人気ブログランキング |

「源氏物語 千年の謎」(2011)その1

現在公開中の角川映画。
「源氏物語がなぜ書かれたか」がテーマの作品で、生田斗真が光源氏を、中谷美紀が紫式部を、東山紀之が藤原道長を演じています。

個人的にはこれを作った方々に敬意を表したい。「源氏物語」に対する試みとしてはかなりの冒険作だと思うから。
とはいえ、せめてタイトルを「道長物語」とかにしておけば批判は少なかったんじゃないかと思う。絶対客は来ないけど、「源氏物語」そのものを楽しみにしていた観客に与える残念感は少なくてすんだのではないかな。

本作は「源氏物語」も含めた平安時代スキーな人のための映画で、一条天皇時代の社会背景に興味がある人向けの作品です。
というか、むしろそっちを知らないと楽しめない。
だって藤原伊周が出てくるんですよ? 道長の兄の子供で皇后定子のお兄さん、父親のおかげで超絶出世をしたけれど、父亡き後坂道を転がり落ちるように転落していった若者が。

これはかなりマニアックじゃないですか? 軽い源氏物語ファンじゃ知らないですよ伊周なんて。
そのくせ定子は出てこないという、紫式部が勤める後宮が舞台のくせに何ともちぐはぐな登場人物のチョイスなんですが、しかし製作側が何をテーマにしてこの映画を作りたかったのかを考えれば、案外納得できるものではある。

とまあ非常に微妙なところをいってる「源氏物語 千年の謎」の感想。
この下からはネタバレ全開です。







「藤原道長と紫式部の男女関係あった説」と「光源氏のモデルは道長説」をふんだんに盛り込んだこの作品、式部の物語を書く原動力も全てそこにあると設定しています。
書くことを命じられた式部のままならぬ恋情が「源氏物語」を生み出し、登場人物も式部の感情を反映したものであると。

そのため劇中で描かれている「源氏物語」は恋愛関係の情念にポイントを当てており、それ以外の側面、特に政治的な背景については極力排除している。
だから朧月夜は出ないし、幼い紫の上も出てこない。葵祭の車争いもないし、六条御息所の伊勢下向は娘の斎宮宣下が理由ではなく、自ら選んで都を退くといった形に変更されている。

実は六条御息所の「縁者を頼って伊勢に」のセリフには映画館で仰天したのですが、しかしそれでかえってこの映画の意図するところが明確になりました。
本当にこの映画の「源氏物語」は立場・地位を無視した純粋な恋心しか描こうとしてないんですね。

逆に道長にまつわる政争はそれとなく描かれていて、怨霊化した伊周というシロモノまで登場させてるんだけど、しかしその争いの象徴である彰子対定子は描いていない。
帝の寵をめぐる争いは父親の権力争いの代替戦争だから、普通愛の力は権力の力に負けてしまうんですね。そこに純粋な愛はなかなか絡んでこれない。
故にこの映画にこの部分は不要となる。彰子は決して愛情で勝ったわけじゃないから定子はその名すら出てこない。



本作に描かれているのは、権力や地位とは無関係の純粋な愛とか情念とかで、実はそこはかなり現代人の感覚に近いように作っていると思います。
「源氏物語」から政治権力面を排した分、オリジナルからはかなり離れたお話になってますが、紫式部の情念のみにスポットを当ててこういう風にするのもアリかなあとは思いますね。



(続く)
by teri-kan | 2011-12-14 11:28 | その他の映画 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「源氏物語 千年の謎」(201... 「天空の城ラピュタ」(1986... >>