タグ:国内サッカー ( 100 ) タグの人気記事

サンフレッチェ広島は城福監督

数日前から話が出ていましたが、本決まりになりました。
そうきたかー、って感じですねえ。
微妙だけど妙に納得できるところもあって、複雑だけどなるほどー、といったところです。





More
[PR]
by teri-kan | 2017-12-08 14:36 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

続・土日のサッカー

・ワールドカップロシア大会、組み合わせ決定

日本はコロンビア、セネガル、ポーランドとH組。
ドローでは究極の残りものだったわけですが、さて、福はあるかどうか。

個人的には南米と当たりたくなかったので、イマイチなグループです。
最後どちらのグループに韓国と日本が入るか、という形になりましたが、実は心情的にはドイツ組の方に惹かれていました。
ワールドカップの思い出作りをメインに置くなら、ドイツやスウェーデンがいる方がお祭り感覚は味わえます。
ただ、おそらくH組よりも決勝トーナメント進出の可能性は低い。

日本って実はワールドカップ優勝常連国とワールドカップで当たったことがないんですよねえ、今まで一度も、南米以外で。
南アフリカ大会で欧州の強豪オランダと同組になった時は嬉しかったものです。
でも優勝経験国のドイツやスペイン、フランス、イングランド(ついでにイタリア)と同組になるのは、実はずっと昔からの希望。
でも今回もまたもや願い叶わず。

で、またもやコロンビアなんですよね。
監督はまだペケルマンがやってる。
全然勝てる気がしない(笑)。
でもせめて前回より良い戦いをしたい!

ここからが、というより、ここからこそハリルの力の見せ所です。
対戦相手が決定してから本大会の試合終了まで、ハリル招聘の意味はこの期間にこそあるはず。
どうか日本のポテンシャルを本番で最大限に出せるよう尽くしてくれ。
負けてもいいから(ホントはよくないけど)、全力を出せずに負けるなんてのは、もう勘弁。



・J1優勝は万年2位返上の川崎フロンターレ

川崎の万年2位はネタとしては面白かったけど、憲剛が一つのタイトルも取れずに引退とかなっちゃうと、さすがにモヤモヤ感が残るので、今回はもう「憲剛おめでとう!」ですね。
号泣シーンにはホロリ。
そりゃそうだよねえとしか思えなかったです。
良かったですねえ。

一方の鹿島。
鹿島にもかわいいところがあるじゃないかと、僭越ながら思ってしまいました。
勝負強いとか王者のメンタリティとか常勝鹿島とか、特に去年のチャンピオンシップの戦いぶりを称して「やっぱり鹿島」なんて言われたりもしたので、今回も「またどーせ鹿島」なんて思っていました。
が。
結局、追いかけられる立場というのは誰にとっても難しいということなんでしょうねえ。
鹿島でさえ例外ではなかったということのようでした。



・昇格するのは名古屋

福岡、残念。
千葉戦に続きまたもや名古屋はジャッジに助けられた印象があるけど、名古屋はリーグ戦を3位で終えているので名古屋が昇格することに異議はありません。

来年は寿人と対戦することになるんだなあ……。
いやあ、複雑だ。
宮原はどうなるんだろ。
帰ってきてくれるのかな。

このプレーオフで今年のJリーグの試合は全て終了です。
クラブワールドカップやら天皇杯やらありますが、やはり意識は代表に向かいます。
これからワールドカップを見据えた親善試合が組まれるけど、ドイツやスウェーデンが仮想韓国ということで日本と試合を組んでくれたらちょっと嬉しいかも。
こっちも仮想ポーランドってことで。
普段出来ない相手と試合が出来たらいいな。

いやー、ホント、楽しみ。
相手が決まると俄然具体的になってきます。
本番に向けて是非とも良い準備をしてもらいたいものです。




[PR]
by teri-kan | 2017-12-04 16:19 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

土日のサッカー

・サンフレッチェ広島、J1残留決定!

