「てっぱん」

NHK朝の連ドラ「てっぱん」を観ていてつくづく思うことですが、「ゲゲゲの女房」が人気があった理由って、水木しげるのキャラや時代背景の面白さもさることながら、主人公がまともな女性だというのがかなり大きかったのではないかと思います。
まともというか、普通というか、本当にフツーの感覚の人だったというのが。

普通の人が主人公でありながら面白い物語となると、主人公以外の部分で事件を起こすしかないんだけど、昔はそれが出来るんですよね。戦争が背景にあったりしたらそれこそお話作りは簡単で。
でも現在の日本が舞台じゃ主人公が普通の子ではなかなかドラマにならない。むしろ事件を起こす張本人にならないと前向きに話が進まない。それこそ「だんだん」のように勝手に舞台で歌手引退宣言みたいな非常識な行動とるとかさ。

「てっぱん」の主人公は「だんだん」ほどひどくはないけど、時にとても無神経な言動を見せたりして、ちょっとイラっとすることがある。
こういう不快感、そういえば「ゲゲゲ」では感じなかったなあと、「てっぱん」観ていて思うこと結構ありますね。

しかも「てっぱん」のちょっとタチの悪いところは、周囲を顧みず頑張る主人公を是とする台詞を兄に言わせてるところなんだ。
これはちょっと気持ちが悪い。
まあ昨日はドラマの中でも突っ込まれてたけど、連ドラに兄が出てくるとこういうことにもなるのかあと、ちょっと考えちゃいましたね。

朝の連ドラって主人公の兄弟は「弟」と相場が決まっていて、今回血はつながっていないとはいえ兄が登場するということで、結構楽しみにしていたんですが、長兄はいいとして次兄は問題だなあ。
問題といえばあの兄弟の実の母親が安田成美というのも大きな問題が。主人公の母はともかく、あの兄弟の母といわれてもピンとこないんだよね。
(そういえば安田成美は「春よ、来い」のみそぎはすんだのかな。)

そういった気になる点はいくつかありますが、ドラマとしては悪くないと思っています。歴代の朝の連ドラの中でも今んとこまあまあではないかと。
まあその最大の功績は祖母役の富司純子にあるのですが。
彼女あっての「てっぱん」ですね、本当に。

食とアイデンティティの問題はいいテーマだと思います。尾道のお好み焼きと大阪のお好み焼き、目のつけどころはいいと思う。
ただね、尾道焼きとかいうけど、あれは広島焼きだよね。広島人の中には大阪目線で「広島焼き」と言われることに反感持つくらい広島のお好み焼きにこだわってる人がいますが、でもこのドラマでは広島の「ひ」の字も出てこないんだよなー。

ていうかね、尾道で就職が決まらなかったら、まずは広島市だと思うんだよね、尾道人で仕事を探すとしたら。
まあ大阪でもアリはアリだけど、ちょっといろいろと無理がある設定だよなあとは思います。
[PR]
by teri-kan | 2010-11-24 00:46 | 朝ドラ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「慕情」(1955) 「エロイカより愛をこめて」その2 >>