人気ブログランキング |

「源氏物語 千年の謎」(2011)その2

この「道長物語」(命名、自分)という映画の中の「源氏物語」は、私達の知ってるものとはちょっと違うけど、映像は一見の価値があります。
美術・衣装は良かった。特に衣装は「これはいい」「これはイマイチ」とかなり楽しめる。
重そうな衣擦れの音も良かった。
平安時代のエロスに衣擦れ音は欠かせませんからね。







この映画が「道長物語」と思う理由は、紫式部に「源氏物語」を書かせ、その内容にも大きな影響を与えたのが道長だからですが、もう一つ、彼の周りに藤原行成と安倍晴明がしょっちゅう居たというのも大きい。
この二人のおかげでこの映画が「ザ・平安王朝」と言ってもいい内容になり、「源氏物語」はあくまで式部の内面を写した物語にすぎないという位置づけになりました。

だからこの映画の生田光源氏は、何かに動かされてる感がとても強い光源氏。
「我は何をしても許される」と豪語した道長への「えー(涙)」という式部の感情から生み出された主人公なので、かわいそうな役回りをさせられるのはしょうがないのです。

晴明の登場はかなり無理矢理感がありますが、六条御息所の生霊退治のあの場面は、紫式部自身に行ったということの表れなんでしょうね。
自分自身ではどうにもできない情念を式部が抱えていたのは明らかで、六条御息所の煩悶は式部の内面そのものです。物語を書き進める毎にわき起こるドロドロが御息所と一体化して、結局それらを丸ごと晴明に浄化してもらったという感じなのでしょう。晴明対御息所の派手な映像は式部の心の中の戦いと捉えたらいいのだと思います。
(ここは別に思うことがあるので、また次回に書きます)

六条御息所役の田中麗奈は大変良い演技でしたが、童顔に見えるところが惜しかった。教養ある年上の女性として源氏を導く役割を御息所は担っているのですが、生田斗真との年齢差が見た目ではっきりと出ていなかったのがかなり残念。
御息所の苦悩の原点はかなり年上の女ってところにあったのに。

まあそれを言うなら藤壺も夕顔も葵の上も皆源氏より年上だし、更に言うならこの頃の源氏自体が十代の若者で、生田斗真じゃちと年を取りすぎなんだよね。
でもこの映画はそんなこと気にしてもしょうがないんだよなー。
藤壺は父帝の后、葵の上は将来の后として育てられた年上の女性、六条御息所は元東宮妃の更に年上の女性……とまあ、若い源氏は身分も年齢もがんじがらめの女性ばかりがお相手で、だからこそそんなのから自由な夕顔に惹かれるのだけど、でもそういった事情はうすぼんやりとしか映画では説明されない。
何度も繰り返すけど、源氏の恋愛感情的に大事な原作のそういった地位・権力の縛りが、本作では本当に重要じゃないのです。

この映画の「源氏物語」ではどうしたって「若い源氏が自由な愛を求めて云々」「若々しく云々」「年上女性との恋愛に疲れて幼女に癒しを云々」といった原作通りの展開にはならない。
夕顔を除く登場人物皆がドロドロで、何より源氏自身がドロドロ。
式部の情念は男の源氏にも反映されていて、この映画の内容ならば、藤壺との密通の成功は式部と道長の関係の成就の代替といった面があると考えてもいいでしょう。
そして、案外それで式部は道長への想いにけりをつけられたのかもしれない。
六条御息所の場面で晴明に祓われちゃったのと、藤壺を自分のものにするという源氏の宿願を成就させたことで、式部のドロドロ部分はキレイになりました、という解釈でもいいような気がしますね。これだと夕霧と冷泉帝誕生が逆になった説明もつくし。

でも出産直後に藤壺に出家させてるんだから、全然源氏に対して容赦ないんだな、式部は。
しかも式部、自分はスッキリしたくせに、源氏にはラストシーンで思い切り酷いセリフを吐くんですよ。もう源氏も笑うしかないっていうセリフを。

作者って自分の作品の登場人物に対して思いっきりサディスト全開になりますよね。
でも最後に大笑いした源氏は、「じゃあもうオレはオレのやりたいようにやる」とふっきれそうな感じがします。
生田源氏はこれから自分の好きなように動くんじゃないかな。式部から自立して。

といったところで、光源氏の生田斗真くん。
よかったのではないかと思います。この年代の光源氏としてはとうが立ってるけど、あまりに若い俳優だとラブシーンに色艶が出ないし、ちょっと骨が太い感じがするけど、狩衣を脱いでガリガリだったらそれはガッカリすぎるんで、あの体はあれでいいのでしょう。
表情はもうちょっと憂いがあってもよかったかな。
でも紫式部の手の内にある光源氏という感じはよく出てたので、この映画の源氏としてはよかったと思います。

でもね、光源氏は恋の狩人とかハンターとか、書いてて恥ずかしくなるような形容をよくされるけど、一番ハンターっぷりを見せたのは冒頭の東山道長だよね。
あれに比べたら生田“源氏の君”は草食べてる子ですよ。
ラブシーンも物語のように雅でした。
ホント、お話の中の主人公だったなー。



(続く)
by teri-kan | 2011-12-15 11:11 | その他の映画 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「源氏物語 千年の謎」(201... 「源氏物語 千年の謎」(201... >>