「Swoon」

ケミカル・ブラザーズの新作「時空の彼方へ」を最近よく聴いています。3年ぶり7枚目のアルバムだけど、彼らのアルバムを買ったのは久しぶりです。
持ってるのは初期の2、3枚かな。当時はガンガン聴いてたけど、ちょっとここんとこ離れていました。

久々に買おうと思った理由は、収録されてる「Swoon」が良かったからなんですが、これがまあ聴けば聴くほどカッコよくて、なんか久々に胸が熱い(笑)。
切ないフレーズが延々繰り返されるんだけど、曲が進むにつれて感情の揺れが、押しと引きのうねりが、引き上げられたりストンと落とされたり、翻弄されながらどんどん満たされていく。

イントロのタメがたまらないです。焦らされてはじけて、急速に弛緩する瞬間が心地良い。
なのに彼方に連れていかれる。
いい音楽はやっぱりいいなあ。

聴いてるこちらの状況でどのようにでも聴ける曲かな。
宇宙を感じられたり、妙に切なかったり、メチャクチャ官能的だったり、聴く側の気持ち次第でどうにでもなる。
空を突き抜け宇宙に漂うもよし、快感の海に潜って揺られるもよし、心も体も素の状態にして聴いたなら、きっとこの曲はどこかへ連れていってくれるはずです。



ちなみにこんなPVです。興味を持たれた方はどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=5YrRtAJ5xWU&feature=youtu.be

超ステキなビデオですが、個人的には観ながら聴くより自分でイメージする方が好きかな。その方がもっと自由に、まさしく“Swoon”を全身で感じることができる。



このアルバムは「Swoon」以外の曲もとても良いです。
まさしくタイトル通り「時空の彼方へ」(原題は「Further」)。

しばらくどっぷりハマってると思います。
[PR]
by teri-kan | 2010-07-30 10:09 | 音楽 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「インセプション」(2010) 「SWAN」モスクワ編 その3 >>