一時期の絶望的な状況を思うと、最終節を待たずに残留を決められたことは出来過ぎとしか言えません。
総括するのはシーズンが終わってからになりますが、とりあえず強化部・フロントは、つながった首を洗うくらいの心構えでいてほしいかなと。
二度とこんなシーズンを迎えてはいけません。

短期的、中期的、長期的な問題・課題が、全て現場にのしかかったのだと思います。
課されてるミッションは地方の中堅クラブにはハードなものですが、それでもクラブの地力を信じてるからこそ、ハードでも期待したい。
身の丈に合わない黄金期の反動をなんとか残留でしのいだとプラスに考えて、来季以降の再生プランを描いてほしいです。



・残留・昇格争いの枠はあと一つ

清水が降格となると、オレンジ軍団が三つ揃ってJ2行き。
オレンジのチームは落ちないという伝説が完全崩壊します。

が、それよりも大事件は甲府が降格となった場合の方。
清水が残留すれば、昇格組が3クラブともJ1残留するということになるのだけど、これって初めてじゃない?
J1下位とJ2上位の差が縮まってきてるということで、これはとても良いことだと思います。
まあ、J1が不甲斐ないという言い方もできるかもしれないけど……。
いや、やはりJ2が強くなったと考えよう。

一方J2からの昇格は、湘南、長崎が決まりで、あと一つが名古屋か福岡のどちらか。
名古屋の寿人には頑張ってもらいたいが、個人的には是非福岡でお願いしたい。
広島から距離が近いので選手の移動負担が軽くなる。
実現すれば九州はJ1クラブが横に三つ並んで壮観なことになりますが、たまには西に偏重することがあってもよかろうよ。
福岡と名古屋、どちらも捨てがたいですが、来週の試合、スッキリと後腐れなく決まってくれればいいなあ。



・浦和レッズ、ACL優勝

要因はいろいろあると思いますが、やはり1クラブで2チーム作れるくらいの選手層を揃えることは不可欠だなと。
クラブに体力がないと勝ち残るのは難しい。
浦和の場合は途中からタイトルをこれ一本に集中できたのも大きかったと思います。

やりきれなさを感じるのは、ペトロヴィッチ退任直後に取ったビッグタイトルということかなあ。
自分がいなくなったらクラブはタイトルを取れるというのが、ここまで鮮やかに続いてしまうと、本人は辛いと思います。
良いチームを作る力はあるんだけど、試合の采配というところで、やっぱり理想の方が勝っちゃうんですよね。
浦和ほどのビッグクラブでも理想だけではダメだったということで、サッカーって難しいと思わされます。

クラブワールドカップ、頑張ってもらいたいですね。
幸か不幸か、浦和は天皇杯も来季のACLもありません。
オフの短さを心配する必要はないですし、全力でぶつかってよい結果を出してもらいたいです。



といったわけで、国内のリーグ戦はあと一週間。
なんだかんだで今年もここまできました。

そうそう、ここのところのアルビレックス新潟がすごいんですよ。
負けたら終わりというところからの怒涛の追い上げには感動すら覚えます。
断トツ最下位と思っていたものが、まさかまさかの大宮抜きもありえる。
最終節、新潟の戦いぶりも楽しみ。
個人的には広島の残留が決まって今年の大仕事を終えた気になってるので、純粋に最終節はプレーとドラマを堪能します。




[PR]
by teri-kan | 2017-11-27 15:19 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

9秒98とか、週末のスポーツいろいろ

・9秒98!

テレビをつけてたらピロリロリンって速報が出て、てっきり「また北朝鮮か」と思ったら、なんと桐生が10秒の壁を破ってた。
めでたい~!

いやー、よかったよかった。
日本人が9秒台に突入したってのもそうだけど、壁を破ったのが桐生だというのがよかった。
彼が高校生の時に出した10秒01が私達に希望を与えたのです。
光を見せてくれた本人が悔しいままで終わってたら、こっちもやるせなかったです。

後半の伸びが素晴らしかったですね。
力みがなくて、まるで風のようでした。
足に不安を抱えてて、それでかえって開き直れたのがプラスに働いたとか、この大会の本人にとっての意義とか、精神状態が及ぼす影響というものの大きさを改めて思い知りました。
ボルトは走るために何が大事かをよく問われてるんだけど、いつも「自信を持つこと」とか「楽しむこと」とか答えてて、「そりゃその通りなんだろうけど、もっと具体的なことってないのかなあ?」って聞いてていつも思ってたんですが、ホントにその通りってことなんでしょうね。
他のレーンは気にしない、自分の前に選手がいても気にしない、自分だけに集中する、かといって力み過ぎない。
これをレースで実践するって難しいんだろうなあ。

きっとこれから他の選手も9秒台が出てくると思います。
日本の男子100メートルはますます盛況になる予感。
歴史の扉は開かれました。
大快挙おめでとう!



