「チャイナ・シャドー」(1990)

このような映画があったことをどれだけの人が覚えているでしょうか。
主演のジョン・ローンは当時大人気だったので観ている方は多いと思うのですが、映画が好評だったとか、そういった評判を聞いたことは残念ながらありません。

かくいう私も映画の内容はさっぱり覚えていません。
でもこれは音楽がとても良かったのです。とても気に入ってCDを買ったくらいなのです。

ミュージシャンは清水靖晃。
いかにも香港な、中国の都会の憂いにピッタリの曲。
当時居間でCDを聴いていて、母親に「何この中国音楽」と言われたことがありますが、確かに印象的な中国風な音なのですよ。ニュース番組のバックで使われたこともありますが、本当に誰が聞いてもいかにも中国。でも伝統音楽とは違って相当オシャレ。

いい曲だったので広まってほしかったけどマイナーすぎました。
黄昏時のビル群に漂う倦怠感といった音がタイトル通り「影」って感じで、本当によかったんですけどね。
[PR]
by teri-kan | 2009-02-06 11:02 | その他の映画 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「ストレンジ・デイズ」(1995) 「ルパン」(2004)  >>