<   2017年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「ブレードランナー」(1982)

いわゆるサイバーパンクの代表というか原典というか、そういった扱いをされてる有名映画。
続編が公開中だからか、先日深夜にテレビで放送されました。
いい機会だと思い超久々に見てみたのだけど、いやあ、今見ても十分面白いですね。
そういえばそうだったなあと思い返しながら楽しみました。

昔もテレビでやってたのを見たのだけど、こういった映画を見たのは多分この作品が初めてだった気がします。
退廃的な近未来都市が舞台の映画。
ロスのような香港のような近未来のような世紀末のようなダークな都市。
現実離れした、でもそれまでのSFとは違うリアル感。
気持ちのよい不思議さを感じた覚えがありますね。
スタイリッシュだけど恐い、おどろおどろしいけど新鮮。
なんとも言えない感覚を覚えた記憶があります。

そういえば「一部の大人が楽しむ映画」みたいなことを思ったような気が。
ちょっと背伸びして見たかもしれません。
案外哲学的で難解なところも刺激的でした。

今見てもやっぱりオシャレだなと思いました。
都市そのものがというか、建物の外観もそうだし、室内のデザインがいいんですよ。
内容もそうだけど、やっぱり一番印象が強いのは舞台そのものかなあ。

ストーリーは、短命を運命づけられたレプリカントと、彼らを奴隷として使役する人間との、戦いとか葛藤とか交流とか、そういったもの。
レプリカントに対する人間のナチュラルな残酷さは、他者を奴隷として人間扱いしてこなかった過去の人間達のナチュラルな差別意識を彷彿とさせるもので、なかなかえげつない。
レプリカントを人間ではないと断ずるのは簡単なのだけど、そう単純にはいかない事情が描かれています。

ハリソン・フォードが戦ってます。
昔の名前で出ていますじゃないけれど、ハリソン・フォードはインディだったりハン・ソロだったり、昔のキャラのおかげで今も大活躍。
本作の続編にももちろん登場。
テレビの予告しか見てないけど、どうやら活躍されてるようです。

あ、そうそう。ダリル・ハンナも戦ってます。
久々に見て実感したんだけど、過去の記憶はオシャレでダークな近未来都市のデカダンさと、ダリル・ハンナのロンダートでほぼ占められていました(笑)。
ダリル・ハンナの強烈さも印象深い。
「スプラッシュ」の彼女を思ってこれを見ると倒れるかもしれません。

顔的にも肉体的にも美しい人が多く出てくるので目には良い映画です。
レプリカントは美形に作られてたんだなあ……と一瞬思ったのだけど、もう一人の男の人は普通の顔だったから、そういうわけではないのか。
今から思えば一体一体外見を違うように作るって大変だよね。
彼らは個性も違ってたようだし、なんかもうすごすぎる技術だ。
2019年が舞台なんですけど、ものすごい科学の進歩です。

あと2年でさすがにあれはムリだなあ(苦笑)。




[PR]
by teri-kan | 2017-10-30 16:14 | アメリカ映画 | Comments(4)

高校生が豊作の年のドラフト

日本ハムはなんなんだ!
なぜあんなにクジ運が強いんだ!
魔法使いでもいるのか!?
でなければ裏で何か工作が…………げふんげふん。

とでも言ってなければどうにもおさまらない、日本ハムのドラフト強者ぶり。
なんなんでしょうねえ。
ダルビッシュ、大谷、清宮、ついでにハンカチ王子。
人気者はことごとく北海道の大地へ。

ていうか、ことごとくその年の目玉選手はパリーグへ行ってるような気が。
もうずっとずっとその傾向が続いているような気が、
田中のマー君だって楽天だったしさ。

と言いつつ、清宮君は日本ハムで良かったと思っております。
パリーグはDHだし、日本ハムは大リーグへ送り出すのも慣れてるし、型にはまった指導ではなく、清宮君に合った育て方をしてくれそう。
はい、清宮君には良かったと思います。

それに、所詮それもよそ様のお話。
カープはカープですよ。
そう、中村君!!

ヨカッターーーー。
正直緒方のクジ運全然期待してなかったんで、ホントによかった!
監督よくやった!!
やる時はやる男!

なんだかちょっと広島が明るくなりました。
CS敗退のどんより空気が改善されて、皆の心はもう来年に、未来に!

