「アパートの鍵貸します」(1960)

有名すぎる映画。
アカデミー賞で作品賞や監督賞など6部門受賞しており、今でも人気のある作品。

監督はビリー・ワイルダー、主演はジャック・レモンとシャーリー・マクレーン。
ラブホテル代わりに自分のアパートを上司に時間貸ししている男が、会社の女の子に恋するものの、当の彼女が上司の浮気相手だった……というお話。

とてもオシャレな映画ですが、よく考えたら非常に不道徳で倫理的に如何なものかという映画。ストーリーだけをなぞれば非常にドロドロで深刻なのに、それをこうもハイセンスな作品に仕上げるところがビリー・ワイルダーの力ってことなんでしょう。

ジャック・レモンの身の軽さがいいんですよね。シャーリー・マクレーンの、ちょっと考えの軽いところもいい。その辺の軽さ加減、深刻さと軽さのバランスの絶妙さが見所。

ワイルダーって本当に上手いんだと思います。
やっぱりオシャレ。
[PR]
by teri-kan | 2010-11-29 00:40 | アメリカ映画 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「パルムの僧院」(1947) 「麗しのサブリナ」(1954) >>