<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

春はあけぼの

個人的な「春はあけぼの」を夏、秋、冬、とこれまで書いてきたけれど、唯一清少納言と一緒なのが春。私も春はあけぼのだと思います。
しかも「やうやう白くなりゆく」まで同じ。
でも白くなってるのは山際ではなくて窓の外。
部屋の中の閉まっているカーテンを見て、外が明るくなってきたなあ、明るくなるの早くなったなあ、春が来たなあって思うという感じ。
「やうやう」は時間的というより日数的なスパンですね。

ヨーロッパのサッカーってビッグマッチは大抵夜に開催されるんだけど、現地の夜の試合は日本時間の朝3時半とか4時半開催なんですね。で、熱心な海外サッカーファンだった昔、頑張ってその時間に起きてよくTV観戦していたのですが、後半も半ばになってくるとだんだんと外が明るくなってくるのが目に見えてわかるのです。
2月なんてまだ真っ暗なんですけどね、でもチャンピオンズリーグも準々決勝、準決勝と進んでいくうちに明るくなる時間がどんどん早くなって、あー春だなあ、夜が明けるのが早くなったなあって思って、で、決勝戦の頃には試合終了後はすっかり朝。いよいよ春も終わったなって気分になる。

ネットの実況なんかでも試合中に「外はまだクライファート」とか「外はもう明るいコスタ」とか、サッカーファンにしかわからない夜明けネタがお約束のように出たりして、そういうのも含めてヨーロッパサッカーの未明のTV観戦は楽しかったですね。「春はあけぼの やうやう白くなりゆく」を考えると必ずサッカー観戦を思い出しちゃうし。

こうして振り返ってみると、夏は夕方で、秋は宵の口で、冬は夜で、春は曙ってことで、個人的に思う季節感って太陽の動きに関連してるようです。
日の入りと日の出。でも日照時間というより夜の時間。
単純な暑い寒いではなかったなあと、我ながら初めて気付いて面白かったりします。
太陽に支配されてますね。
春分と秋分ってやっぱり大切だな。

ちなみに今朝のCL準決勝セカンドレグはレアル・マドリーがバイエルンをボコボコにして決勝進出。
試合は見てないけど、マドリーファンには爽やかな夜明けだったことでしょう。
バイエルンファンは、まあ、しょうがないですね。
ブンデスで無理矢理な一強体制を作っておきながらヨーロッパでこの体たらくなんで、バイエルンは大批判を浴びればいいと思います。




[PR]
by teri-kan | 2014-04-30 16:38 | その他 | Comments(0)

週末のスポーツ3件

・カープ、延長サヨナラ3ラン、巨人に勝ち越し

もう春の珍事ではない! 真の実力だ!
……と言っていいでしょう。
もう何年も「どうやって借金を返せばいいのか」ばかり考えていたので、貯金が二桁もある今の状況が夢のようです(笑)。
どうかこの貯金を取り崩すことなく、これからもコツコツ貯めていってもらいたい。
ホント、気持ち悪いくらい打線はつながるしタイムリーは出るし、どうしちゃったの?カープって感じですが、どうか秋までこの調子でいってもらいたいなあ。



・サンフレッチェ、鹿島に完敗

W杯中断期間までは我慢するしかないですねえ。
疲労は理解できるんだけど、FWが点取れてないのはキツイ。
塩谷に浮かれてる場合じゃないです。
チーム内得点王がDFだなんて、危機の始まりだ。
運動量が戻れば他チームの広島対策にも対応できるようになると思うんで、とにかく5月は辛抱。
元気になったらまたゼロックスのような試合を見せておくれ。



・ギグスユナイテッド、初試合で大勝

ギグスの初采配試合を見たんですが、香川がイキイキしてましたね。
ていうか、皆がそうでした。
チームの雰囲気が良くなったようで何よりです。

モイーズ、結構好きだったんだけどな、顔は。いかにもイギリス人っぽくて。
でもギグスの監督姿もカッコよかったから良し。
あの人は雰囲気ありますよねえ。

モイーズ、結局ビッグクラブを率いる器じゃなかったってことか。
ユナイテッドは大金無駄にしちゃいましたねえ。
彼を推薦したのはファーガソンだったということで、うーん、ファギー、晩節を汚したというんでしょうか、最後の最後で最悪な仕事をしてしまいましたね。

香川は急いで調子を上げて6月に間に合わせて下さい。
なんとかシーズン中にゴールが決まるといいね。
[PR]
by teri-kan | 2014-04-28 16:21 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

ACLとJリーグの日程

ACL、決勝トーナメント進出クラブが決まりました。

つらつらと思うこと
[PR]
by teri-kan | 2014-04-24 16:56 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