正直地元出身のプレッシャーもあるよなあとか、これからそういうのはどんどん重くなっていくだろうなあとか、地元ならではの心配もしないではありません。
中村君は地元も地元、超地元ですからね。
広陵高校の寮よりカープの大野寮の方が実家に近いというか、まあ、近所?
上手くいってる時はいいけど、いってない時の逃げ場がないんじゃないかとか、今からいらん心配をしてしまいます。

まあ、そんなんでヘタれるやわな子には見えませんけど。
きちんと乗り越えられる子に見えるけど。

チーム内競争が厳しいのは予想できるし、注目が重荷になる時もあるだろうけど、頑張ってほしいなあ。
カープ、大事に育てて下さい。



なんだか今から練習場の観客がたくさんになる予感が。
カープって最近2軍の人気も高くて、ローカル地上波でもたまーに2軍の試合を放送したりすることがあるんだけど、来年はもうちょっと増えるかもしれないなあ。

うん、やっぱり今年のことは忘れて、来年のことを考えよう。
さようなら、悲しいCSの記憶。
監督と選手は忘れちゃダメだけど、私は楽しいことだけ考えることにしよう。
中村君もだし清宮君もだし、ドラフトで指名された選手、みんな頑張れ。
来年が楽しみです!




[PR]
by teri-kan | 2017-10-27 11:06 | スポーツ | Comments(0)

カープの今シーズン終了

また一から出直しだー。



悔しいというより、がっかりというより、うーん、あきらめ?
こりゃダメだ感が強すぎて、お手上げするしかないって感じです。

久々のダメカープだった。
なんだかちょっとなつかしいかほりがした……。

どう考えてもDeNAの方がソフトバンクと良い試合をするでしょうから、結果は納得なんですよね。
今のカープじゃ全然ダメだ。
コンディション調整、完全に失敗しちゃいましたね。

まあね、イヤな予感はしてました。
去年ってどうだったっけ?って思い返そうとしたんだけど、こんなにもリーグ戦の後にだらけたかな?
いや、選手はだらけてないだろうけど、こっちはすっかり野球のない日々に慣れきってしまってました。

まったりしながら、まだまだ頑張ってる他球団の試合速報をのんびり眺める日々。
よそ様は頑張ってるけど、早々にリーグ戦終わったカープはどうよ?って、さすがに心配になるほどでした。
社会人チームとの練習試合のハイライトをローカルニュースで見たけど、かえって不安は高まりました。
これ、他球団のやってる試合と全然違うんだけど!!
こんなのほほーんな空気で大丈夫なのか!?

……はい、全然大丈夫じゃありませんでした。
何もかもがうまくいきませんでした。

まあね、あれだけ故障者が出ればねえ。
誠也がいれば違ったかもなあと、いろいろ思わないでもありませんが、やはり主力を大勢欠いていつものようにやって勝とうなんて、そんな上手い話あるわけありません。
怪我の誠也の代わりは松山が埋めたけど、不調の松山の代わりは……みたいなことが、いろいろ起こったって感じかな。
一年で最も悪い時期がここに来た、としか思えないカープでした。



まあ、しゃーない。
選手の皆さんはお疲れ様でした。
今年は日本シリーズの相手が福岡だし、広島―福岡間は移動に時間がかからなくていいとか、新幹線代も高速代もガソリン代も安くすんでいいとか、去年と比べてお得感満載なシリーズになるなと思ってたのですが、ううーん、広島は思いっきりヒマに。

こうなったらみんなでゆっくり休みましょう。
やり残した感アリアリの選手はそうもいかないだろうけど、とりあえず休もう。
二連覇に驕るなってことで、来年また一から出直しです。




[PR]
by teri-kan | 2017-10-25 15:10 | スポーツ | Comments(2)

「縄文の神」

戸矢学著、河出書房新社。

著者のこれまでの著作の、ある意味まとめみたいな本。
それぞれの事例をもっと詳しく知りたければそちらを読んで下さい、みたいな感じで、そういった点でちょっと省略すぎというか、解説が簡単すぎる部分もあるけど、「縄文の人々の信仰とはどういうものだったのか」を総合的に著してくれてるので、縄文の信仰の全体的イメージはつかみやすいと思います。

当時の人々は何を畏れ、何を神聖視していたのか、といったことですね。
それが現代の人間にもしっくりくるよう、解説してくれています。





縄文時代は原点
[PR]
by teri-kan | 2017-10-23 17:05 | | Comments(0)

お腹の話

毎日寒いですね。
10月らしい爽やかな秋空はどこへ行った!? と文句ぶーぶー言いたいくらい、寒くジメジメした日々が続いております。

だからというわけではないのですが、本や漫画を読んだりビデオを観たりする気力が最近ちょっと減少。
なのでここに載せるネタも減少。
書くことがないので時事問題を多めに取り上げたりしましたが、真面目なことばかり考えてるわけでもないので、これもそんなに長続きしない。

といったわけで、いよいよくだらないことでも書いてみようかと。
一部の人にとっては「ちょっとくらい役立つかな?」と思わないでもないですが、基本くだらない話です。
便秘を治す話です。





