カテゴリ:本( 130 )

「マノン・レスコー」

アベ・プレヴォー作、新潮文庫。
有名なフランスの恋愛古典小説です。



「マスケティアーズ」から出発したフランス文学の旅は、なぜかマスケからどんどん離れて「マノン・レスコー」へ。
持ってる本から選んでるのでしょうがないのです。
マスケとつながってるのは、もはや「愛」だけ。
フランスはやはり「愛あればこそ」。

物語の年代は本文中に書かれてないけど、刊行されたのが1731年なので、その頃のお話と考えてよいと思います。
「マスケティアーズ」からちょうど100年後、ルイ14世の孫のルイ15世の時代。
ルイ15世も戦争にあけくれた王様でしたが、本作が出た頃はちょうど平和な時期で、かなり繁栄していたとのこと。
実際物語に戦争の匂いはしないし、そういったものに引き裂かれる理不尽さといったものもありません。
政治の匂いもしない。
ようするにホントに恋愛しか出てこなくて、愛に突っ走る様のみとことん描かれてる話。
そしてそんなことが許される人、そんなことが出来る人となると、主人公はもうこれしかなくて、まだ十代の男女なんですね。
マノンは物語終了時点でまだ二十歳そこそこなんじゃないかなあ。





お話の感想とアメリカについて
[PR]
by teri-kan | 2016-11-18 11:06 | | Comments(0)

「タンド伯爵夫人」

ラファイエット夫人作、岩波文庫。
文庫本「クレーヴの奥方」に収められている三作のうちの第三作目です。
超短編。

物語のスタート時期はカトリーヌ・ド・メディシスの摂政最初の年ということだから、前作「モンパンシエ公爵夫人」と同じシャルル9世時代とはいえ、あれより何年か前のこと。
ユグノー戦争勃発前年ですね。
そこから数か月から数年?のお話なんですが、状況説明は最初の2ページで完了(笑)。
感心するしかない簡潔さです。
簡潔なのに人間関係がよくわかるのにも感心
そこからどう事態が動いていくのか、といったお話です。





感想
[PR]
by teri-kan | 2016-11-14 09:26 | | Comments(0)

「モンパンシエ公爵夫人」

ラファイエット夫人作、岩波文庫。
文庫本「クレーヴの奥方」に収められている三作のうちの一作です。

「クレーヴの奥方」はアンリ2世からその子フランソワ2世の時代のお話で、今回の「モンパンシエ公爵夫人」は短命だったフランソワ2世(在位1年!)の次の王、弟シャルル9世の時代のお話。
内戦(ユグノー戦争)真っ盛りで、主人公の夫モンパンシエ公はしょちゅう戦争に行ってます。

夫人と恋愛関係になる男性はギーズ公アンリで、デュマの小説や映画で有名な「王妃マルゴ」の主人公マルグリット・ド・ヴァロワに愛された男性として知られている人物。
「マスケティアーズ」関連で言うなら、愛すべきバカ王ルイ13世の父親アンリ4世と王位を争った人物であり、第6話で起こった母后マリー・ド・メディシスのクーデター未遂事件に与した貴族の一人であるギーズ公シャルルの父親。
原作「三銃士」関連で言うなら、アラミスの恋人でアトスとも関係するシュヴルーズ公爵夫人の夫シュヴルーズ公クロードの父親。
アグレッシブな男前だったと言われてる人です。

ちなみにメアリー・スチュワートとは従姉弟の関係になります。
彼女が登場する「クレーヴの奥方」に出てくるギーズ公は本作のギーズ公アンリのお父さんで、ロレーヌ大僧正はアンリの叔父さん。
ラファイエット夫人の書いた小説でギーズ家の方々は大活躍なのですが、あの時代(ヴァロワ朝末期)のギーズ家がどれだけ力を持っていたかということでもあるのだと思います。





お話の感想
[PR]
by teri-kan | 2016-11-07 11:17 | | Comments(6)

「クレーヴの奥方」

ラファイエット夫人作、岩波文庫。
出版は1678年で、「恋愛心理小説の祖」と言われる有名なフランス文学です。



フランス、フランス!
とにかくフランスの宮廷モノ!
マスケロスここに極まれり!
……ということで読んだ本です。





ドラマと同じだったり違ったりしてる宮廷恋愛事情
[PR]
by teri-kan | 2016-11-02 11:36 | | Comments(0)

「問題は英国ではない、EUなのだ」

副題は、21世紀の新・国家論。
エマニュエル・トッド著、文春新書。

経済や景気からじゃないイギリスのEU離脱を解説してる文章って少なくて、新聞でも歴史学の先生が書いてたのってちょっとしかなかったような気がします。
マスコミの論調は「イギリスの選択は愚かだ」が主流だし、そんな中でこの本は結構貴重なのではないかと思います。





感想
[PR]
by teri-kan | 2016-10-14 15:19 | | Comments(0)