「花子とアン」

ごきげんよう、さようなら。

美輪さんの語りがいいですねえ。
特に締めのお言葉。
最初は「え!?」ってびっくりしたけど、慣れるとこのテンポが心地よくなってくる。
精神の安定にいいですね(笑)。ゆったり感が気持ちに余裕を生みます。
花子につきすぎず離れすぎず、いい距離感で語っているし、言葉がよく聞こえる。
上手い人なんだなあと思いました。
まあ、深刻な展開の時でもいきなり「ごきげんよう」とくるので、やっぱり「え?」って思うことはあるけど。

村岡花子が翻訳した本には小中学校時代にお世話になりました。
当時は少女向け西洋文学の訳者といえば村岡花子という印象でした。
「赤毛のアン」も読みましたよー。
アンのシリーズはとても長くて、10巻くらい出てたかな?(講談社の単行本です)
4巻か5巻くらいで読むのやめちゃったけど、今なら大人のアンの物語も楽しく読めるかもしれません。

とはいっても、やはり最も魅力的なのは1巻目の「赤毛のアン」で、これは何回か読み返しましたが、ダイアナとキャイキャイやってるのが読んでて一番楽しかったように記憶してます。
女の子同士の親友関係ってね、危うかったりもするけどいいもんですよ。
今日のドラマでいうなら「腹心の友」ですね。
蓮子さんとのこれからが楽しみです。

実は村岡花子訳の本では「あしながおじさん」が好きで、小学校の時はこれをやたら読んでいた記憶があります。
当時読んでた西洋の少女向け児童文学って主人公が孤児という設定が多いですよね。で、彼女達はなかなか手に入らない綺麗なものとか洋服とかお菓子とかにお話の中でも憧れたりするのだけど、その憧れが読んでる当時の私の憧れと重なって、余計にわくわくしながら読んでいたように思います。
あの頃は今のように身の回りが外国製品であふれてませんでしたからね。
日本の一般庶民の女児には見ることのできない外国のアレコレへの憧れを、お話の中の主人公に託していたというところ、結構あったのかもしれないなあと振り返ってみて思います。

朝ドラは秋からは竹鶴さんだし、西洋文化づいてますね。
英語が飛び交う1年になりますね。
[PR]
by teri-kan | 2014-04-21 16:05 | 朝ドラ | Comments(0)

ピアノソナタ 第3番 ロ短調 作品58 / ショパン

1844年作曲のショパン作品。
私が持っているCDはピアノソナタ2番と子守歌、舟歌が一緒に収録されているポリーニ演奏のものですが、2番を聴く頻度に比べて長らくこの3番はほとんど聴いていないに等しい曲でした。

なんていうかですねー、うーん、2番と比べるとわかりにくかったというか、要するに素人にはとっつきにくかったってことなんでしょうけど、CDをかけてもただ流してたって感じのことがこの3番は多かったですね。

でもお陰様でショパンの他の曲を頑張って聴き込んでいるうちになんとなく聴き方がわかってきたというか、きちんと聴こえてくるようになったというか、まあ簡単に言えば慣れてきたってことなんでしょうけど、今ではショパンの中でもかなり好きな曲になっています。
2番よりも好きですね。こっちの方が気持ちよく聴けるし。
2番同様どの楽章も個性があるけど、2番よりも断然一つの作品としてまとまりがあって、気分の流れと曲の流れがスムーズに合わさる感じがします。

メインはやっぱり第1楽章ですかね。これだけで充実していて、で、第2楽章はサクッと軽く、第3楽章は穏やかにゆったりと、そして第4楽章でカッチョよくー!
第4楽章はいかにもラストを飾りますといった堂々たる曲で、いい雰囲気で締めてくれます。

個人的には第1楽章と第3楽章が好きですね。第3楽章の一歩間違えれば平凡?って旋律が、いい感じにたゆたって流れていくのが好きです。
第一楽章はとにかく美しい。流れるようにスムーズに、全く無理がなく、本当に綺麗に進んでいく。
始めはとりとめがない感じに聴こえたけど、まあ今でもとりとめがないのは変わらないんだけど、ショパンのとりとめのなさは慣れてくると超気持ち良くて、言葉は悪いけどダラダラしながら聴くのがいいかと思います。耳は研ぎ澄ましながらも体はダラダラ。オシャレなカウチソファみたいな長椅子にゆったり座ってる当時のサロンの絵のご婦人のように。

音楽的にこの「とりとめのない感じ」をどう言葉で表現すればいいのかわからないのが残念です。
好きだからいろいろ言いたいのに、素人の悲しさです。
[PR]
by teri-kan | 2014-04-18 11:27 | 音楽 | Comments(0)