ビバ!便秘解消
[PR]
by teri-kan | 2017-10-20 15:23 | 身近な話題 | Comments(2)

最近のいろいろ

・総選挙

都市部はうるさくてかなわないけど、田舎は静かでよい。
不便だけど選挙の時は田舎っていいなあと思う。

テレビ番組は公示前の方がにぎやかだった印象です。
希望の党が失速して、報道に力が入ってない感じを受ける。

都知事の手法とか都知事に吹いてた風とか見てると、ポピュリスト政治家が出てくる現象ってこういうことなのかあと思わされます。
マスコミが作ってるんだな。
よくあれでポピュリズムを憂う記事を発信できるなあと思う。
視聴率と売り上げが第一のマスコミはポピュリズムとの相性が抜群に良いですね。

今から思えば、中国が共産党大会をやってるこの時期に総選挙をするというのは、良かったのかもしれません。
北朝鮮もなんだか大人しいし。
逆に言えばこれらが終わった後が恐ろしいってことだけど。
アメリカ大統領訪問がどうなることやら。

結局政治って外交が内政を決めるので、外交政策で政党を判断するしかない気がします。
いろいろ課題がありすぎる日本ですが、日本以上によそが問題だらけなので、選挙は年々難しくなってる気がします。



・IS壊滅?

ISが拠点としていたシリアのラッカが制圧されたそうです。
ISがいなくなって万々歳!……と一言では言えないけど、とにかく第一歩はここからです。

バグダディ容疑者は行方不明だそうです。
それぞれの戦闘員は母国に帰ってテロを起こすかも。
シリアとイラクはISがなくなればなくなったで、次の勢力争いがおそらく起きます。
平和はまだまだ遠いです。

テレビのニュースでシリア情勢を流すと視聴率が落ちる、という話が、以前テレビ番組で出たことがありました。
だから民放はほとんどシリア情勢をやらない。NHKもわずかしかやらない。
それってどーよと思いましたが、報道ってなんなんですかね。
視聴者が求めるものしかテレビ放送に乗せないというのってどうなんだろう。

だからモリカケばかりやることになっちゃうんだろうけど、でもそうなるとモリカケがまた批判されちゃうんですよね。
多分いろんな面でズレてるんでしょう。
放送すべきところの肝が、きっとズレてるんだと思います。



・サッカーのU17W杯、イングランドにPKで敗退

前半はイングランドの猛攻を凌ぎ、後半は盛り返して良い攻撃を見せたそうです。
延長があれば勝てたとも。
優勝候補のイングランドを追い詰めた若き日本代表は、各国メディアの声を読むに、とても良い戦いをしたようです。

この大会、気にはなっていたのですが、CSのみの放送だったため、結果だけを追っていました。
このような良い戦いをしたからというのもあるのですが、決勝トーナメントで相手がイングランドという好敵手で、地上波で放送するという考えは思い浮かばなかったかなあ。

若い選手に過剰な期待をかけるのはよくないことですが、そうは言ってもメンバーの久保君は今のところ日本サッカー史上最高の逸材とも言われてる子です。
プッシュしない手はないんですよね。
どんどん地上波で目につくように放送すればいいんじゃないかと思うんですけどねえ。

久保君はまだ16歳だけど、多分東京オリンピックの代表メンバーに入るだろうし、オリンピック盛り上げの一環で盛り上げたっていいと思うんだけどな。
もちろん他にも期待できる子はいるんだし、もっと大々的にとりあげてくれてたらなと、このU-17に関しては思います。



ていうか、オリンピックどうなるんでしょうね。
東京、どうなる。

東京都知事、風が止まったから出馬をやめたけど、出る気マンマンでしたよねえ。
前の都知事選の時は、まさかオリンピックを途中でほっぽり出すとは思わなかったですよ。
一番文句言われてるのは豊洲の件だけど、にしてもなんだかなあ。

都知事の職って呪われてるというか、そもそもどういった方が望ましいのか、よくわからなくなってきました。
東京都知事って難しいんですね。




[PR]
by teri-kan | 2017-10-18 13:27 | 事件・出来事 | Comments(0)

玉木のヴァルモン

「危険な関係」
原作:ピエール・ショデルロ・ド・ラクロ
脚本:クリストファー・ハンプトン
演出:リチャード・トワイマン
主演:玉木宏

只今東京で上演中。
来月は大阪で上演予定。



見てないし見に行く予定もないのですが、できれば見たい気持ちはある。
玉木のヴァルモン。
いいじゃないですかー。
これぞ玉木の色気の正しい使い方。

玉木を「日本のジェラール・フィリップ」と勝手に思ってる身とすれば、ヴァルモンを玉木が演じるのは至って正しいことなのです。
なぜ玉木をジェラール・フィリップと言うのか?というのは、できれば以前の記事をご覧下さい。
そこでも書きましたが、玉木の色気は人々を幸福にするものなのです。
とても質が良いのです。
古典作品の男前を演ずるのにピッタリなのです。