「138億年の音楽史」

浦久俊彦著、講談社現代新書。

新書としてはかなりブ厚いのですが、文章は読みやすく、ページはサクサク進みます。
音楽の本ですが、内容は楽曲紹介や作曲家紹介といったものではなく、哲学から見た音楽、神学から見た音楽、感情から、あるいは権力から、そして当然物理学から見た音楽、等々、この世にとって音楽とは何かといったことを様々な分野から解説してる本です。

こういうのを読むたび、数に強い人を羨ましく思うのですが、音そのものは物理の世界に属しているものなので、比率の美しさ等がわかれば音楽の見方どころか世界の見方も違うんだろうなあと、理数系がボロボロな自分が悔しくなります。

そういった数字音痴の人間の感想が以下に。
数には弱いが音楽は好きなのです。





音楽とは何か
[PR]
by teri-kan | 2016-08-31 11:57 | | Comments(0)

「日本語通」

山口謠司著、新潮新書。

帯の「藤原不比等がプディパラのプピチョ?」が目をひきますねー。

「はひふへほ」は「ぱぴぷぺぽ」と昔は発音していた、というのは何かで読んだことがあって、でもそれがなぜかと言うのは知らなくて、なのでそれについて書かれてある本なのかなと思って読んでみたら、なんと中身は発音だけじゃなく、タイトル通り「日本語通」な日本語全般のお話でした。
なかなか面白かったです。

普段の会話でも使えそうなウンチクとか、学生時代に読みたかったなあと思える文法の話とか、発音についての解説はちょっと難しいところもあったけど、「ほほー、だからぱぴぷぺぽー」と理解しやすい内容。
古代日本人の話し言葉だった日本語が、どのような歴史をたどって今私達が知ってる日本語になったのか、その時代時代で日本語を成り立たせるために、あるいは守るためにどんな苦労が払われていたのか、そんなことが書かれています。

古代の通訳のお話が面白かったですね。
日本人が中国に渡って学んだり、中国人の先生が日本にやってきたり、当時のスーパーエリートである僧侶の日本語への貢献ってすごいなって思えます。
仏教やお経の影響って膨大というか、中国で出来た漢字のお経だって元はサンスクリット語で書かれたインド産ということで、サンスクリットがなければ日本語も今のような日本語になっていないんですよ。
仏教とお坊さんにありがたや~な気持ちになります。

個人的には古典の文法について、せめて高校生の時にこれを読みたかったなあって感じでした。
わかりやすいんです。覚えるのに苦労してる人にはちょっとオススメしてみたいかも。
あとウンチク部分は超気楽に読めるのでここもオススメ。
やっぱり日本語って面白いですよ。
こういうのこれまで読んだことないって人にこそオススメの本です。




[PR]
by teri-kan | 2016-08-26 13:30 | | Comments(0)

「西洋音楽史」

岡田暁生著、中公新書。


非常に好感度の高い本。
何がかと言うと、誤解を恐れずに書くなら、クラシック専門家にありがちな偉そうな感じがしないということです。
音楽に対して謙虚なんだろうなあと思うと同時に、読者へも謙虚。
特にここが大事だけど、クラシック素人に対して謙虚。
目線の高さが同じに思える。
クラシック専門家から時に感じる圧迫感、某巨大掲示板でさえ時折感じさせられる素人を物の数に入れないかのような雰囲気、言うなればエリート臭、そういったものがこの本からは感じられなくて、私のような素人でも心地よく読むことができました。





神と音楽と感動が合わさる幸福
[PR]
by teri-kan | 2016-07-13 14:54 | | Comments(2)

「戦旗不倒」アルスラーン戦記15

一応読むには読んだんですが、感想を書く気力が湧いてこない……。
でも読んだという事実を残しておくため、とりあえず書けることを書きます。
当然ながらネタバレありです。





確かにフラグは倒れなかった
[PR]
by teri-kan | 2016-05-25 00:02 | | Comments(6)

「インフェルノ」

ダン・ブラウン著、角川文庫。

おなじみ世界有数の観光地が舞台のラングドン・シリーズ。
真面目に読めばダンテと「神曲」とフィレンツェに詳しくなれる本です。

今回探し求めなければならないのは、これまでのような人類の英知の結晶ではなく、大いなる歴史の謎でもなく、ある意味ロマンの欠片もない、超無粋なものであります。
ただ、無粋ではあるけどインパクトは強い。
これまでのお話が過去を求めるものならば、今回は「未来」を求めたと言っていいかもしれません。
この「未来」をどう捉えたらよいのか、簡単には答えが出そうにないけど。

「え?これでいいの?」と正直思わないでもないし、でもダン・ブラウンにとってはこれこそが理想なのでしょう。
いや、理想というより、これしかないといった感じか。
個人的には嫌な未来ですけどね。
これは男女で感想が分かれるような気がします。



というわけで、ここから人口問題についての考察。
ネタバレあり。





増加する人口とキリスト教
[PR]
by teri-kan | 2016-05-20 00:30 | | Comments(0)