・まるで負ける気がしないカープ

いや、負ける気はしてるんだけど、負けないんですよね。
マジック再点灯した阪神戦も、二試合サヨナラなんて、そんな都合がいいこと考えられませんよ。
うまくいきすぎて不気味。

でもCSを仮に勝ち抜けたとしても、ソフトバンクに勝てる気がしない。
ソフトバンク、強すぎですやん……。
サファテ何あれ。
カープを出ても頑張ってほしいなあと思っていた気持ちは、既にはるか遠くに……。
あれ、打てるの?



・まるで勝てる気がしないサンフレッチェ

新潟に勝ちきれないようでは厳しい。
もう勝てそうな相手はほとんどいない。
いろいろと来シーズンのことを考えたりするけど、寿人とJ2で再会することもありえるんだなあとか、しゃれにならないビミョーさがある。
サッカーは厳しいね。




[PR]
by teri-kan | 2017-09-11 13:20 | スポーツ | Comments(0)

サッカー関係の不祥事とか

サッカーに関する最近のイヤなお話。




今年もいろいろ起こってます
[PR]
by teri-kan | 2017-05-19 10:31 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

スポーツの足を引っ張る行為

ガンバ大阪のサポーターが大阪ダービーでナチス旗に酷似した応援旗を掲げていたそうです。
クラブが謝罪するのはいいとして、最近この手のトラブルが目につくのが気になります。
某アイドルの衣装がナチス風だった事件とか。
あれは結局、「知らなかった」「深く考えてなかった」みたいな話になったのかな?

ナチスの衣装とかマークとかって、こう書くと誤解されそうで書きたくないんだけど、単純にカッコいいんですよね。
人を惹きつけるものがあるのです。
世の中で使われてないから尚更インパクトが強くて、深く考えることをせずに「オシャレじゃん!」というだけで使ってしまうというの、結構あるんじゃないかと思います。
だからこそきちんとその思想や所業を学校等で教えることが大事だと思うんだけど、タブー視されてるから尚更使ってやる、みたいな考え方をする人もいるし、まあ、難しいですね。

サッカーファンでこの手の旗を作るというのは、かなり確信犯だと思います。
余程のバカか確信犯ですが、バカであり確信犯のような気がする。
厳しい制裁を課すべきだと思います。



野球ではカープ対DeNAの試合の、二度にわたる誤審が問題になりました。
こういう場合、問題を起こした審判が研修に行くとか、そういうのはないのかな?
サッカーだとあるんだけど。

これまた無能なのか確信犯なのか判断がつきかねるケースだけど、どちらにしても競技そのものの質を落とす行為だから、研修や降格で改善されなければ追放とか、そういうのがあってもいいような気がする。
競技レベルが下がりますよ、こんなこと続けてたら。
少しでも憂う気持ちがあるなら何か対策するべきなんですけどね。



サッカーも野球も、選手のプレー以外のところで発展を阻害するような事件が起こって、なんかもういい加減にしてよー!な気分。
選手の頑張りを無駄にするようなことだけはやめようホントに。
周りが足引っ張ってどうすんだって話です。
最大限に実力が発揮できるような環境を整えて下さい、お願いします。



スケートではまたまた羽生がSPで大失敗をしていた……。
がんばってくれ~。




[PR]
by teri-kan | 2017-04-21 14:09 | スポーツ(サッカー) | Comments(2)

DAZNでJリーグがいろいろ変わる

元サンフレッチェ広島の高萩が3年ぶりに日本に戻ってくることが決まりました。
広島ではなくFC東京だけど。

うーん、大久保と高萩か。
厄介な相手になりそう……。



JリーグがDAZNと10年間の放映権契約を締結したことで、今シーズンからありとあらゆることがガラリと変わりました。
スカパーで見られなくなった、分配金が増えた、賞金が高額になった等、ホントにいろいろあるのですが、目に見えて変化が現れているのが選手の移動。
いやー、今年のストーブリーグはすごいですね。