もちろん玉木は現代日本人なので、ラクロの描いた18世紀末の貴族でもなければ、ジェラール・フィリップの演じた50年代のパリ上流社会の人間でもありません。
しかし現代風のエロさを表現しつつも(写真と映像をちらっと見たけど、かなりサービスよさそうだ)、確かな品があるのです。
ていうか、舞台を観てないので完全な憶測だけど、品があるはずなのです。
やってることは下品だけど品があるという男。
ヴァルモン玉木、きっと良いと思います。

映画はジェラール・フィリップとジャンヌ・モロー出演のものも、グレン・クローズとジョン・マルコビッチ出演のハリウッド版も観ましたが、昔すぎて内容を覚えていません。
原作も読んでません。
だから玉木がヴァルモンに合うはずだというのは、ホントに「ジェラール・フィリップがやってたから」という理由だけです。

で、今回改めて思ったんだけど、ジェラール・フィリップは玉木の今の年齢よりも前に亡くなっちゃってるんですよね。
ホントに早すぎる死でした。
「危険な関係」は亡くなったその年の作品なのです。
「ああ、この時はもう病気だったんだ、もう死は近いんだ」と思いながら映画を観た気がします。

それと比べると、玉木は公開ゲネプロの映像を見る限り元気いっぱい。
あの体で元気じゃないって言われた方が驚く。
健康なのはありがたいことです。
玉木の色気はありがたいものだから、観に行けない人のためにも津々浦々お届けしなければ。

というわけで、いつかテレビでやってくれないかなーとか思ってみてみたり。
無理を承知で言ってますけど、放送してくれたらうれしいな。

もちろん舞台自体がつまらなければダメですが。
肝心要はそこなので、好評だったらいいなあと、切に願っております。




[PR]
by teri-kan | 2017-10-16 11:55 | その他のエンターテイメント | Comments(2)

最近の世界いろいろ

どうやったら世界が平和になって人々が幸せになれるのか、難しいですね……。





大問題だらけ
[PR]
by teri-kan | 2017-10-13 11:47 | 事件・出来事 | Comments(0)

リベラルとか保守とか右とか左とか

選挙戦が始まりました。
ここ数週間怒涛の展開でしたが、いやー、いろいろありますねえ。





政治スタンスについてのわかりにくさをゆるゆると
[PR]
by teri-kan | 2017-10-11 15:56 | 事件・出来事 | Comments(2)

序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 作品3 / ショパン

最近この曲をよく聴いてます。
チェロとピアノのための室内楽曲。
軽やかで明るくて美しくて、大変良い気分にしてくれる作品です。

8分ほどありますが、序奏3分、ポロネーズ5分かな。
タイプの違う2曲が楽しめるって感じ。
どちらも良いです。
序奏は序奏らしく穏やかにしっとりと、ポロネーズはポロネーズなので軽やかに。

人肌を感じさせるような温もりのあるチェロの音と、軽やかでキラキラしたピアノの音が絡み合う美しさよ! ……と書くと、さすがに大げさすぎるかなあ。
とっても気軽に気楽に聞ける曲なんですよね。
押しつけがましくなくサラリとしてる。
印象に残るけど後を引かない。
悪く言えば内容がない。
だけど美しさに嫌味がない。
ひたすら気分のいい、なんとも言えずちょうどいい曲。

ショパン自身は「貴婦人向きの華やかなサロン音楽」と友人宛の手紙に書いてたそうです。
私が貴婦人かどうかはともかく、私にはピッタリ。
まだ十代の、とても若い頃の作品なので、やはり素直だなといった印象を受けます。
難しく考えないで聴けばいい曲ではないかと思います。



この曲、今の形で発表されたのが1831年で、ちょうどショパンがパリに来る前に作られたということになりますが、先日書いたデュマの「ネールの塔」は1832年発表で、二人ともそのちょっと前から名をあげていることを考えると、活躍した時期って結構重なってるんですよね。

今更なことを言いますが、19世紀のパリって現代の人間も虜にする文化文芸が花盛りだったんだなあ。
サロンでショパンを聴き、劇場でデュマを観るという生活も当時のパリは出来てたんですよね。
あの頃の文化人は各ジャンル華やかだし、確かに花の都だなあと思わされます。




[PR]
by teri-kan | 2017-10-06 15:26 | 音楽 | Comments(0)