「ナインハーフ」(1986)

ミッキー・ロークとキム・ベイシンガーの倒錯した愛の物語。
当時カッコいい大人のセクシー映画の代名詞みたいな感じで捉えていました。

今年のゴールデングローブ賞授賞式のミッキー・ロークを見て、その復活ぶりに感慨深いものを感じたのですが、そういえばキム・ベイシンガーも「LAコンフィデンシャル」では復活扱いだったような記憶が……。
二人とも個性が強くて役柄が限定されちゃうのかなあ。
まあお二人ともお色気むんむんな方達なのは確かですが。


この映画のあのカッコいい主題歌「I Do What I Do... 」はジョン・テイラーです。
DuranDuranのベーシストのジョン・テイラー。
歌ってるというよりしゃべってるって感じの曲ですが超カッコいい。
映画は話題になったけど、この曲自体はどうだったんでしょう。売れたっていう話を聞いた記憶がないのですが、当時のジョンの人気を考えれば売れて当然だったはずなんですが。

当時の彼はありえないほど美しかったですね。数年前に見た時はいい感じに年をとってて、笑顔が相変わらず可愛かったです。


80年代に売れた人達を回顧する感想になってしまいましたが、皆それぞれ紆余曲折ありましたが今も頑張っています。
皆カッコいい大人ですね。
[PR]
by teri-kan | 2009-02-10 11:59 | アメリカ映画 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「ティファニーで朝食を」(1961) 「夢の涯てまでも」(1991) >>