多分DAZNだけではないんだと思います。
いろいろなことが積み重なって、それが一気にきたという感じ。
一気というのは、これまで絶対的なクラブの顔だった選手が一斉にといっていいくらい数多く移籍したということです。
一番大きかったのは横浜FMの俊輔だけど、広島の寿人、川崎の大久保、大宮の家長、清水の大前、東京も長く在籍していた平山や高橋、わかりやすかったクラブの顔が軒並み動きました。
俊輔はマリノスの方針との兼ね合いが大きかったし、寿人も名古屋が降格しなければお呼びがかからなかったかもしれないし、DAZN云々よりもそれぞれのクラブ事情が大きかったですが、それとは別に、さすがにお金が動くと選手も動く。
これからホントに勢力図が変わるかもしれません。
派手なところは派手に補強してますしね。
期待は大きいですが、広島ファンとしては戦々恐々なところがあります。

神戸なんかすごいですもんね。
FC東京も本気出してるなー、と。
鹿島も今の勢いを盤石にするんだろうなって感じの雰囲気だし、今年はどこも活気があります。
とてもいい感じです。

去年までは言い方悪いですが、各クラブのスタイルとか選手とか、結構どこも固定化されていて、マンネリって言うとホントに言い方悪いけど、結構予測が可能でした。
監督に長期間まかせるクラブが増えてきて、継続が大事だ、連携が大事だということで、何年も見慣れた感じのプレーをしてるクラブが多かったですが、監督に長期間やらせるなら選手を適度に入れ替えないと、どうしてもマンネリは避けられなくて、そういった意味で去年までのJリーグはちょっと停滞してたところもあったかなと思います。

でも今シーズンは全然違ってくることがもうはっきりしてる。
ホントに楽しみです。



サンフレッチェ広島も元柏の工藤が来ました。
心の底からウェルカム!
よくぞ来てくれた!って感じなんだけど、いやあ、ホントにシャッフル感ハンパないです。
いろんな選手があっちに行きこっちに行きです。

でもサッカークラブはこれでいいんだと思います。
絶対的な顔というのはクラブにどうしても必要だけど、健全な選手の移籍も必要。
海外から有力選手を引っ張ってくることも。
選手間競争が高いレベルで行われるようになれば、Jリーグのレベル自体も上がると思います。
スカパーで見られなくなったのは正直痛いんだけど、良い方向に向かってくれればなと思います。




[PR]
by teri-kan | 2017-01-27 17:01 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

2-4で敗戦、でも鹿島アントラーズの戦いぶりは素晴らしかった

FIFAクラブワールドカップ2016の決勝戦は、とても面白い試合になりました。
ここだけの話、「審判に助けてもらってやっとこさ延長で勝ち越せた欧州王者(笑)」って言いたいくらい、鹿島はレアル・マドリードを追い詰めていました。
最後は地力の差が出ましたが、それでも十分天晴な試合ぶりでした。
さすが鹿島と言いたいです。

素晴らしい守備をしてましたね。
いなきゃいけないところに必ず入ってました。
延長では足が止まってしまいましたが、それでもこの連戦の中よく動けるなと感心しました。
1対1の守備でも粘れてましたよね。
なんとか振り切られないように頑張ってた。
日本人でもここまでの守備が出来るんだ、代表でもやればできるんじゃないかと、なんだか希望みたいなものも感じましたよ。
ホント鹿島は素晴らしい試合をしてくれました。

実は大会前は鹿島にはあまり期待してなかったんです。
リーグの年間王者は浦和がふさわしかったからというより、鹿島はACLでまともな成績を残したことがなかったから。
かつてJのクラブがアジアでも強くて、ACLグループリーグ突破なんて当たり前だった時期、浦和やガンバが結果を残してる横で、鹿島は全く期待外れな戦い方をしていました。
国内だけで強い内弁慶、なんて思ったものです
なので「国際大会で鹿島かあ」な気持ちだったのですが、なんと、驚異的な守備力で南米王者も倒し決勝戦へ。
審判がきちんとセルヒオ・ラモスを退場にしてたら、もしかしてもしかしてたんじゃないの?と思わせるところまでマドリーと互角にやりあってました。
いやー、おみそれしました。



日本で開催される最後のクラブW杯になるであろう、この最後の最後の試合で、日本のクラブがここまで素晴らしい戦いを見せてくれたことを本当に嬉しく思います。
初めは昔のような欧州対南米の一発勝負だったトヨタカップの方が良かったなあと思ってたクラブW杯でしたが、開催国枠でも出ればどこのクラブもJは頑張ってて、少なくとも日本人にとっては見ていて楽しい大会でした。

今回の鹿島の活躍ぶりを見て、開催国はやっぱりおいしいと思われたかな?
多分今後は中国で開催されることが多くなるだろうし、我ながら興味が薄れること間違いなしの自覚はあるので、最後の大会に良い思いを味わわせてくれた鹿島にはありがとうの一言です。

これでまた鹿島は強くなるのかなー。
今回の活躍のおかげで金崎や柴崎は海外に行ってしまうかもしれないけど、それでも鹿島は強く在り続けるんだろうという気がしてしょうがない。
さすがJで最多タイトルを誇ってるクラブだけのことはあります。
他のクラブも負けずにがんばりましょう!