仁和寺の御室桜

御室の八重桜、9割が一重に変異? 京都・仁和寺

「徒然草」の「仁和寺にある法師」のおかげで日本人なら誰でも知っている仁和寺。
ここは春に盛大に花を咲かせる御室桜が素晴らしいのですが、なんと、八重に改良されて長年やってきたはずの桜が、九割がもとの一重に戻っていたということで、いやー、面白いですねえ、桜って。
ていうか、品種改良で出来た桜だったんですね、御室桜って。

ここの桜は一回しか見たことないのですが、その一回がちょうど満開の時だったこともあって、すごくいいもの見せてもらったという記憶が強烈に残っています。
桜の大群が目に入った時は、「ここはどこの天国?」ってマジで思いましたからね。
「桃源郷ってここでしょ!」って本当に思ったくらいでしたから。

ホント、笑えるくらいモコモコに桜が咲き誇ってて、しかも木の背が低いから人間を取り囲むようにして咲いてるんです。
まさしく自分の周りすべてが「花!」って感じ。
ほら、ソメイヨシノって見上げないといけないじゃないですか、花を見ようとすると。
でも御室桜は花が目の前にあるので本当に極楽。
こんないいところ他にないってくらい素晴らしかった。
あれはお金払って見る価値がある。
見るというより、体感させられるって感じです、あの感覚は。

で、私が見たのはもう十年以上は昔のことなんだけど、あの時から一重の桜が多かったのかどうなのか、ちょっと気になる。
実は八重も一重もどちらもそれぞれに綺麗だけど、八重の方がたくさん咲いた時のモコモコ感が出るように思うので、超満開時のモコモコ感が一重の割合が増えたことで薄れることになったら、ちょっと寂しいかも。
まあ基本どっちでも構わないんだけどね。一重は一重の可憐さがあるし。
八重でも一重でもいつまでも元気に咲いてくれればというのがなんといっても一番だし。

にしても、桜って不思議です。
古来より品種改良されまくってますけど、先祖返りなんてことあるんですね。
遺伝子ってしぶといな。
他にもちょっとずつ変わってる桜もあるのかもしれませんね。




[PR]
by teri-kan | 2014-04-16 14:45 | その他 | Comments(0)

「SWAN 白鳥の祈り」

有吉京子「SWAN~白鳥」の姉妹編。
途中ちょろっとですが真澄とレオンが登場します。

「SWANモスクワ編」が終了したため、しばらくSWAN本編は連載お休み。
代わりに「SWAN MAGAZINE 2014 春号 Vol35」には本作が掲載されているのですが、冒頭30Pということで、話の本筋に入る前にブツ切り状態で終わっています。
なわけで、久々に古い本棚から引っ張り出して「SWAN白鳥の祈り」を最初から最後まで読んでみたのですが、いやあ、ちょっと新鮮でしたね。
ここ何年かモスクワ編でバレエ人生がどうとか覚醒のバレエがどうとか、かなり次元の高いところのお話が展開されていたので、バレエ学校の生徒の現実的な生活がかえって面白かったです。

とはいえ、人物造形は今一歩だったかな。
あるべきストーリーに当てはめたキャラクターって感じで、キャラの広がりや深みには乏しい。
プロットの枠からはみ出るほどの魅力が登場人物に持たせられなかったのは、真澄とレオンを登場させたいがために書かれたお話だったからか?とか、ちょっと邪推してしまいそうになるのですが、そうでないならドイツ編に桐生さんを出したりとか、そういうことしてもいいんじゃないかなあと思いました。

青石さんがここでも可哀想なんですよねえ。
なんかこう、ずっと報われなくて、子供世代になってもやっぱり真澄との関係性は変わってなくて、どこかでいい目をみてもらいたいなと思います。
青石惺君は非常に有望そうなので、3代目にしてやっと宿願達成かって感じですが。
彼がプロダンサーとして大成したら、青石さんのためにも良かったなあって思いますね。
今回「白鳥の祈り」を読んで改めて思いました。



ちなみに私は本作をプリンセスコミックスデラックスの上下巻で持ってるんだけど、下巻の後半に収録されている「カリフォルニア・パーティー」の登場人物、杠(ゆずりは)さんがかなりお気に入りでした。
高校生離れした、というか日本人離れした男の子なんですよね。
この頃は絵がとても綺麗で(今も綺麗だけど)、大変読みよいです。
[PR]
by teri-kan | 2014-04-14 11:15 | 漫画(SWAN) | Comments(0)

充実の「ごちそうさん」

既に終了したドラマですが、上手く出来たドラマだったなあということで、ちょっと思うことを書いてみる。





衣食住の食
[PR]
by teri-kan | 2014-04-11 10:54 | 朝ドラ | Comments(0)

ピアノソナタ 第2番 変ロ短調 作品35 「葬送」 / ショパン

ショパン、1939年作曲の作品。
第3楽章「葬送」のみ1937年作だそうです。
シューマンに言わせるとこのソナタは「乱暴な4人の子供をソナタの名で無理やりくくりつけた」だそうで、一つの作品としてはイマイチ統一感に欠けると言われています。
うん、まあ、それは確かにそうかも。

