ベスト8の面子

準々決勝の組み合わせは次の通り。

オランダ × ブラジル
ウルグアイ × ガーナ
アルゼンチン × ドイツ
パラグアイ × スペイン

なかなか良い組み合わせです。特にオランダ対ブラジル、アルゼンチン対ドイツ。どちらも過去に死闘を繰り広げたことのあるカードで、今回も燃える試合になること必至です。

まあブラジルは勝つだろうとして、予想が難しいのがアルゼンチン対ドイツ。
希望としてはアルゼンチンの勝利なんだけど、どうなりますかねえ。
もしアルゼンチンが勝ってスペインと当たったら面白そうなんですよね。メッシアルゼンチン対リーガの選手の戦いは純粋にどっちが強いのか興味あります。
是非アルゼンチンにはそこまで勝ちあがってもらいたいなあ。



こうしてベスト8の面子を眺めてると、この中に日本がいたら正直場違いなような気がしないでもないです。大喜びしつつも「なんでこんなところにいるんだろう?」という気になるだろうなと思う。
でもチャンスは十分にあったからやっぱりもったいなかったな。
ベスト16には行けたし、FIFAのノルマは達成したんだから、とりあえずよしとしなきゃならないんですけどね。

アジアで2チームが決勝トーナメントに進まなければ参加国を減らすと、ブラッター会長はアジア枠の削減に言及していたそうですが、そういうのを考えるとやっぱりW杯は結果が求められるシビアな大会なんですよ。だから「勝つために攻めろ」という意見には賛成するけど、「負けてもいいから良い内容のサッカーを」という意見には賛同できない。枠が減らされてもアジアで勝てばいい、アジアで勝てないくらいならW杯にも出なくていいって考え方なのかもしれないけど、それもどうかと思いますしね。
そこまでストイックな理想主義にならなくてもって感じ。「道」を極めるのは日本人の好きなことだけど、サッカーは相手がいてこそ成り立つもので、それでいうなら日本はまだまだ弱小国なんだしさ。

岡田監督が記者会見で、レンガを積んでいったら必ず崩れる、上ばかりでなく横に並べていくことも必要って言っていて、やっぱり最前線に立ってる人の言葉には説得力があるなあと思ったんですが、あれもこれもって当然いっぺんには望めないんですよね。いい内容のサッカーをしてW杯で勝ち進むって素晴らしい理想だけど、やっぱり今の日本には理想でしかないと思うし。

でも今回の代表の戦い方をみて純粋に欲は出てきました。きっともっと強くなれるし、もっと上手くなれる。そういう希望は持てました。
レンガを横に並べる作業、実はとても難しいことだけど、ドイツ並みの育成システムとはいいません、せめてもっと才能のある子が伸びるような、そんな育成を指導者にはお願いしたいものです。
それがうまくいけば、せめてベスト16の常連にはなれるかもしれない。
ベスト8に行こうと思えばグループリーグ1位通過できるだけの力が必要ですが、組み合わせの運がよければベスト8を狙えることもわかったし、とりあえずグループリーグ突破が驚きでもなんでもなくなるくらいのとこまで日本には行ってもらいたいなあと思います。
まあそれでも大それた願望だけど、覚悟を決めて是非がんばってもらいたいですね。
[PR]
by teri-kan | 2010-07-01 12:34 | 2010ワールドカップ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 晴れやかな帰国とその裏と 下を向くな、胸を張れ >>