「ボレロ」 / ラヴェル

「のだめ」の映画で使われた曲その2。
TVでよく流れる曲だけど、先週は「N響アワー」でも放送がありました。
そこでの解説が面白かったのですが、作曲したラヴェルは「ボレロ」について次のようなことを語っていたのだそうです。


「ボレロ」は「音楽」ではない。「音楽」とは作曲家の霊感によって生み出されるものであって、この曲は技術のみで作った曲だ。


素人からしてみたら「へえええ、そういうもんなのかあ」ですが、技術だけであんな曲作るのも凄いことだし、ラヴェルはそれこそ「霊感から作られた音楽」をたくさん作曲した人だし、よくよく考えたらこの発言は「自分はすごい」と言ってるだけのような気がしないでもない(笑)。

まあそれはともかく、技術で作ったと言われる分、この曲の解説は素人にもわかりやすいのではないかと思います。NHKの音楽番組「名曲探偵アマデウス」で「ボレロ」は早々に取り上げられましたが、滅多にクラシックを聴かない人も「ボレロの回は面白かった」と言ってたくらいでした。
オーケストレーションの難しい技術の話までいかなくても、個々の楽器の特性の説明は面白かったし、クラシックに馴染みがない人でも興味を持てたみたいなんですよね。フルートやファゴット、そしてなんといってもトロンボーン。あの辺の「ボレロ」演奏の難しさ、特殊さの話は素人でも十分楽しめたのでした。

「ボレロ」のトロンボーンのソロパートは難関で、「名曲探偵アマデウス」の番組内でも「過去にはこんな酷い失敗もあったんですよ」とベルリン・フィル(多分)の演奏を聞かせてくれたんですが、これがまあ、マルレの「ぼろボレロ」もビックリのぼろぼろトロンボーンで、TVの前で呆気にとられました。

「ボレロ」ってたくさんのエピソードがあって、ホントにいろいろと楽しめるのです。バレエはもちろん映画もあるし、フィギュア・スケートも。アイスダンスのトーヴィル・ディーン組の「ボレロ」は古すぎてほとんど伝説ですが、オリンピック史上初のオール満点も納得の素晴らしさ。

本当に感動的なんです。その分「のだめ」のギャグがまた際立つわけで、あのボロボロぶりもある意味感動的でした。



ところで「名曲探偵アマデウス」の「ボレロ」のトロンボーン、私は初回放送と再放送、両方観たんだけど、再放送時には失敗演奏部分だけカットされてたように思います。
もしかして見逃したのかもしれないんだけど、配慮が入った? 変な演奏をTVで流しちゃいけないとかいって。
記憶が曖昧で自信ないんだけど、その辺がちょっと今でも謎ですね。
[PR]
by teri-kan | 2010-01-27 10:53 | 音楽 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 全国都道府県対抗男子駅伝 序曲 「1812年」 変ホ長調... >>