しかし、さすがまとまりがないと言われている曲達であります。楽章ごとに個性があって、素人にはかえってありがたい。
それぞれ独立した曲を聴いているようで、飽きたりダレたりすることがないんですよ。
ていうか、そもそも旋律が聴きやすい。第1楽章も第2楽章も美しいながらも激しくて、高揚感に簡単に包まれる。
3楽章は打って変わって葬送だし、最後の第4楽章はアレだし、最初から最後までハイテンションを持続できるんですよね。
「ピアノの音は眠くなっちゃうー」「長い曲は眠くなっちゃうー」なんて感じの方にこの曲はかなりオススメできるのではないでしょうか。

実はピアノソナタといえばベートーヴェン、モーツァルトといった古典派のイメージが強く(私がそこら辺までしかピアノを習っていなかったというのもある)、なんとなくキッチリカッチリした音楽といった感じがすごくしてたので、そういったソナタとショパンってイメージに合わないなあと、実は長らく思っていました。
なので聴きたいという気がなかなか起こらなかったんですね。
でも有名な「葬送」はこのソナタの中にある。「葬送」をしっかり聴くためにはソナタ全体を聴くしかない。……ということでショパンの中では結構最後の方にCDを買ったのですが、うーん、初めて聴いた時の感想はもう忘れてしまったけど、第4楽章にかなり驚いたのは確かだったような気が。

あれ、結局どういうことなんですかね。
第4楽章の意味がわからなければこのピアノソナタ全体の意味もよくわからないままだと思うんですが、いまだにわからないです。
[PR]
by teri-kan | 2014-04-09 11:25 | 音楽 | Comments(0)

この1週間のサッカーの出来事

ざっと感想

・ACL、FCソウル対サンフレッチェ広島戦の終了間際の退場PK2本

久々に見る胸糞悪い試合でした。
広島は抗議文をAFCに送っていますが、去年柏の試合でも同様の事件があったばかりなのにまた起きたということで、AFCは偏向ジャッジについて改善する気はないのだと理解していいでしょう。

毎年毎年、韓国は一体どういうつもりなんですかねえ。
そこまでACLの勝ち上がりにこだわるということは、よほど国内リーグが危機的なのか。
審判の質を上げなければ国内のサッカーのレベルは決して上がらないのに、そこでのズルを推奨してるような国って何のためにサッカーやってるんだろうと、すごく不思議ですね。

あの審判カタール人でしたっけ?
理解できんわー。



福田正博が考える「浦和の広島化」の問題点

前々から問題視されていた件なので、今更と言われれば今更なコラムですが、今この時期に福田が発した意味を考えると興味深いものがある。

かなり危機的状況なんでしょう。
やってるサッカーの内容の問題、サポーターの事件に表れた興行面での問題、どちら共が重症と見ていいのかもしれません。
そこを支えるのがクラブ哲学なんですけどね。
その部分でグラグラしてるクラブをOBとして心配するというのは自然なことでしょう。
まあ勝てばクラブ哲学なんかなくてもOKになっちゃうんだろうけど。

浦和はプロサッカークラブとして興味のそそられる対象で、本当ならあれやこれやと思うことを書きたいのだけど、個人的に応援してるクラブがなぜか浦和と変な縁ができちゃったもんだから、下手なこと書けなくなってしまいました。
いろいろな面でこれからどうなるのか本当に興味津々なんですが、できればご縁も今年で終わってくれればいいなと思います。

お金はある、首都圏でメディア露出も多い、サポーターも多いといった、日本国内では最も恵まれたクラブです。
現在は嵐の真っただ中ですが、これを機会にきちんとしたクラブ哲学を構築していってもらいたいものです。



・U-17女子W杯、リトルなでしこ優勝

素晴らしいです。
未来のなでしこの選手に希望が持てるばかりか、女性指導者として結果を出した高倉監督が天晴です。
サッカーだけじゃないのだけど、女性指導者ってまだ少ないんですよね。
現役を引退して家庭を持ったりしたら難しいのはわかるんだけど、せっかくの経験と知識を次の世代に教えてあげられないのはもったいない。
教え方の上手い女性、選手のまとめ方が上手い女性だっているはずなのに。

柔道のスキャンダルなんかを見ても、男だけじゃマズイこともあるのはわかるし、もっといろんな種目で女性監督が出てきたらいいなあと思います。
まあこれってスポーツだけの話じゃないんですけどね。

とにかく、リトルなでしこおめでとうです。
これからどんどん成長してもらいたいな。




[PR]
by teri-kan | 2014-04-07 17:38 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)