「007 カジノ・ロワイヤル」(2006)

シリーズ21作目の007作品。

新ボンドにダニエル・クレイグが起用されたと知った時のファンのブーイングはものすごく、私もかなりガッカリした口なのだが、結果的に彼の起用は大当たり、荒唐無稽感が影をひそめ、新たな魅力のボンドが楽しめる。

カッコいいが軟派ではない、粋なジョークがつらつら口から出てくるといった陽気さもない、歴代ボンドも平気で車や建物を破壊してきたが、今回はその壊し方もとても粗野、ようするに「未だ洗練されてないホヤホヤ007」といった感じのジェームズ・ボンドなのだ。
恋に堕ちる過程もなんというか可愛らしく、ああ、こういう経験をしてあんな男になってしまうのかとちょっと寂しく思ってしまうくらい。その辺ダニエル・クレイグは上手く演じていて、映画序盤と終盤では彼の印象は全く違う。

「似合っているけど嫌々着ている」とヴェスパーに言われたスーツ姿、本当にその通りだった。後に完全に似合うようになるのだが、それが彼にとっての幸せではなかったとわかって、007らしからぬしんみりした感想を持ってしまって変な気分。
なんか「女王陛下」のラストシーンを思い出しちゃったなあ。
007は最後イチャイチャしながら終わってくれるのが気楽でいいんだけど、なんかダニエル・ボンドはそういうの似合いそうにないね……。




「慰めの報酬」の公開が近づいてきたので先日復習鑑賞したのだけどやはり面白かった。見れば見るほど新ボンドにはまって、ニヤけたボンドがすっかり彼方に行ってしまった。
本来私はニヤけたボンドが好きだったはずなのに(笑)。

「カジノ・ロワイヤル」字幕版を観た限りでの疑問点は次の通り。それらが「慰めの報酬」で明らかになるのかどうか気になります。

・ホワイト氏とル・シッフルの関係
・ヴェスパーの前恋人はどの時点で囚われ、いつそれをヴェスパーは知ったのか
・ヴェスパーとホワイト氏はどうやって金とボンドの命を取引したのか
・マティスは黒だと思うが、なぜMI6は尋問してもわからないのか
・さらわれる直前のマティスからヴェスパーへのメールは2件ともその通りのものだったのか

……今のとこ思いつくのはこれくらいですかね。


いやあ楽しみです、「慰めの報酬」。
早く公開してもらいたい。


(追記)

日本語吹き替え版でわかったことが2点。
・ヴェスパーの前恋人はアルジェリア系フランス人
・ヴェスパーの前恋人を捕らえたのはル・シッフルの背後の組織

ル・シッフルそのものではない組織だったというのはなるほどって感じです。
ル・シッフルがそれを知らなかったのなら、また話が変わってきますね。
[PR]
by teri-kan | 2009-01-07 13:20 | イギリス映画 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「黄金の羅針盤」 「生きるべきか死ぬべきか」(1... >>