対アルゼンチン戦初勝利

ザックJAPANの船出はこれ以上ないほどの好スタートでした。
なるべくメッシを長く見れるよう出来る限り失点せずに頑張れとは思っていたけど、まさか先制してそのまま守りきってしまうとは。
結局フルに出てくれて、メッシには本当にご苦労様でした。

アルゼンチンはW杯の課題がまだそのまま残ってるみたいですね。
攻撃の最後のところがなんか小さいというか、あれじゃちょっとしっかり守られたら得点することはかなり難しいでしょう。

日本は素晴らしかったです。これまでの代表のいいところとザックのいいところがちょうど合わさったって感じで、特にシュートまでのボールの持って行き方が効率的になってたところは良かった。
珍しくゴール前のシーンでイライラしない代表を見たような気がします。

長友は相変わらずよかった。彼は小さい体を生かしてますよねー。
今野のCBはアルヘンが相手だったからかよく効いてたと思います。高さとパワーでゴリゴリこられる相手だと厳しいかもしれないけど。
特に良かったなと思うのは途中出場だけど前田。前田はもうちょっと長い時間見てみたいですね。
あの人、体ホントに強いのね。アルヘンの疲れを考慮に入れるにしても、十分張れてました。
顔がやせてるから誤解しそうなんだけど、別に体まであそこまでゲッソリしてるわけじゃないんだよね。そんなのわかってはいるけど、どうもあの頬のイメージが強くて、ウッカリひ弱な人と思ってしまいそうになります。



とにもかくにもアルゼンチンに勝利です。大変めでたい事です。前のパラグアイ戦と合わせて、これでかなり南米への苦手意識も薄らいできたのではないかな。
見ていて嬉しかったのは、日本代表の皆が自信を持ってやっていることで、ああいう積極的なサッカーは、やはり見ていて楽しいものです。

次の韓国戦もしっかり戦ってもらいたいですね。



ナダルが観に来てたそーです、この試合。
思えば日本には今メッシがいてナダルがいて、アロンソやハミルトンらがいて、なんかすごく豪勢なことになってるんですね。
意味もなく贅沢な気分になります。
[PR]
by teri-kan | 2010-10-09 02:10 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「情婦」(1957) 今年のF1 >>