関塚ジャパンがなでしこに続いた!

先陣を切ったなでしこに続き男子代表も初戦を勝利! スペインに勝利!
これはマイアミの奇跡ならぬグラスゴーの奇跡!
いや、奇跡にはあらず!
かつてのマイアミ同様今回もすさまじい試合だが、そのすさまじさとは日本の恐るべきシュート力の方なのだ!

というわけで、体張ってギャグやってんのかというくらいシュートを外しまくった日本。
どう考えても3-0か4-0の試合でしたよねえ。
つーか、スペイン相手に3-0とか4-0とか、試合前に話してたら妄想でしかなかったけど、サッカーってやっぱやってみないとわからない。
まさかここまで日本のやり方がハマるとは思ってもいませんでした。

日本もそうだけど、やっぱりスペインもフル代表とは違うんですね。
スペインの守備のボロボロさも、日本の攻撃のツメの激甘さも、なんていうか、U23らしく青々しかったですね。
そこがこの年代の面白さでもあるんですけどね。



永井のシュートはことごとくアレだったけど、チャンス自体を作れたのは永井のおかげなんで、あんまりキツくは言えないな。スペインの高い最終ラインにプレッシャーをかけ続け、最後までよく走った。
清武はもうここ何ヶ月も解消されない便秘を抱えているかのよう。そこそこ良いのに後一歩何かが足りない状態がずっと続いてる。
大津は持ってるね。大会前のニュージーランド戦はチャラい性格が表現されたかのような空回ったプレーだったけど、大舞台に強い。これはいい。

守備が大改善されてて驚いた。オーバーエイジ効果は絶大だ。
特に吉田。ナニアレ? すっかり頼れるお兄さんになっちゃって、わずか1年前とか1年半前には考えられなかったことだ。
まあオーバーエイジとはいえ吉田はまだ若いし、U23の面々も短期間でどんどん成長してるし、こういった若い伸び盛りの選手を見るのは楽しいものです。
勝ち点3がスペイン戦で奪えたという事実を糧に、これから先も自信を持ってプレーしてもらいたいですね。

懸念材料は怪我人続出ってことかな。
軽症であることを願ってます。
[PR]
by teri-kan | 2012-07-27 11:38 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 平家納経と崇徳院 「日本霊異記の世界 説話の森を歩く」 >>