他のエンターテイメント | Comments(0)

キャンディーズのスーちゃん

私は年齢的にはキャンディーズの活動の最後頃に引っ掛かっていた年代で、記憶に残っている一番古い女の子アイドルは、多分キャンディーズなのです。
浅田美代子とかもTVでは観ていたらしいのですが(母親によるとTVで歌う浅田美代子に向かって「このひとヘタ!」とか言い放つ子供だったらしい。私は覚えてないのですが)、でもそういった歌番組の記憶はさっぱりなくて、私がキャンディーズを思い出す時は「8時だよ!全員集合」と完全にセットなのでした。
マット運動や跳び箱やってたなあとか、もちろん「8時だよ!全員集合」は彼女やゲスト達の歌もあって、あの大エンターテイメント番組のインパクトがあったからこそキャンディーズの記憶が子供ながらに鮮やかに残っていたのだと今では思います。

可愛く着飾った3人のお姉さん、というのが子供の目には眩しかったですが、キャンディーズって実は歌がいいんですよね。メロディと詞がピッタリで、歌いやすいし覚えやすい。数あるヒット曲の中でも「微笑みがえし」はやっぱり名曲で、別れをあんなに明るく甘酸っぱく切なく前向きに歌った曲は他にないんじゃないかというくらい、女の子のための春のお別れの曲だと思います。

今回スーちゃんが乳ガンだったと知って、そういえばNHKのドラマ「華岡青洲の妻」に出ていたじゃないかと思い出して、とても驚きました。
あのドラマは乳ガンを患っている女性にとってはキツイ場面も多くて、よく出演したなあと思わずにはいられません。青洲とその家族の努力があってこその現在に続く医療の進歩ではあるのですが、今以上にどうにもならない昔の乳ガンの悲惨さがドラマでは描かれていたので、その辺は健康な私でも観るのが辛かったですね。
もちろんあのドラマのテーマは青洲をめぐる嫁と姑の確執で、スーちゃんは青洲の母親役だったのですが、姑という立場だけではなく女として嫁と対立しているところが印象深かったです。色気があって、情念がものすごかった。妻役の和久井映見と良いコントラストだったと思います。

告別式で流れたスーちゃんの肉声を聞いていると、本当にまだまだ女優をやっていたかったんだろうなあと思います。多分おばあさんになってもバリバリドラマに出演するような女優さんになったでしょうね。またいいおばあさん役も出来ただろうなあと思えるから本当に惜しい。

55歳は早すぎますね。
逝ってしまうにはあまりに早すぎました。
[PR]
by teri-kan | 2011-04-27 11:28 | その他のエンターテイメント | Comments(0)

「銀河英雄伝説」の舞台

なんと、現在「銀河英雄伝説」(以下「銀英伝」)の舞台をやってるんだそうです。
ビックリ!
いやもう疑問がいっぱいですよ。
戦闘シーンはどうなってるんだろう。宇宙空間はモニターで見てる様子でOKとか?

同じ舞台でもタカラヅカでやったらいいのにと言ってる人がいて、なるほどと思ったりもしました。(特に帝国側。)
ラインハルトの物言いは確かにタカラヅカっぽいですもんね。「卿が~」といった言い回し、タカラヅカの男役の人にすごく似合いそう。

ちなみに現実にはこの方々が演じています。 → 写真付キャスト

個人的には男前ロイエンタールが気になるところですが、一番「え?」なのはやっぱりオーベルシュタインでしょう。
貴水博之ってアンタ、オーベルシュタインはもっとこう、いかにもオーベルシュタインな人じゃないといけなくないか?
もっとゲッソリしてて、目つきがサイアクで、声は低くて、限りなく冷徹。
貴水はちょっとキラキラしすぎてないかなあ。(←昔のイメージで言ってます。)

残念なのはファーレンハイトがキャストの中に見当たらないこと。
結構好きだったんですけどね、この人。クールで。

にしても「銀英伝」って相変わらず大人気なんですねえ。
どういった人達が観にいくんだろ。
ちょっと気になる。




[PR]
by teri-kan | 2011-01-13 00:41 | その他のエンターテイメント | Comments(0)