[PR]
by teri-kan | 2016-12-19 11:27 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

チャンピオンシップの勝敗を分けるもの

サッカーJ1のチャンピオンシップ(以下CS)が行われました。
浦和から見てアウェイの第一戦1-0、ホームの第二戦1-2。
二試合合計2-2ですが、アウェイゴールルールにより浦和の敗北が決定。
年間勝ち点差15をひっくり返し、3位だった鹿島が年間王者の称号を手にしました。

CSって恐ろしい。
勝敗が決した時、恐ろしさしか感じませんでした。
浦和は嫌いだけど、今年は浦和が王者でなければいけなかったですよ。
CSって本当に恐ろしい。

というわけで、以下は去年浦和と同じ立場でCSを戦った広島ファンの、CSのアンフェアさについての感想です。





Jリーグは大反省会をすべき
[PR]
by teri-kan | 2016-12-05 17:13 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

サンフレッチェ広島の佐藤寿人

名古屋グランパスへの移籍が決まってしまいました。
先週の記者会見でのサンフレッチェ愛と広島愛にあふれた言葉を置き土産に、天皇杯後あちらへ行ってしまうのだと思います。



こういう言い方が正しいかどうかわからないのですが、個人的に思っていたことをはっきりと書くなら、寿人はサンフレッチェ広島というサッカークラブの格を上げた選手と言っていいくらいの人物でした。
佐藤寿人はサンフレッチェにいる。
サンフレッチェには佐藤寿人がいる。
それでクラブの説明は足りるというくらいの価値が彼にはありました。

ストライカーとしての能力もさることながら、優れたリーダーシップ、言動の確かさ、親しみやすさ、あらゆる面で高い信頼の置ける選手でした。
なんとしてでもクラブは引き留めるべきだったと思うし、クラブもそのつもりで説得にかかったようでしたが……、アスリートの本能を抑えつけてしまったら、逆に寿人が寿人でなくなってしまうのも確か。
世代交代を図らなければならないサンフレッチェと、昇格のために寿人を求めた名古屋と、きちんと比較しての結論だったんでしょう。



寿人には思い切りやるだけやって、悔いのない選手生活を送って下さいと言うしかないです。
そしていつか絶対広島に帰ってきてくれと。
FWとして戻ってくれたら嬉しいけど、どのような形でも帰ってきてほしい。
「サンフレッチェには佐藤寿人がいる」というのは本当に大きかったんですよ。
もしかしたら本人が思っている以上に。



12年前、よくぞ広島に来てくれました。
優勝できたのは寿人がいてくれたからこそ。
いなければ絶対無理でした。
何年も前から「このクラブで優勝する」と口にしてくれて、「こんな地方の資金力がないクラブには無理だよ」と、はなから諦めていた私に、ポジティブな衝撃を与えてくれました。
「大きすぎる夢を語る人だなあ」と思ったけど、それが現実になったのは見ての通り。
降格あり、三度の優勝ありと、密度の濃い年月を共に過ごすことができて楽しかったです。



本当にありがとうとしか言えません。
どうか名古屋でも怪我のないよう頑張って。
クラブをめぐる状況に不安しかない名古屋ですが、噂通り風間が監督に就任するなら、少しは良い方へ向くのではないかと思います。
広島人としては非常に非常に残念だけど、ある意味寿人らしい決断だと納得もしてるので、こうと決めたからには、思い残すことがないところまで走り続けてほしいと思います。



……と、なるべく冷静になって書いてみました。
うーん、いやー、つらいわー。

来年のサンフレッチェは正念場かな。
浩司と寿人がいないというのは大きすぎる。
ホントのホントに世代交代が進むんだなと、結構覚悟が入りました。
若い子達には死に物狂いで頑張ってほしいですね。




[PR]
by teri-kan | 2016-11-30 00:00 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)